『キューブ型で可愛い見た目は、ギフトにもぴったり!(本多 純さん)』
2021.02.16

ときめく!スイーツ大賞2021【焼き菓子部門】 2021年絶対に食べたい焼き菓子8選!スイーツのエキスパート達が注目スイーツを発表。

2021年、最も輝くスイーツは何か!?時代を彩るお菓子を見つめ続けてきたHanakoが、アワードを開催することになりました。総勢20名のスイーツエキスパートを審査員に招き、今年を代表するであろう甘い“逸品”を厳選。今回は、【焼き菓子部門】より注目のご紹介。コーヒーだけでなくお酒のお供にもなるようなお菓子が勢ぞろい!

1.〈L’ATELIER HIRO WAKISAKA〉のガトーブルトン キャラメルサレ/武蔵小杉

『キャラメル好きとして心からおすすめできる一品!(スイーツOLなりさん)』
『キャラメル好きとして心からおすすめできる一品!(スイーツOLなりさん)』
〈L’ATELIER HIRO WAKISAKA〉
『キャラメル好きとして心からおすすめできる一品!(スイーツOLなりさん)』
〈L’ATELIER HIRO WAKISAKA〉

フランス・ブルターニュの地方菓子は、発酵バターを贅沢に使った、さっくりと厚みのある生地感が魅力。「中のキャラメルの焦がし加減も絶妙で、ほろ苦く香ばしい風味がたまらない。オーブンで温めて、とろりと柔らかくしていただくのもおすすめ」(なりさん)。1,280円。

〈 L’ATELIER HIRO WAKISAKA(ラトリエヒロワキサカ)〉
■神奈川県川崎市中原区小杉町2-276-1
■044-281-3865
■11:00~19:00 月休

2.〈San Paolino〉のポルボロン/四谷

『丁寧に作られたお菓子は食べる人をやさしい気持ちに(ぼる塾・田辺智加さん)』
『丁寧に作られたお菓子は食べる人をやさしい気持ちに(ぼる塾・田辺智加さん)』
〈San Paolino〉
『丁寧に作られたお菓子は食べる人をやさしい気持ちに(ぼる塾・田辺智加さん)』
〈San Paolino〉

シスターがひとつひとつ祈りを込めて手作りするのは、煎った小麦粉を焼き上げたスペイン発祥の伝統菓子。「素朴で甘すぎない味わいと、口の中でほどけるホロホロとした食感がお気に入り。おなかだけでなく心も満たされる、やさしいお菓子です」(田辺さん)。5個×5袋セット1,600円(税込)。

〈San Paolino(サン パオリーノ)〉
■東京都新宿区四谷1-11-19
■03-3357-6495
■10:00~18:00 日祝休

3.〈foodmood〉の青のりと カシューナッツのクラッカー/国立

『菜種油で作るごはんのようなおやつ(and recipeさん)』
『菜種油で作るごはんのようなおやつ(and recipeさん)』
〈foodmood〉
『菜種油で作るごはんのようなおやつ(and recipeさん)』
〈foodmood〉

「なかしましほさんの作る焼き菓子は、どれも日常的に食べたくなるラインナップばかり。その中でも、クッキーBOX(6種入り2,500円)に入っているクラッカーは、紅茶にも合うけれど、ワインのお供にもしたい味。これを食べる時、なかしまさんは天才だなぁといつも思います」(and recipeさん)。

〈foodmood(フードムード)〉
■東京都国立市西2-19-2
■042-573-0244

4.〈maca presso〉のトゥンカロン/新大久保

『韓国カルチャーから生まれた大人向けの本格スイーツ(シズリーナさん)』
『韓国カルチャーから生まれた大人向けの本格スイーツ(シズリーナさん)』

“太ったマカロン”を意味する韓国発祥のトゥンカロンは、その鮮やかな見た目からは想像もできない、上品な味わいが人気の秘訣。「生の果実が入った『クリームチーズぶどう』や、どこか懐かしい『オレオ』がお気に入り。手土産としても重宝しています」(シズリーナさん)。各380円。

〈maca presso(マカプレッソ)〉
■東京都新宿区百人町2-3-21
■03-6380-3875
■9:30~23:30 無休

5.〈le tamis〉のレモンケーク/京都

『本格的なフランス菓子の見えないひと手間がたくさん!(nanshiさん)』
『本格的なフランス菓子の見えないひと手間がたくさん!(nanshiさん)』

大阪の名店〈うどん棒〉店主の妹が、レジ横でひっそり販売していたレモンケーキが、口コミで人気を集め、昨年ついに店を開き販売をスタート。「瀬戸内レモンの香りと讃岐の粉のおいしさは、思わず目を見開いてしまうほど!」(nanshiさん)。220円。

〈le tamis(ルタミ)〉
■京都府京都市伏見区京町北7-9-1 喜多源第二マンション107
■075-285-2649
■13:00~20:00 金曜のみ営業

6.〈TABLES CoffeeBakery&Diner〉の堀江バターサンド/大阪

『キューブ型で可愛い見た目は、ギフトにもぴったり!(本多 純さん)』
『キューブ型で可愛い見た目は、ギフトにもぴったり!(本多 純さん)』

ホワイトチョコを混ぜ込んだバタークリームを洋酒で香りづけし、フリーズドライの苺をサンド。「バターサンドのあのおいしいクリームをこれ以上ないくらい挟んだら…という夢をそのまま形にしたような一品です」(本多さん)。3個入り1,000円(税込)。

〈TABLES CoffeeBakery&Diner(タブレス コーヒーベーカリー アンド ダイナー)〉
■大阪府大阪市西区南堀江2-9-10
■06-6578-1022
■11:00~20:00LO(金土日祝17:00~21:00LO)不定休

7.〈Pâtisserie au fil du jour〉のビスキュイ モカ ドール/福岡

『渾身のスペシャリテから師弟の絆に思いを馳せて(平岩理緒さん)』
『渾身のスペシャリテから師弟の絆に思いを馳せて(平岩理緒さん)』
〈Pâtisserie au fil du jour〉
『渾身のスペシャリテから師弟の絆に思いを馳せて(平岩理緒さん)』
〈Pâtisserie au fil du jour〉

吉開雄資(よしかいゆうすけ)シェフが、今は亡き恩師、ローラン・ジャナン氏へのオマージュを込めて創作した焼き菓子。師が好んだという葉巻をテーマに、ほのかな燻製の香りをつけたコーヒー味のバタークリームを、アーモンドのビスキュイでサンドした逸品。10本入り3,000円。

〈Pâtisserie au fil du jour(パティスリー オー フィル ドゥ ジュール)〉
■福岡県福岡市中央区桜坂1-14-9
■092-707-0130
■10:00~19:00 火水休

8.〈Limevert Koji Takayama〉の瀬戸内レモンケーキ/オンライン

『コロンと可愛らしい糖衣掛けレモンケーキ(平岩理緒さん)』
『コロンと可愛らしい糖衣掛けレモンケーキ(平岩理緒さん)』

広島産の瀬戸内レモンを皮も実も余さずに使ったレモンケーキは、ほろ苦さも含め、果実感を存分に楽しめる一品。LINE友だち登録者に商品追加情報が先行で届くなど、販売方法も現代的。「冷凍配送にもかかわらず、解凍後も、糖衣掛けのシャリッとした食感は健在。どういう製法なのだろうと気になって仕方ありません」(平岩さん)。5個入り1,800円。

〈Limevert Koji Takayama(リムヴェールコウジタカヤマ)〉
https://www.limevert.online/

“スイーツエキスパート”な20人の審査員。

審査員

(Hanako1193号掲載/photo : Kiichi Fukuda, Natsumi Kakuto text : Yuya Uemura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る