もう水着は買った?今年注目のかわいいスイムウェアブランド6選!
2019.07.03

Hanako Shopping List もう水着は買った?今年注目のかわいいスイムウェアブランド6選!

トレンドのワンピースに、夏の太陽に映えるビタミンカラー。クラシックな柄モノや、ハイウエストビキニも捨てがたい。プールでもビーチでも、インナーウェアとしても活躍しそうなスイムウェアを厳選。1着といわず、欲張りに楽しんで。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈SEA〉

16,000円(シー|エスストア 03-6432-2358)

トップの華奢なストラップがバックでクロス。ボトムはヒップをすっぽりと包み込むハイライズで、まさに旬なデザイン。メイド・イン・ジャパンにこだわるブランド〈シー〉の新作で、写真のブラウンとカーキの計2色展開。同シリーズのワンピースもあり。

2.〈nagonstans〉

トップ27,000円、ショートパンツ17,000円(共にナゴンスタンス 03-6730-9191)

ビビッドなイエローのバルーントップは、ウェアのような印象。ウェットスーツ風の素材感のショートパンツを合わせれば、ビーチサイドのショッピングだってこなせそう。上下別売りで、ほかにも様々な柄やカラーがそろう。

3.〈YASMINE ESLAMI〉

トップ11,000円、ボトム7,500円(共にヤスミン エスラミ|デミルクス ビームス 新宿 03-5339-9070)

ミニマルかつセクシーなランジェリーで知られるパリブランド〈ヤスミン エスラミ〉は、水着も個性的。鮮やかなオレンジで視線を集めつつ、ホルターネックが首元のラインをすっきり、美しく見せてくれる。

4.〈emmi atelier〉

13,000円(エミ アトリエ|エミニュウマン新宿店 03-6380-1018)

まるでハンドライティングのようなランダムなドット柄のワンピース。バックにはストリングがあしらわれていて、リボン結びすると後ろ姿も様になる。シャツを羽織って、ボディスーツとしてデイリーにも着るのもあり。ほかに黒も。

5.〈Curensology〉

20,000円(カレンソロジー|カレンソロジー 青山 03-6419-7899)

レトロかわいいマドラスチェック柄。落ち着いたグリーン系だから、大人っぽく着られる。今年らしいハイウエストのショーツはフロントにリボン、後ろ側にはシャーリングを寄せたデザイン。おそろいのポーチ付きなのもうれしい。

6.〈mikomori〉

25,000円(ミコモリ|ユナイテッドアローズ 日本橋店 03-3510-6002)

ラベンダーカラーと裾まわりのフリル。甘めのディテールが目を引く一枚ながら、ネックラインとバックはぐっと深めなので、大人っぽさもキープ。スタイリストとしても活躍する女性ディレクターならではのバランス感覚に納得。

(Hanako1174号掲載/photo:Kengo Shimizu styling:Chiaki Utsunomiya edit:Hiroko Yabuki)

☆前回の「雨の日もたのしくオシャレしよう。便利で気分もあがる梅雨アイテム6選」はこちらから。

編集部

〈Curensology〉のシルエットがかわいい!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る