菅原さん連載 第15回
2021.12.16

人気のパン屋巡りも。 【福岡旅】旅好き女子に聞いた!おすすめグルメスポット5選

グルメな街として有名な福岡。旅好き女子は福岡に旅行するときどんなお店を訪れるのでしょうか?今回は『Hanako.tokyo』連載陣が福岡で実際に訪れたグルメスポットをレポでご紹介

1.OLゴルファー・西野沙瑛さんリコメンド…〈橙〉〈craft bit Danny churros〉

さきさえ連載 第34回
さきさえ連載 第34回
さきさえ連載 第34回
さきさえ連載 第34回
さきさえ連載 第34回
さきさえ連載 第34回

2泊3日の福岡ゴルフ旅行へ。2日目のディナーは、友達におすすめしてもらった水炊き専門店〈橙〉へ。ヘルシーでとてもおいしかったです。

最終日はフライトまで少し時間があったので、天神の〈craft bit Danny churros〉へ。予約をしておけば好きな文字のチュロスが食べられますよ。私は思い出に「福岡」のチュロスをいただきました。

2.弁護士・菅原 草子さんリコメンド…〈amomdacotan〉〈DACOMECCA〉

菅原さん連載 第15回
菅原さん連載 第15回
菅原さん連載 第15回
菅原さん連載 第15回
菅原さん連載 第15回
菅原さん連載 第15回
菅原さん連載 第15回
菅原さん連載 第15回

夜の博多は楽しめなくとも、屋台に行けなくとも、食いしん坊は諦めが悪い。せっかくの福岡滞在を無駄にはできんと、毎日インスタでチェックしていたパン屋さんだけはお邪魔してきました。〈amomdacotan(アマムダコタン)〉さんです。うわさ通りの行列に耐え、人数制限を守り、いざ店内。魚が丸ごと一匹入っていたり、店頭で焼いた大きすぎるフランクフルトが入っていたり、あんことクリームがこれでもかと挟まれていたり…見たことないようなインパクト大のパンたち。毎朝オープン時には100種類以上のパンが並ぶという種類豊富なパン屋さんの中で幸せな迷子になれます。一番人気という「マリトッツォ」は、即売切れでお目にかかれませんでしたが、人生で一番たくさんパンを購入しました。

さらに系列店もハシゴ(笑)。博多駅前に先月オープンしたばかりの〈DACOMECCA(ダコメッカ)〉さんです。ここでは「パンパフェ」を食して大満足。ちなみに、総菜パンの数々は、もはやパンにあらず食事でした。メインの具材に施された「料理か!」という味付け。共に挟まれた副菜にもまた別のソースが絡めてある。お皿の上に広げたらフレンチの一皿になると思います。デザートには、胡麻パンに包まれたピスタチオクリーム、ミルククリーム、あんこという甘い集団。彼らが一丸となって闘い後の私を癒してくれましたとさ。

(photo&text:Soko Sugawara)

3.モデル・斉藤アリスさんリコメンド…〈カフェ ヒラコンシェ クラシック〉

〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区

羽田空港から飛行機で約2時間、向かったのはグルメタウン福岡県。県外からも予約が殺到するという話題のカフェへ行ってきました。

わぁ〜!天井を隙間なく埋め尽くすのは、ドライフラワー。一歩足を踏み入れれば、あっという間に別世界です。〈ヒラコンシェ〉はドライフラワー専門店の上にあるカフェレストラン。カフェの天井に吊るしてドライになった植物は、のちのち1階で販売されるそう。次々と入れ替わるから、季節の花が楽しめるんですよ。

頭上に広がる一面のお花畑に、うっとり…♡お店中にハーブやお花の香りが広がります。

県産のものを中心に、色とりどりの15〜20種類の野菜を使ったサラダプレート。お花をイメージした盛り付けまで美しい。サラダプレートのランチセットには、スープと自家製パンがついてきます。野菜だけでなく、鶏むね肉のコンフィやモルタデッラというハムも乗っていて食べ応えも十分。

〈café hiracon’chez Classique(カフェ ヒラコンシェ クラシック)〉
■福岡県福岡市中央区警固2-11-16 2F
■11:30~16:00、18:00〜1:00 木曜休

(photo : Keiichiro Todaka)

4.ヴァイオリニスト・花井 悠希さんリコメンド…〈PAIN STOCK〉

「明太フランス」
「明太フランス」
福岡 PAIN STOCK
福岡 PAIN STOCK
「明太フランス」
福岡 PAIN STOCK
福岡 PAIN STOCK

福岡県内だけでなく全国に〈パンストック〉さん卒のパン屋さんもあるほど、人気実力共に福岡パン界を牽引するお店。朝11時頃に到着するともうお店の前には行列がズラリ。グリーンで彩られた外観を見ながら、胸がドキドキしてきます。

店内の天井にはドライフラワーが飾られ、木のテーブルに木のトレイで、なんとも落ち着く内装。こんなに人がたくさんいるのに『パンストックの世界』に迷い込んだような気分になれる不思議な魅力がありました。パンストックで有名なパンといったらこちらの「明太フランス」は外せません。大人気のため買えるか不安でしたが、買えたーーー!!!なのに、せっかく撮った一本まるっとの写真を消してしまいました…。なので断面図のみです、すみません。買えた時点で運を全て使ってしまったんですね、そうですねきっと(ただの私のミス)。。

(photo&text:Yuki Hanai)

5.〈クックパッド〉広報・徳成祐衣さんリコメンド…〈博多祇園鉄なべ〉

徳成さん連載 第31回
徳成さん連載 第31回
徳成さん連載 第31回
徳成さん連載 第31回
徳成さん連載 第31回
徳成さん連載 第31回

お目当てのお店は〈博多祇園鉄なべ〉!博多在住・在勤の友人がおすすめしてくれました。一軒の屋台からスタートした老舗の餃子屋さんです。オープンとほぼ同時に店内へ。

店内には、著名な方々のサインや写真がずらり。お客さんもどんどん入って来られます。博多座が近いからか、歌舞伎俳優の方なども来店されているようです。お店入り口付近にはテーブル席があり、あっという間にほぼ満席!

注文したのはもちろん「焼き餃子」。3人で伺ったので3人前をオーダーしたのですが「それでは全く足りないわよ!女性1人でも2人前は食べられます」とお店の方に教えていただき、オーダーを変更。
待つこと10分ほど。立ち上る湯気とじゅわじゅわ〜という音とともに、餃子が登場。鍋いっぱいに敷き詰められた餃子の焼き目の美しいこと。それにしてもおいしそうすぎる〜早速いただきます!

(photo&text:Yui Tokunari)

※掲載している商品はすべて取材時のものです。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る