〈中川政七商店〉もオススメ!新生活を豊かにしてくれるギフトアイテム5選。
2020.02.19

『大日本市』でみつけた! 〈中川政七商店〉もオススメ!新生活を豊かにしてくれるギフトアイテム5選。

先日、中川政七商店主催の日本各地の工芸メーカーによる合同展示会『大日本市』に行ってきました。今回で第5回目となる『大日本市』は、“アタラシイものづくりと出会う3日間”がテーマ!そこでこの春、アタラシイ生活を迎える人へ贈りたいギフトを探してきました!
高橋聖子
高橋聖子 / 野菜ソムリエ兼フリーライター

「野菜や果物の魅力・価値を伝えていく野菜ソムリエとしても活動中のフリーライター。全国各地を巡って発見した、美味しいグルメやモノを伝えていきます!」

高橋聖子さんの記事一覧 →

『大日本市』とは。

大日本市1

『大日本市』とは、“出でよ未来の一番星。作り手たちの登竜門”をコンセプトに掲げ、バイヤーがその場で注文も可能な展示会。50を超える全国各地の工芸メーカーが50社と数多く集まっているので、一度にたくさんのブランドを体験できるのも魅力のひとつです。

1.慣れない新生活を癒してくれるお供に!〈sunao〉 。

大日本市2

〈sunao〉は“natural&logical”をブランドコンセプトに、スキンケア、ヘアケア、インナーケアと身体の外側と内側の両方からケアしてくれる商品を取り扱っているブランドです。

大日本市3
大日本市4
「ハンドケアクリーム」2,800円。

指先からボディまで幅広く使える新作のハンドケアクリームは、強い抗菌力をもつ「マヌカハニー」と、優れた浸透力で肌に潤いを補給してくれるビタミンEが豊富な「シアバター」を配合。自然の成分だけでつくられているので科学的な香りもありません。さらっと肌へ馴染むので、すぐにグラスやスマートフォンに触れてもベタベタしないのも特徴。肌が敏感な人にも安心して贈れるギフトです。

大日本市5
左が「スナオブルーコーヒー」2,500円。
大日本市6

インナーケアでオススメしたいのが、青いパッケージの「スナオブルーコーヒー」。PCやスマートフォンなどで日々、目を酷使する現代人の健康を考えたコーヒーです!
コーヒー豆は、オーガニックコーヒーを長年研究してきた京都の老舗〈玉屋珈琲〉の有機JAS認定を受けた豆だけを使用。それに、健康成分アントシアニンを豊富に含んだ北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」を配合させたスペシャルブレンド!しかも1杯あたり、約100粒分のアントシアニンが含まれているんだとか。

大日本市7
1杯分あたり、約120円。

ドリップ前の見た目は、普通のコーヒーと変わりませんが、

大日本市8
大日本市9

お湯を注いでいくと、ペーパーフィルターや抽出されたコーヒーから、色でブルーベリーがしっかりと配合されているのを確認することができますよ。ほんのりフルーティーで、クセのないまろやかなコーヒーが味わえるので、健康に気を使ってサプリメントを飲むより続くかも!目を酷使する現代人には嬉しいギフトです。

〈sunao〉概要
■京都府京都市右京区嵯峨小倉山堂ノ前町2-4
■050-3401-1168

2.食卓に欠かせない道具〈箸蔵まつかん〉。

大日本市10

皆さん、このカラフルで美しいデザインのもの、何かわかりますか?
こちら…、

大日本市11
「FUSION」6色展開、各1,500円。

お箸です!福井県にある〈箸蔵まつかん〉は、大正11年創業の老舗箸専門店。新作の「FUSION」シリーズは、職人が一膳一膳、版画技法のマーブリングを丁寧に施しているので、一つひとつ表情が違います。

大日本市12
「NATURAL WOOD」12色展開・各1,200円~1,400円。

ほかに、天然木の素材そのものの風合いを活かしたお箸や、

大日本市13
「虹色箸」6色展開・各1,500円。
大日本市14
「もぐもぐごっくん箸」5色展開・各1,500円。

「HASAMIブロックマグ」などで人気の波佐見焼の陶磁器ブランド〈マルヒロ〉とコラボレーションした新作も登場。毎日使うものだからこそ、食事が楽しくなりそうなお箸を贈ってみてはいかがでしょう。

〈箸蔵まつかん〉概要
■株式会社マツ勘
■福井県小浜市北塩屋16-5
■0770-52-5151

3.ストール店でみつけた個性的な傘〈marumasu〉。

大日本市15

〈marumasu〉は東京の下町、柴又で1901年創業の老舗染色工場・丸枡染色が世界に向けて発信するテキスタイルブランドです。

大日本市16
大日本市17
バブーシュ 6,000円。

色彩豊かで繊細なストールが数多く並ぶ中、ひと際、個性的な魅力を放つテキスタイル商品を発見!こちらは、普段から工場で使用している工具や道具を柄に落とし込んだ、染色工場ならではのアイディアシリーズです。ストールのほかに、室内用スリッパや扇子、

大日本市18
元々、生産量の少ない貴重な「パラソル」。
大日本市19
パラソル 25,000円

パラソルと、グッズ選びのセンスもおしゃれでカワイイ!個性豊かなデザインなら、まわりと被ることもないので、こだわり派のあの人もきっと喜んでくれるはず。

〈marumasu 銀座店〉概要
■東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座3F
■03-6264-5343
■11:00~21:00
■不定休

4.あまいモノが好きな人にヘルシースイーツ〈bocchi〉。

大日本市20

九十九里浜沿いの千葉県旭市で代々続くピーナッツ製造・販売会社が2015年に新しく立ち上げたブランドの〈bocchi〉。

大日本市21
愛らしい形の“ぼっち”!

ブランド名の〈Bocchi(ぼっち)〉とは、収穫した落花生を乾燥させるため、畑に積み上げて稲藁をかけた野積みのこと。収穫時期の秋頃には、写真のように“ぼっち”がたくさん畑に出現するんだとか!

大日本市22

そのまま食べて美味しい定番の「からつき落花生」や料理に使える「落花生パウダー」、「畑で採れたピーナッツペースト」など、様々な形状のピーナッツが揃っています。〈Bocchi〉は地味なピーナッツのイメージとは真逆で、どれもパッケージデザインが華やかで可愛いのも魅力。

大日本市23
「畑で採れたピーナッツの蜜煮」3個入り 900円。
大日本市24
6個入り(上)と3個入り(下)のパッケージデザイン。

「畑で採れたピーナッツの蜜煮」を試食させていただきました。あの硬いピーナッツからは想像できないほど、柔らかい食感と自然のあまさが口の中に広がります!こちらは、従来の蜜煮と比べて、糖質を3分の1カットしているので、バニラアイスに添えたり、小倉トーストのように食パンにのせてバターをトッピングしてもヘルシーに!スイーツが好きな人や、料理好きな人へ贈りたくなる一品です。

〈Bocchi〉概要
■株式会社セガワ
■千葉県匝瑳市野手1437-1
■0479-67-3566

5.新しい門出のお祝いに贈りたい!〈HEP〉。

大日本市25

最後に訪れたのは、この春にデビューが決まったブランドの〈HEP(ヘップ)〉。履物の産地として有名な奈良県で、サンダルの製造・販売を営む川東履物商店の新しいヘップサンダルブランドです。

大日本市26

ところでヘップサンダルって、ご存知でしょうか…?名前だけ聞いても、ピンとこない人も多そうですが、足先が開いていて、かかと部分につっかけるベルトがないデザイン、そして楽チンそうなこのフォルムをどこかで見た記憶ありませんでしょうか?

大日本市27

そう!実家や祖父母の家で、“つっかけ”や“ご近所履き”として活躍していたサンダルのことをヘップサンダルと言います。
ちなみに名前の由来は、名作映画「ローマの休日」でオードリー・ヘプバーンが、役で履いていたミュールサンダルから名づけられたんだとか。

大日本市28
“つっかけ”や“ご近所履き”の名で親しまれていた時代のヘップサンダル。

昔は家事が中心だった女性のために、家の中と外をラクに行き来できる履物として好まれていましたが、時代とともに生活スタイルが変わり、姿をあまり見かけなくなったヘップサンダル。川東履物商店の四代目は、以前のように使い勝手の良さで親しまれていたヘップサンダルをもう一度復活させたいという想いから、現代人のミニマルな生活にフィットするように、当時の面影を残しながら要らないものはそぎ落とし、再編集して誕生させたのが〈HEP〉です。

大日本市29
「CVN」 7,200円。

このクロスに編まれたアッパーは、ヘップサンダル界で長年愛され続けてきたベーシックなタイプ。たしかに、昔のタイプと比べて不必要なデザインがなくなり、すっきりと仕上がっていました。

大日本市30

ギブスサンダルからインスパイアされて出来たというヘップサンダルも!甲の部分がマジックテープになっているので、履く人の甲の高さに応じて、フィット感を調整できるようになっています。

大日本市31
ユニセックスの4サイズ展開(S/M/L/LL)。

ファーストシリーズは「BLACK PLAIN」をテーマに全4型。現代人があこがれるミニマルな暮らしにもハマりそうな〈HEP〉は、普段のゴミ出しから、散歩、ご近所へお買い物など、どんなライフスタイルシーンにも外せないアイテムとして活躍してくれそう。お揃いで履くのも可愛いので、結婚のお祝いとしてペアで贈るのも喜ばれるはず!

この春、新しい生活を始める人へ心のこもったギフトを贈ってみてはいかがでしょうか?

〈HEP〉概要
■川東履物商店
■奈良県大和高田市曙町15-33
■0745-52-1601

『大日本市』概要
公式サイト

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る