top候補
2021.06.07

あんこ好きもパン好きもにっこり。 頬張って味わう自慢のあんこ!和菓子屋さんのあんパン3選。

和のスイーツの基本、あんこ。あんこを使った食べ物でいちばんよく食べるのは、あんパンという人も多いかもしれません。あんこのプロ中のプロといえる和菓子屋さんが、あんパンの販売を相次いで始めました。有名な和菓子屋さんが自慢のあんこで作ったあんパンを紹介します。

まろやかなあんこをたっぷり包んだ〈宗家 源 吉兆庵〉の「あんぱん」。

左から「つぶあん」「こしあん」各216円、「抹茶」249円。
左から「つぶあん」「こしあん」各216円、「抹茶」249円。

銀座に本店を構え、日本全国はもとより海外にも店舗を展開する〈宗家 源 吉兆庵〉。創業の地、岡山県の自社工場で専門の職人が作るあんこは、豆の種類に合わせて作り方を変え、和菓子の種類に合わせた専用の餡を使用するなど、その味には自信をもっています。あんパンは、あまり和菓子を食べる機会のない人にも気軽にあんこのおいしさを知って欲しいと2020年秋に一部の店舗で販売を始めました。

「抹茶」の断面。あんこと餅、抹茶生地の組み合わせがたまりません。
「抹茶」の断面。あんこと餅、抹茶生地の組み合わせがたまりません。

〈宗家 源 吉兆庵〉の「あんぱん」はもっちりしっとり感を出すためルヴァンという発酵種を使った本格的なパン生地を使用。あんこには、まろやかで奥行きのある甘みを感じます。日本で誕生した当時のあんパンのスタイルに倣って、「つぶあん」には香ばしいケシの実、「こしあん」には香りのいい桜の塩漬けをトッピング。生地に抹茶を練り込んだ「抹茶」にはあんこだけでなく食感を豊かにするため餅を入れていて、抹茶の風味も食べ応えも魅力です。

銀座 源 吉兆庵

丸いあんぱん以外にも、キューブ型に焼いたパンの中にあんや大納言小豆を巻き込んだ「あんころん」も「つぶあん」「こしあん」「よもぎ大納言かのこ」の3種類。食感の違いも含めて楽しめる「あんぱん」です。

〈宗家 源 吉兆庵 銀座本店〉
■東京都中央区銀座6-9-8
■03-5537-5457
■10:00~20:00、土日祝~19:00
※緊急事態宣言中は10:00~19:00
■無休
公式サイト

とろりと滑らかな食感の「あんペースト」入り。〈トラヤあんスタンド〉の「あんパン」。

左が期間限定「白ごまときな粉」481円、右が通年販売の「こしあん」421円。
左が期間限定「白ごまときな粉」481円、右が通年販売の「こしあん」421円。

羊羹が有名な〈とらや〉が展開する〈トラヤあんスタンド〉。「あんのある生活を」をコンセプトに、日常のなかで食べてほしいと新しいあんの食べ方を提案しています。「あんパン」は2020年6月にオープンした〈トラヤあんスタンド横浜店〉の限定品でしたが、好評の声に応えて現在4店舗すべてで取り扱っています。

持ち帰り用は形が崩れないように、やさしく袋に入れられています。
持ち帰り用は形が崩れないように、やさしく袋に入れられています。

「あんパン」に入っているあんは瓶詰めとしても販売している「あんペースト」。定番の「こしあん」に加えて、期間限定の「あんペースト」を使った2種類の「あんパン」があります。期間限定品は7月中旬まで「白ごまときな粉」で、あんにも香ばしさを感じる「あんパン」に仕上がっています。500wの電子レンジで10秒温めて、トースターで2分焼くと、パン生地の香りと「あんペースト」のとろりとした食感が増すのでおすすめです。

青山 トラヤあんスタンド

テイクアウトも可能ですが、店内では温めて提供してもらえるので、一層のおいしさが味わえます。

〈トラヤあんスタンド北青山店〉
■東京都港区北青山3-12-16
■03-6450-6720
■11:00~19:00
■第2・4水休、年末年始休
公式サイト

CMでお馴染みの仔グマの焼き印入り。〈文明堂東京〉の「3時のおやつあんぱん」。

「3時のおやつあんぱん」イートイン275円、持ち帰り270円。
「3時のおやつあんぱん」イートイン275円、持ち帰り270円。

その名を聞くと「3時のおやつは♪」とCMソングを思わず口ずさんでしまう〈文明堂〉。カステラの会社と思いがちですが商品のバラエティは広く、あんこを使った和菓子の種類も豊富です。「3時のおやつあんぱん」はさいたま市に2019年7月にオープンした〈文明堂さいたまあおぞら工房〉を訪れるお客さんから「軽食として食べられるものがほしい」というリクエストを受けて生まれました。

「3時のおやつあんぱん」のあんこは「三笠山」の1.5倍量!
「3時のおやつあんぱん」のあんこは「三笠山」の1.5倍量!

あんこはどらやきの「三笠山」に使っている粒あん。大粒の大納言小豆を使っていて、粒感も味の要素になっています。たまご色の生地は実は発酵した生地ではありませんが、伝統の技術でパンと同じようにふっくらと焼き上げられています。温めるとあんこがとろっとしておいしいとのこと。

〈文明堂さいたまあおぞら工房〉には焼き立てが並んでいます。
〈文明堂さいたまあおぞら工房〉には焼き立てが並んでいます。

仔グマの焼き印もかわいい「3時のおやつあんぱん」。パッケージに入ったものが、店舗やネット通販でも買えますが、〈文明堂さいたまあおぞら工房〉なら焼き立てが販売されていて、イートインコーナーでも味わうこともできます。

〈文明堂さいたまあおぞら工房〉
■埼玉県さいたま市桜区在家182
■048-852-0006
■9:00~17:30
■無休
公式サイト

あんこにはポリフェノールや食物繊維も豊富という一面もあって、甘いものを控えている人も手が出しやすいスイーツ。和菓子好きの人はもちろん、これまで和菓子屋さんに行く機会がなかった人も、おいしいあんこを知る一歩としてあんパンを味わってみてはいかがでしょうか?

「行列ができるパン特集」記事一覧は画像をクリック!

野崎さおり
野崎さおり / フリーライター

「おいしいと楽しいに貪欲なフリーライター。郷土料理や外国の料理へも興味は尽きません。趣味は現代アート鑑賞とパン屋さん巡り。」

野崎さおりさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る