名店が作る洋酒を使った大人スイーツ4選!いつものティータイムをちょっと大人に。
2019.06.12

大人のほろ酔いスイーツ時間。 名店が作る洋酒を使った大人スイーツ4選!いつものティータイムをちょっと大人に。

リキュールにブランデーなど、ジュワッと洋酒の効いたお菓子ファンも多いはず。今回は、いつものティータイムをちょっと大人なひとときにしてくれる、洋酒の効いたお菓子が味わえる都内のお店をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.フランスの伝統菓子を目の前で作り上げる、まさにご馳走のデザート。〈ATELIER KOHTA〉/神楽坂

キッチンを囲むカウンター9席すべてが特等席。目の前で吉岡浩太シェフが作るデザートを楽しみに、スイーツ女子たちが連日席を埋める。
キッチンを囲むカウンター9席すべてが特等席。目の前で吉岡浩太シェフが作るデザートを楽しみに、スイーツ女子たちが連日席を埋める。

シェフのスペシャリテは「クレープシュゼット」950円(税込)。フランスの古典菓子のひとつで、ソースで煮込んだクレープのこと。まず、薄く焼いたクレープを四つ折りにして、オレンジジュースや砂糖と一緒に煮込む。

オレンジソースでクレープを煮込みつつ、手際よくオレンジの皮を剥いてフランベに。シェフの無駄のない動きにうっとり。フライパンからあがるオレンジの香りがスイーツ欲をくすぐる。
オレンジソースでクレープを煮込みつつ、手際よくオレンジの皮を剥いてフランベに。シェフの無駄のない動きにうっとり。フライパンからあがるオレンジの香りがスイーツ欲をくすぐる。

次に、熱したグランマニエ(オレンジリキュール)を青い炎とともに、らせん状に剥いたオレンジの皮をくるくると伝わせてクレープへと落とす。

DSC_7641-768x513

みずみずしく爽やかなオレンジの香りもご馳走のデザートだ。

(Hanako1122号掲載/photo:Masanori Ikeda(YUKAI))

2.900年創業の老舗が手がける〈BUNMEIDO CAFE 日本橋店〉/日本橋

〈文明堂 日本橋本店〉に併設されたカフェでは、カステラやどら焼きを使ったオリジナルスイーツが人気。

DSC2695-768x512

カステラを洋酒入り卵液に半日漬けてオーブンで焼き上げた「フレンチカステラ」880円(+390円でセットカフェ、各税込)。

(Hanako1153号P117掲載/photo : Masato Moriyama, Tomo Ishiwatari (PUBLIC SPACE, BUNMEIDO CAFE), MEGUMI(DOUBLE ONE / ajisai street)illustration : Keita Mizutani)

3.ラム酒の芳醇な香りにうっとり。これぞ理想のサバラン。〈ラ・ヴィエイユ・フランス〉/千歳烏山

〈ラ・ヴィエイユ・フランス〉の「サバラン」

55度という強めのラム酒をたっぷり使い、口に含むと生地からじゅわっとあふれるほど。「お酒のキレと甘さがひとつになり芳醇な香りが生まれています。中央に入ったクリームのまろみやフルーツのフレッシュさのバランスがいい、理想のサバランです」。(スイーツライター・chicoさん)

〈LA VIEILLE FRANCE〉
■東京都世田谷区粕谷4-15-6 グランデュール千歳烏山1F 
■03-5314-3530

【スイーツライター・chicoさん】
スイーツライター、コーディネーターとして女性誌を中心に活躍。共著に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)がある。『東京の本当においしいスイーツ探し』(1、2巻共にギャップ・ジャパン)の監修も務める。

(Hanako1170号掲載/photo:Takafumi Matsumura styling:Hiroko Takenaka
text:Naomi Yokoyama edit:Seika Yajima)

4.ブランデー風味の「パウンドケーキ ドライフルーツナッツ」〈PALETAS GINZA SIX店〉/銀座

ブランデー風味のケーキに、旨みを凝縮したアプリコット、イチジク、オレンジピール、ナッツなどをあしらっている。愛媛の伊予柑や、さくらんぼピスタチオも。1個1,780円(税込)
ブランデー風味のケーキに、旨みを凝縮したアプリコット、イチジク、オレンジピール、ナッツなどをあしらっている。愛媛の伊予柑や、さくらんぼピスタチオも。1個1,780円(税込)

新鮮なフルーツの甘みや果汁を生かしたフローズンフルーツバーの人気店。カラフルなアイスが目を引くが、店舗限定のしっとりと焼き上げたパウンドケーキも見逃せない。

s_O0A4337_1_atari-768x768

季節の果実のおいしさをジェラートやヨーグルトにとじ込めた、フローズンフルーツバーの人気店。店舗限定のしっとりと焼き上げたパウンドケーキも話題。

(Hanako1142号掲載/photo : Satoshi Nagare, Akiko Mizuno text : Yukari Akiyama)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る