名称未設定のデザイン (12)

世界初の美術館サウナが誕生。サウナ大国・フィンランドで巡る、注目ローカルサウナ5軒 Travel 2022.12.15

ここ数年のサウナブームによって再注目されている、世界一のサウナ国・フィンランド。人口550万人に対してサウナは300万個もあるといわれており、ホテルの客室や観覧車、ハンバーガーショップにまでサウナが設置されていてる。今回は首都ヘルシンキから日帰りでも行ける、ローカルから大人気の公共サウナや話題の最新サウナスポットをご紹介。

世界初の美術館サウナ〈Art Sauna at Serlachius Museum at Göstä〉

サウナ施設の中には、たくさんのデザインインテリアが展示されている。
サウナ施設の中には、たくさんのデザインインテリアが展示されている。
サウナの後は、桟橋から湖へ飛び込んでクールダウン。
サウナの後は、桟橋から湖へ飛び込んでクールダウン。

ヘルシンキやタンペレから日帰りの旅先として人気の街、Mantta(マンッタ)。豊かな自然だけではなく、芸術が盛んな街としてアーティストやアート好きな観光客から注目が集めているエリアだ。
かつてこの街に製紙工場を作り財を得たセーラキウス一族が、芸術家たちの支援をしながら多くの作品をコレクションし、私設美術館である〈 Serlachius Museum〉を立ち上げた。そして、2022年6月、その美術館の敷地内にサウナが誕生し、世界初の”アートサウナ”として話題を呼んでいる。

ラウンド型のサウナ。窓からは湖が一望できる。
ラウンド型のサウナ。窓からは湖が一望できる。
まるでアートのようなシャワールーム。
まるでアートのようなシャワールーム。
ラウンジにはダイニングスペースや、暖炉やソファーなどの寛げるスペースも。
ラウンジにはダイニングスペースや、暖炉やソファーなどの寛げるスペースも。

ラウンド型のデザインサウナは、低温でじっくりと温まることができて心地がいい。セルフロウリュウの蒸気と木の香り、そして窓から見える湖畔の景色で、五感すべてで癒される唯一無二のサウナ体験ができる。また、完全予約制のサウナ施設には広いラウンジが併設されており、贅沢なプライベート空間で食事やドリンクも楽しめる。

レタッチDSC00277

さらに、美術館内に併設されたレストランでもランチやディナーが堪能できる。美術館、アート、サウナで1日まるっと満喫できるホットスポットだ。
電車やバスであれば、フィンランド第二の都市タンペレを経由していくのが便利。

https://serlachius.fi/en/

ローカルに人気の公衆サウナ〈ラウハニエミ・サウナ〉

バカンスシーズンの夏は、特に大人気のスポット。
バカンスシーズンの夏は、特に大人気のスポット。
サウナは2種類あり、どちらも広々としている。
サウナは2種類あり、どちらも広々としている。

ヘルシンキから電車で2時間、フィンランド第二の都市タンペレは「サウナキャピタル」と呼ばれており、フィンランド最古の公共サウナから最新のサウナ施設まで多く存在している。
なかでもローカルに大人気のサウナといえば、1957年にオープンした〈ラウハニエミ・サウナ〉だ。森と湖に囲まれた大自然の中にある公衆サウナで、夏から冬まで一年中楽しむことができる。

子どもから大人まで、ローカルも通う人気スポット。
子どもから大人まで、ローカルも通う人気スポット。
お尻に敷くシートは木製のもの。水で流してから戻すのがマナー。
お尻に敷くシートは木製のもの。水で流してから戻すのがマナー。
ロッカーはスマホやお財布が入るくらいの小さいサイズ感。最小限の荷物で行くのがおすすめ。
ロッカーはスマホやお財布が入るくらいの小さいサイズ感。最小限の荷物で行くのがおすすめ。

到着後、さっそく更衣室に向かい着替えを済ます。シャワールームで軽く体を流し、いざサウナ室に入っていくと、左右3段あるスペースには夏休み中の子どもから常連らしい大人でほぼ満席の賑わいだった。

