茶葉から器まで、台湾茶を堪能できる〈蓮月庭〉が自由が丘にオープン。【注目のニューオープン情報!】
2019.11.27

ハナコラボが最新グルメリサーチ「NowOpening」 茶葉から器まで、台湾茶を堪能できる〈蓮月庭〉が自由が丘にオープン。【注目のニューオープン情報!】

Openしたてのお店をハナコラボメンバーがレポートする連載「Now Opening」。今回は、11月28日(木)発売号「1,000円の幸せと6,000円の悦びと。おいしいお店!2019-20」から、日本各地の最新情報をお届けします!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

【TOKYO】2019年11月1日OPEN!〈蓮月庭〉

〈蓮月庭〉・自由が丘
本格茶藝「席茶(シーチャ)」を頼むと、一煎目はスタッフの人に淹れてもらえる。香りや味の変化など、五感でゆっくりと味わう。席茶は1セットで2人まで楽しめ、1,480円〜。

高品質な自然栽培茶葉を使った、台湾茶藝館。

〈蓮月庭〉・自由が丘
販売する台湾の茶器ブランド〈自慢堂〉はファン垂涎の品。店内メニューでも使用し、お茶のおいしさを盛り上げている。
〈蓮月庭〉・自由が丘
本日の冷たいおすすめ茶 980円。

〈蓮月庭(れんげつてい)〉
■東京都目黒区自由が丘2-15-10A&Dハウス102
■03-5701-0033 自由が丘
■11:00〜18:00(土日祝〜19:00)不定休
■18席(テラスあり)/禁煙

レポートしてくれたハナコラボメンバーは…

赤埴奈津子
「素敵なインテリアや集めたくなる茶器に感動」

赤埴奈津子(あかはに・なつこ)/フードコーディネートをはじめ、プロップスタイリングなどさまざまに活躍。埼玉県出身。

【KYOTO】2019年10月10日OPEN!〈和栗専門 紗織〉

和栗専門 紗織・京都
鴨川をのぞむ立地。2階建ての建物は町家ながら開放感にあふれる。

和栗を使ったスイーツの専門店は早くも行列ができる人気ぶり。

和栗専門 紗織・京都
看板メニューは錦糸モンブランの「紗」2,200円。最高級の京丹波栗を契約農家から仕入れ、贅沢に使用。特注の絞り器で、1mmの細さに。砂糖を最低限に抑えているため、甘さは控えめで、繊細な栗本来の味だ。
和栗専門 紗織・京都
「和栗と季節の果物タルト」2,000円。みずみずしい果物と栗は好相性。

〈和栗専門 紗織(さをり)〉
■京都府京都市下京区木屋町通高辻上ル和泉屋町170-1
■075-365-5559 木屋町
■10:00〜18:00 不定休
■34席/禁煙

レポートしてくれたハナコラボメンバーは…

西野侑里
「落ち着いた雰囲気と程よい甘さが大人向け」

西野侑里(にしの・ゆり)/大阪府出身、23歳の会社員。サロンやファッションのモデルの経験もあり、新しいものに敏感。

(Hanako1179号掲載/edit:Kahoko Nishimura text&photo:Akahani Natsuko, Yuri Nishino)

★毎月1日に全国のニューオープン情報を更新中!前回のニューオープン情報はこちらから。

今月のスペシャル

今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集
TOPに戻る