デートをするなら【三軒茶屋】がおすすめ!思わず会話も弾むおしゃれなバル・ビストロ。
2018.12.07

「三茶で一杯、いかがですか?」 デートをするなら【三軒茶屋】がおすすめ!思わず会話も弾むおしゃれなバル・ビストロ。

この冬も女子会にデートに大忙し!お店選びにマンネリ化してきたら、おしゃれに飲めるバル・ビストロが沢山ある三軒茶屋に誘ってみるのはいかが?今回は、三軒茶屋デートにぴったりなお店をご紹介します。もちろんサクのみにもぴったり!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.全国のクラフトビールが待つ茶沢通りの愛されビストロ〈Kikuya René〉

Kikuya René 三軒茶屋

茶沢通り沿いに今年2月に出現した、クラフトビールがおいしいビストロ。

Kikuya René 三軒茶屋

ライトグレーのカウンターでは、さわやかな男子がテキパキと立ち働き、店は和やかな活気に満ちている。シェフは三茶屈指の繁華街「三角地帯」の店で10年腕をふるった濱砂将明さん。一流ホテルも経験した彼の人柄を映してか、スタッフは皆紳士的でフレンドリー。彼らとの会話と冷たいビールを目当てに訪れる人は、ご近所のシニアから沿線の女子まで。個性も年代も幅広い客層は、都心でありつつ下町情緒の残る三茶という街ならでは。

Kikuya René 三軒茶屋
人気のシャルキュトリと前菜の盛り合わせ1,500円

「お客さんを驚かせたくて」とさらにボリュームアップ。ビールは600円~。
樽生を楽しめるクラフトビールは12種。国産を中心に軽めから重厚なものまで。フードは店内で仕込むシャルキュトリなど、しっかり食べられるものが多い。

Kikuya René 三軒茶屋
山形豚のロースト1,980円

どの皿もサーブされた時思わず歓声が上がる華やかさ。一方で一人のお客には小さいポーションで用意するなど、フレキシブルなサービスも心地よい。

(Hanako1143号掲載/photo : Shin-ichi Yokoyama text : Chiho Ohsawa)

2.本場大阪のたこ焼きが三茶に!〈LAFF BAR & KITCHEN〉

18-768x512

大阪出身の店主が営む、たこ焼きとお酒が愉しめる店。

店でブレンドしたオリジナルソースを使用の「ソースマヨ」や、九条ネギと「旭ポンズ」で関西色豊かにした「ネギポン酢マヨ」、岩塩とブラックペッパーにライムを搾る「ソルト&ライム」など、味付けはバラエティ豊か。

29-768x768

たこ焼きに合わせたスパークリング「たこシャン」ボトル5,500円、大阪の地酒も各種ある。「箕面ビール」750円~もぜひ味わって。

(Hanako1146号掲載:photo:Mariko Tosa, Michi Murakami(tico,kujiraso,umimachidon) text : NamiHotehama)

3.意外性たっぷりのスパニッシュ〈スペイン料理と自然派ワイン LUZ〉

DMA-_MG_0475-768x584

一見バーのような内装だけれど、出てくるお料理は本格的でボリュームも満点。

213-768x512

シェフが毎日手詰めする自家製オリジナルソーセージ1,900円は、2~3人でシェアできるサイズ感だ。ソフトシェルクラブのグリーンサラダ1,300円、プラナ(ボトル)4,000円

(Hanako1146号掲載/photo:Kenya Abe text :Hiroko Yabuki)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る