無題 (20)
2021.10.08

毎日食べても飽きない! おむすび屋さんブーム到来!?【銀座】毎日食べても飽きない絶品おむすび4選

実は今、銀座ではおむすび屋さんが密かにブーム。おむすびがおいしいのはもちろん、栄養のバランスや健康にも配慮した定食なども充実。この内容なら毎日食べても飽きない!

1.老舗米卸店が直営する塩結び自慢の店。〈米処 穂(こめどころ みのり)日本橋人形町店〉/人形町

〈米処 穂(こめどころ みのり)日本橋人形町店〉/人形町

神戸の老舗米卸店が手掛ける直営店。米本来の旨味を知ってほしいからと定食のおにぎり2個のうちひとつは塩結びで提供。不純物を99.9%取り除いた浄水を使い、羽釡で一気に炊き上げる。自家製のお惣菜も数多く、主菜とおにぎり、お味噌汁、小鉢2品がついたランチ700円。

〈米処 穂(こめどころ みのり)日本橋人形町店〉
■東京都中央区日本橋小網町16-14
■03-6892-2702
■7:30~9:00、11:00~15:00 土日祝休

2.元同僚の脱サラ女性2人によるおむすび定食。〈美味uma(うまむすびウマ)〉/銀座6丁目

〈美味uma(うまむすびウマ)〉/銀座6丁目

今年5月にオープンした間借りおむすびランチ専門店。農家から直送される新潟・上越市のコシヒカリを使ったおむすびは、注文ごとに握りたてを提供。塩むすび3個、写真のセット(日替わりの惣菜2種、玉ねぎたっぷりスープカレー、小鉢)で900円。

〈美味uma(うまむすびウマ)〉
■東京都中央区銀座6-4-5 土屋ビル2F ろばた内
■050-3188-5882
■11:30~14:00 金土日祝休、不定休あり
■8席

3.寝かせ玄米が玄米のイメージを変える。〈寝かせ玄米と日本のいいもの いろは〉/日本橋

寝かせ玄米と日本のいいもの いろは

寝かせ玄米とは圧力鍋で玄米を炊くことで独特のモチモチ食感を生み出し、3~4日寝かせることで旨味と甘味を増強させた玄米のこと。「ヘイワ圧力鍋」という特殊な鍋を使い、旨味の濃い独特の玄米に仕上げる。中でも半熟味玉むすびは味玉とご飯の相性がいい名物。

〈寝かせ玄米と日本のいいもの いろは〉
■東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋S.C. 新館B1
■03-6262-6357
■10:30~21:00 不定休
■6席

4.芳醇なトリュフの香りをまとう高級おにぎり。〈おにぎり屋 ひなた〉/新橋

〈おにぎり屋 ひなた〉/新橋
〈おにぎり屋 ひなた〉/新橋
〈おにぎり屋 ひなた〉/新橋
〈おにぎり屋 ひなた〉/新橋

新潟県産コシヒカリを使ったおにぎりは30種以上。中でも名物は特製の最高級にぎり「新橋 金の卵」。これは国産ポークハムの上に最高級トリュフオイルを塗り、トリュフが香るバターライスをのせたおにぎりを錦糸卵で包んだもの。手土産にも喜ばれること間違いなしの逸品。

〈おにぎり屋 ひなた〉
■東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1F
■03-5860-9756
■8:00~20:00 日休
■6席

(Hanako1201号掲載/photo : Kayoko Aoki, Kenya Abe text : Kimiko Yamada)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る