冬は寒中水泳も可能。いつか冬の湖もチャレンジしてみたい。
冬は寒中水泳も可能。いつか冬の湖もチャレンジしてみたい。

日本でサウナといえば水風呂だが、フィンランドではほとんどが湖か海。〈ラウハニエミ・サウナ〉には飛び込み用のジャンピング台が設置されていて、勇気ある者たちが華麗にダイブしていくのを眺めるのも楽しみのひとつだ。

https://rauhaniemi.net/en/

スモークサウナも体験できるサウナレストラン〈Kuuma〉

サウナ用の薪が並ぶフォトジェニックスポット。
サウナ用の薪が並ぶフォトジェニックスポット。
レタッチDSC09970

2018年にタンペレにオープンしたデザインサウナ〈Kuuma〉は、レストランも併設された注目の最新スポット。タンペレ中心部からも徒歩15分圏内で、ショッピングの合間にも気軽に立ち寄れるくらいアクセスがいいのも魅力的だ。

川とダイレクトに繋がっているプールエリア。
川とダイレクトに繋がっているプールエリア。
フィンランドに行ったら一度は体験したいスモークサウナ。
フィンランドに行ったら一度は体験したいスモークサウナ。
レタッチDSC09975

〈Kuuma〉はフィンランド式の薪で温めるサウナと、クラシカルなスモークサウナの2種類が楽しめる。サウナの後は、川の上に浮かぶように作られたプールに入ったり、テーブル席でお酒を飲みながら過ごす人たちも。洗練されたモダンなデザインは、公共サウナとは違った空気感を楽しめる。

併設しているレストランでは本格的な料理が楽しめる。
併設しているレストランでは本格的な料理が楽しめる。
人気メニューはボリューミーなハンバーガー。
人気メニューはボリューミーなハンバーガー。
2階にはルーフトップバーも併設されている。
2階にはルーフトップバーも併設されている。

併設しているモダンレストランには1階、2階ともに開放的なテラスのオープンエリアがあり、地元の食材を使った北欧らしいメニューやローカルのクラフトビールとともに、夜も日が長いフィンランドの夏を楽しむ人で賑わっていた。
https://saunaravintolakuuma.fi/

スタジアムが見渡せるサウナ&レストラン〈Presicope〉

屋上には広々としたテラススペースがある。
屋上には広々としたテラススペースがある。
スタジアムではスポーツ大会やコンサートが開催される。
スタジアムではスポーツ大会やコンサートが開催される。

タンペレ中心部にある大型商業施設〈RATINA〉の最上階にある〈Periscope〉は、レストランとサウナが楽しめる最新スポット。サウナがある屋上からはタンペレ・スタジアムが見渡せ、テラススペースはDJブースの音楽で盛り上がっているエンタメ感満載の空間だ。

レタッチDSC00377

サウナは予約制で利用でき、グループにぴったりなラウンジ付きのラグジュアリーな空間もある。森や湖など自然に囲まれた公共サウナとはまた違った雰囲気を味わうことができる。

レタッチDSC00400

さらに、ルーフトップとレストランも併設されており、フィンランドのグルメやクラフトビールを楽しめる。タンペレ中心部のおしゃれなショッピングエリアでサウナも楽しめるとは、さすがサウナ大国である。

https://www.ravintolaperiscope.fi/?lang=en

ホテルの客室で24時間サウナを楽しめる〈Lapland hotel arena〉

レタッチDSC00022

2021年タンペレ駅から徒歩圏内にオープンした〈Lapland hotel arena〉は、北極圏のラップランドをモチーフにデザインされたホテル。屋上には宿泊者専用の共有サウナがあり、タンペレの街を一望できる。

サウナは1〜2名で楽しめる広さ。
サウナは1〜2名で楽しめる広さ。
グッズも充実。セルフロウリュウもできる。
グッズも充実。セルフロウリュウもできる。

このホテルの目玉はなんといっても、サウナ付きの客室だ。サウナが付いている客室は70室あり、もちろん宿泊中であれば24時間、何度でも、好きな時間にサウナを楽しめる。

レタッチDSC00071

中心部のショッピングエリアや、人気観光スポットの「ムーミンミュージアム」は徒歩10分とアクセス抜群。観光メインでサウナ施設に行く時間がない人も、ここに泊まれば気軽にサウナが楽しむことができる。

https://www.laplandhotels.com

ローカルを楽しむ、フィンランドの旅。

レタッチDSC09859

東京からフィンエア直行便でヘルシンキ・ヴェンター国際空港まで約12時間。ヘルシンキから電車でアクセスしやすいフィンランド第二の都市タンペレなど、日帰りや週末旅に人気のエリアも要チェック。
■Visit Finland ホームページ:https://www.visitfinland.com/ja/

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR