top_IMG_1322

ツレヅレハナコの電車メシ File1 品川から1時間で行ける漁港の町・三崎港で朝ビールと生まぐろ! Learn 2017.07.19

ぽっかり予定が空いた1日。どこか知らないところへ行ってみませんか?電車で行けて、日帰りできて、もちろんおいしいものがあるところ。そんな気楽な旅が大好きな食いしん坊・ツレヅレハナコが、お腹いっぱいになる楽しい1日電車旅をご案内します!記念すべき第一回は神奈川県三崎港へ!

ずっと気になっていた
あの海行きの電車に乗ろう!

IMG_1399

まぐろのぼりが待っている。

品川駅の京急線ホームに立つと、いつも気になる行き先の電車があった。
「三崎口行き」
これって、神奈川の三崎港まで行くのかー。海だよね。まぐろだよね。ああ、いっそ乗ってしまいたい。

IMG_1390

仕事をサボりたくなる誘惑の電車。

もちろん仕事があるので願いは叶わず、いつもぼんやりと見送るだけ……でも!今日は乗っちゃいましたよ「三崎口行き」。月曜日の朝8時、仕事を休んで友人Yとまぐろを食べにゴーゴー!

ローカルバスを降りたら
そこはまぐろの町だった

IMG_1402

潮の香りはまだしない三崎口駅。

品川駅から京急に乗り、約1時間。通勤客で込み合った車内がだんだんとまばらになり始め、ガラガラになったころに三崎口駅へ到着。

IMG_1406

まぐろ車掌が熱烈歓迎!カモン三崎!

そこから市バスに乗り、港へ向かいます。海に近づくごとに増えるのは「まぐろ」と書かれた看板の店。マグロ漁は昔ほど盛んではないものの、それでもこの店舗数。わくわくしつつバスを降りると、目の前は完全に海だ!

IMG_1301

ざっぱーん(イメージ)

さっそく向かったのが、「三崎水産物地方卸売市場」。この中にある食堂で朝ごはんを食べるのです!

IMG_1304

早朝から始まり昼前には終わる市場。

2階にある店へ入ると、市場の食堂とは思えないほど明るくきれいな食堂!これは入りやすいわー。

IMG_1314

チョークでメニュー。絵がうまい。

「旅に出れば朝ビール」が習慣なので、もちろん飲みますとも。

IMG_1315

グラスもあるのに迷わずジョッキ。

ぷっはー!サイコー!今頃、みなさん働いているのよね…ふふふ(これを実感したいだけの平日飲酒)。

IMG_1320

ベタと言われてもいい。まぐろが食べたい!

めくるめくメニューの中、私が選んだのは「三崎まぐろ三昧定食」(1680円)。やっぱり三崎に来たならこれでしょ!

IMG_1325

この惜しみないまぐろ量!

おお……エッジの効いた刺し身、香ばしいタタキ、ねっとりなめろう、ぷりっぷりの煮こごり、甘辛い皮煮、ごろごろと具が入ったまぐろ汁。たしかに尽くしてます。朝っぱらから申し訳ない! 

IMG_1321
IMG_1322

コロコロに切ってあり食べやすい。

友人Yは、「海鮮気まぐれ丼定食」(1480円)。まぐろ、地魚の漬け、湘南しらすという最強コラボ……きゃー、たまらん!

IMG_1330

さっきまで品川駅にいたのに海!

朝食に食べる量と内容ではないと思いつつも、あまりのおいしさに二人とも余裕で完食!窓の外に広がる海を眺めつつ、セルフのお茶でシメます。

IMG_1307

ちょっとだけ詳しくなった気分に。

市場の中には、三崎まぐろの立体模型図も。「ハチノミ」ってどこ…とボタンを押すと部位が光って教えてくれる! 

地元の魚と野菜がそろう
マルシェでお買いもの

IMG_1335

野菜もたくさんありますよ。

てくてく歩いて「うらりマルシェ」で腹ごなし。1階は三崎の魚、2階は野菜を売っています。

IMG_1339

あじ、一皿300円ですって!

まぐろの刺し身はもちろん、地元の新鮮な魚介がどっさり。しかも安いわ~。ああ、買って帰りたい! 

IMG_1349

見たことのないビジュアルのみりん干し。

まぐろの加工品もいろいろ。輪切りのテール(尻尾)のみりん干しって!

IMG_1351

めっちゃ長いのはズッキーニ。

2階は地物野菜が並びます。コリンキやパクチーなど、神奈川らしいおしゃれ野菜もいろいろ。

IMG_1353

道端で干される鮮魚の干物たち。

海底の魚がみられる半潜水式の水中観光船「にじいろおさかな号」に乗るも良しですが、私たちは周囲を散歩。知らない街をぶらぶら歩くのは楽し。

漁師の網本が営む定食屋で
絶品のあじと金目鯛を!

IMG_1384

のれんがTシャツだ!

バスに乗って、「三崎海岸」駅へ。ここから海沿いへ向かった先にあるのが、次のお目当て「漁火亭」です。

IMG_1366

座敷が完全に海の家。落ち着く!

網本の店主が営む定食屋さん。まるで海の家のような、リラックスした良い雰囲気~。地元のお客さんたちが続々と入ってきます。

IMG_1371

小さめサイズがちょうどいい。

友人Yは、神奈川と言えばの「あじフライ定食」(850円)一択!するとご覧ください、このかわいいサイズ…しかも、サクサクふわっふわ。うまい!

IMG_1373

実はコロッケとカレーも食べてみたい。

私は金目鯛の煮つけ定食。「一尾ずつ作るので、ちょっとお時間かかります」と言われつつ、ふとメニューを見ると素敵な文言が…。もちろん「サザエごはんにしてくださいっ」。

IMG_1381

都内だと倍額はしそうな大きさ!

ババーン!この立派な金目鯛定食が1200円。すばらしい。地物ならではの新鮮さで、脂ののった白身に甘辛いタレが良く合います。

IMG_1379

ちゃんと身も入ってます!

そして、サザエごはん。煮汁で炊きこんだごはんは、うまみたっぷり。+50円でこれを食べられるとは…。

IMG_1404

三崎駅売店では活さざえ販売中。

うーん、おいしかった。お腹パンパン。快適な京急にゆられ、のんびり帰宅してもまだ夕方。たまには、こんな休日もいいなあと思うご近所旅なのでした。

今回訪れたお店

〈三崎水産物地方卸売市場食堂〉
■神奈川県三浦市三崎5-245-7
■三浦市三崎水産物地方卸売市馬2F
■046-880-1620 水休
■6:00~17:00(土~19:00)、日5:00~19:00

〈漁火亭〉
■神奈川県三浦市南下浦町上宮田3348
■046-888-0117
■11:00~20:00 火休

※今回紹介した内容は取材時のもので現在は異なる場合があります。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR