0705HNyo_0144_bDN
2022.08.05

J SONGBOOK 日本の音楽を学ぼう! 【私を創った音楽の歴史。】yonawo『はっぴいえんどを教えてくれたのはヨナオ君です。』

令和の音楽シーンで活躍するミュージシャンたちは、どんな「日本の音楽」を聴いて育ってきたのか。記憶の最初にある音楽から、活動の原点まで、そのルーツに迫ります。今回は、yonawoさんにお話を聞きました。7月28日(木)発売Hanako1211号「J SONGBOOK 日本の音楽を学ぼう!」よりお届けします。

0705HNyo_0144_bDN

荒谷翔大(以下、荒谷):UKロックばかり聴いてきたから、邦楽は何が最初だったのか思い返すと、母親がユーミン(松任谷由実)さんや竹内まりやさんをよく聴いていたし、おばあちゃんは美空ひばりさんが好きだったし、そういうのをごちゃまぜに聴いていたのが原体験だったのかな。で、最初に自分で買った邦楽のCDは、Mr.Childrenさんの『BOLERO』。小6だったと思う。当時ミスチルがテレビでよく流れてて好きだったし、アルバムを聴いてみたいなって。ちょっと昔の、自分が生まれる前のアルバムだったけど。

田中慧:僕は、初めて買ったCDは、秦基博さんのドラえもんの映画の主題歌「ひまわりの約束」。中学生の頃だったと思う。そこからCDを買うのにハマって、中古の安いCDをいろいろ買いあさるようになって。エレファントカシマシさん、斉藤和義さん、椎名林檎さん……どんどん食指を広げていって。

野元喬文:沼にハマったよね。慧と一緒によく行った、ブックオフ(笑)。僕は、音楽を聴くようになったのは高校生の頃で、姉ちゃんのウォークマンにあったサカナクションさんの『kikUUiki』が最初。2人の姉ちゃんのうち、上の姉ちゃんはEXILEさん好きだから、星野源さん好きの下の姉ちゃんかな(笑)。

斉藤雄哉(以下、斉藤):うちは両親ともに音楽好きで、家にはめっちゃCDやレコードがあって。僕も、荒ちゃんと同じで1対9で洋楽だけど、自分で初めて買ったCDは、GReeeeNさんの『塩、コショウ』。小学生の頃。でも、最初にハマった邦楽は、保育園の頃に聴いたLOVEPSYCHEDELICOさん。母親がよくかけるから、ファーストアルバムは全部歌えた。ただワーワーいってるだけだったけど(笑)。

荒谷:そうだ、雄哉に教えてもらったよね、ペトロールズさん。長岡亮介さんのことを先に知って東京事変さんに入ったもん。ていうか、椎名林檎さんと東京事変さんを教えてくれたのはヨナオ君だった。はっぴいえんどの「風をあつめて」を教えてくれたヨナオ君。

斉藤:僕らのバンド名の元になった、ハンサムなヨナオ君ね(笑)。

【J SONG HISTORY】

サカナクション『kikUUiki』/2010年発売。yonawoは全員このアルバムが好き。「洋楽的なトラックと小説のような詞のマッチングが絶妙」とのこと。
サカナクション『kikUUiki』/2010年発売。yonawoは全員このアルバムが好き。「洋楽的なトラックと小説のような詞のマッチングが絶妙」とのこと。
GReeeeN『塩、コショウ』/2009年発売。アイスクリームを食べる男の子のジャケ写が印象的なアルバム。ヒット曲満載で累計売上げ枚数はミリオン超え。
GReeeeN『塩、コショウ』/2009年発売。アイスクリームを食べる男の子のジャケ写が印象的なアルバム。ヒット曲満載で累計売上げ枚数はミリオン超え。
Mr.Children『BOLERO』/1997年発売。累計売上320万枚超の大ヒットアルバム。ヒット曲「Everything(It’s you)」や「【es】~Theme of es~」を収録。
Mr.Children『BOLERO』/1997年発売。累計売上320万枚超の大ヒットアルバム。ヒット曲「Everything(It’s you)」や「【es】~Theme of es~」を収録。
秦基博「ひまわりの約束」/2014年発売。映画『STAND BYME ドラえもん』の主題歌として大ヒット。嵐の二宮和也も自身のアルバムでカバー。
秦基博「ひまわりの約束」/2014年発売。映画『STAND BYME ドラえもん』の主題歌として大ヒット。嵐の二宮和也も自身のアルバムでカバー。
サカナクション『kikUUiki』/2010年発売。yonawoは全員このアルバムが好き。「洋楽的なトラックと小説のような詞のマッチングが絶妙」とのこと。
GReeeeN『塩、コショウ』/2009年発売。アイスクリームを食べる男の子のジャケ写が印象的なアルバム。ヒット曲満載で累計売上げ枚数はミリオン超え。
Mr.Children『BOLERO』/1997年発売。累計売上320万枚超の大ヒットアルバム。ヒット曲「Everything(It’s you)」や「【es】~Theme of es~」を収録。
秦基博「ひまわりの約束」/2014年発売。映画『STAND BYME ドラえもん』の主題歌として大ヒット。嵐の二宮和也も自身のアルバムでカバー。

野元喬文(写真・右)
□高校生の頃、姉のウォークマンを聴きサカナクションを知る。
□その後、様々な音楽を超吸収。はっぴいえんどにもハマる。

斉藤雄哉(写真・中右)
□音楽好きの両親のもとで育ち、小学生の頃GReeeeNにハマる。
□高校生の頃、はっぴいえんどやシュガーベイブなどにハマる。

荒谷翔大(写真・中左)
□小学生の頃、ビートルズを聴きつつ、ミスチルに興味を抱く。
□高校生の頃、友達のヨナオ君にはっぴいえんどを教えてもらう。

田中 慧(写真・左)
□中学生の頃、ドラえもんの映画をキッカケに秦基博のCDを買う。
□高校生の頃、中古CDにハマり、エレカシや斉藤和義などを聴く。

Profile…yonawo(よなを)

無題 (3)

2017年、福岡で結成。メンバーは荒谷翔大(ボーカル)、田中慧(ベース)、斉藤雄哉(ギター)、野元喬文(ドラムス)の4人。新世代バンドとして注目を集めている。楽曲の詞・曲を手がける荒谷は、最近は詞を先に作ってから曲を作ることにハマっているそう。この夏は「SUMMERSONIC 2022 」にも出演予定。新曲「yugi」が配信限定でリリース中。

(Hanako1211号掲載/photo : MEGUMI text : Izumi Karashima)

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る