【新宿駅エリア】夜22時までのスイーツ店。1日頑張った自分に、甘〜いご褒美スイーツを!
2020.09.21

スイーツの寄り道しよう。 【新宿駅エリア】夜22時までのスイーツ店。1日頑張った自分に、甘〜いご褒美スイーツを!

1日頑張った自分に、ご褒美スイーツはいかが?仕事帰り、飲み会帰りに寄りたい新宿駅周辺のスイーツ店をご紹介します。疲れた時の甘いものは、幸せな気持ちになること間違い無し!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.フルーツパーラーとバーの雰囲気を一度に。〈Tokyo Orchard〉

新宿 Tokyo Orchard

〈新宿髙島屋〉を望む都会のど真ん中に立地する〈Tokyo Orchard〉は、開放的なテラス席もあるのが魅力。

新宿 Tokyo Orchard
フルーツ10種、アイス3種が盛られてこの値段!底がフルーツポンチなのでするっと食べられる。バカルディのラムをベースにしたモヒートでパフェの甘さを引き立てて。1,200円、カクテル1,180円。

パフェは、フルーツカフェというだけあり、大手フルーツパーラーにも卸している果物を使用。ウィスキーやカクテルなどお酒のバリエが豊富で、フルーツパーラー的でありながら、お酒もしっかり堪能できるという貴重な店。

(Hanako1174号掲載/photo : Yoichi Nagano, Takafumi Matsumura (Parfaiteria beL) illustration : Yu Tokumaru text : Nao Yoshida edit : Marie Takada)

2.フルーツ豆花発祥の店。よりおいしくなった印象〈騒豆花 新宿ミロード店〉/新宿

〈騒豆花 新宿ミロード店〉/新宿
「イチゴ豆花」1,340円
〈騒豆花 新宿ミロード店〉/新宿
「ピーナッツ豆花」580円

毎日店舗で大豆を搾り、できたての豆乳で豆花を手作り。温かい「ピーナッツ豆花」は、豆花のおいしさを存分に味わえる。「イチゴ豆花」は、豆花の上にイチゴのシャーベットとフレッシュイチゴを一面に敷き詰めた豪華版。イートインのみ。

3.健康や美容にうれしいメニューがそろう〈wired bonbon〉/新宿

wired bonbon 新宿

人気カフェ〈WIRED CAFE〉のスイーツに特化した新業態〈wired bonbon〉。100%植物性素材を使ったヴィーガンスイーツを中心に、健康や美容にうれしいメニューがそろう。注目は、大きなわたあめが目を引く「ボンボン・ド・クレーム」。

wired bonbon 新宿
「ストロベリーボンボン」1,280円

アーモンドミルクのソフトクリームやきび砂糖の風味が香ばしいわたあめなどが入ったパフェは、ボリューム満点なのにすっきりとした味わい。

(Hanako1162号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Momoka Oba)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る