top14
2018.02.05

週末はすこし足をのばして 1泊2日で【伊豆】のおいしいものを巡るプラン。海の幸と自然を満喫しよう〜前編〜

スーパービュー踊り子号に乗ってビュン!東京から約2時間。伊勢海老や金目鯛、みかんなど、伊豆のおいしいものがたくさん見つかる南伊豆、東伊豆。2エリアの恵みを1泊2日で見て、歩いて、食べ尽くす!

11:30 伊豆急下田駅からスタート

19

1日目は西伊豆からスタート!幕末、ペリー率いる黒船が来航し、日本を近代化へとおし進めた町、下田に到着。

玄関口である伊豆急下田駅には黒船を模した改札が!駅前にはノスタルジックな時計台があったり、黒船の模型があったりとフォトスポットも多い。

12:00 古民家レストラン〈Table TOMATO〉でランチ

39

店主・山田真由美さんの両親が営んだブティックを改装した趣ある店。下田の幸を使った料理がいただける。

29

休日限定ランチ「パンと季節のスープセット」970円(コーヒー付)

〈Table TOMATO〉
■静岡県下田市1-11-18
■090-8514-3325
■11:30~14:00(土日祝)、17:00~22:00LO
■不定休
■12席
■禁煙 

13:30 展望台から下田の街並みを楽しむ

57

寝姿山の展望台へ伊豆急下田駅の目の前にあるロープウェイでアクセス!

48

下田港や伊豆七島を眼下に一望できる。ほかに縁結びの仏様、愛染明王も鎮座。こちらへの参拝もお忘れなく!

8c0c3027e3cfc3d644caab3847a505b01

山頂では、爽やかな口当たりの「下田マリンソフト」300円を。

15:00 レトロな小径を散策

67

黒船に乗ってやってきたペリーが歩いたとされる「ペリーロード」。平滑川(ひらなめがわ)沿いに約700m続く小道の両脇には柳並木、その足元には石畳が。

大正時代に建てられた石造りの洋館や古民家は、アンティークショップやおしゃれなカフェに生まれ変わり、散策もさらに楽しい。

16:00 〈Café Den〉でほっと一息

75

爽やかなブルーが印象的な、居心地のいい一軒家カフェ。店内は外の喧騒から離れてとても静か。

83

マダムの自家製スイーツと香り立つコー
ヒーが自慢。「軽いスフレ風チーズケー
キ」450円。

〈Café Den〉
■静岡県下田市3-2-21
■0558-22-2345
■10:00~18:00
■木休
■20席
■禁煙

19:00 料理と温泉が自慢の宿〈花のおもてなし南楽〉へ

10

川のせせらぎが聞こえる静かな里山にある、竹林に囲まれた宿。23種類のお風呂が自慢で、旅館にいながら湯めぐり気分が味わえる。

93

金目鯛のしゃぶしゃぶ、カンパチの刺身など新鮮な海の幸を使った料理も絶品。1泊1人25,000円~。

〈花のおもてなし南楽〉
■静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂130-1
■10558-62-0171

655dcb0e6519c34baf6d9d53e1932389

街巡りとおいしいもの巡りを満喫した1日目。2日目は、東伊豆へ移動します。後編も要チェック!

★1泊2日の伊豆旅行〜後編〜はコチラ!
★1泊2日の伊豆旅行〜お土産編〜はコチラ!

(Hanako1146号掲載/photo :MEGUMI (DOUBLE ONE) text : Mariko Uramoto illustration : Mai Beppu)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る