1ee7d6e000e002549e66b1c5501c56e62

Tokyo女子と、やさしい刃物。 vol.3 ズボラな新婚妻を笑って許してくれるのは、夫ではなく、万能なキッチンバサミかもしれない。 Learn 2017.05.25

本誌で連載中の「Tokyo女子と、やさしい刃物。」
切れ味抜群の<貝印>ブランド刃物のすごいところを、誌面に書ききれなかったオススメポイント含め、7回にわたりご紹介します。

みなさんキッチンバサミ、使っていますか?
私はすごく好きです。

ひとり暮らしをしていた学生時代。
当時の私は、フライパンの中で材料を混ぜ、そのままフライパンを火にかけ、ホットケーキを作っていました。
洗いものを増やしたくないから……。

あのワンルームと、ちょっと焦げたホットケーキを思い出すたびに切ないですが、そんな私の“ズボラバイブス”がね。
キッチンバサミに共鳴するんです。

ea9bf08ee0e77f2f0b52394ca05c9b45

だいたいのことは笑って許してくれる夫ですが、たまに作るホットケーキくらい、きれいなものを食べさせてやりたい。
そんな想いからホットケーキの作り方は改めたものの、キッチンバサミは相変わらず、私の料理の良き相棒です。

キッチンバサミは、そう簡単にはやめられません。
だって、キッチンバサミは、私のズボラをしっかり受け止めるだけの、懐の深さを持っているアイテムなのです。

キッチンバサミのいいとこ① なんでも切れる。

なにはともあれ、これをご覧ください。

92d39ca4986568c91a2ce4d59440dffe

例えばこんなフルーツ。
球形。厚い皮。まあまあでかいサイズ。ぱっと見、はさみで切るのは難しそうな条件です。でも、

0a34562ff109a019bf9012ee95661c68

キッチンバサミはすっと入って、

431bfe75e0170039779c44ba98a07d62

さくっと切れる。

切ろうとしたことがないだけで、キッチンバサミで切れるものって実はたくさんあります。
ねぎ、トマト、レタス、ブロッコリー、パプリカ、チーズ、ピザ、バゲット、サンドイッチ、ステーキ、生のお肉、魚、ローストビーフ、タコ、カニ……。

まさに万能。

キッチンバサミのいいとこ② 洗い物が減る。

お皿の上や、それこそフライパンの上で材料を切ってしまえば、まな板を出す必要がなく、洗い物も減ります。

「今日は疲れた。だるいからベッドでゴロゴロしたいし、実際もうゴロゴロしちゃってるけど、お腹は空いたなあ。でも作るのもめんどうだし、もう近所の定食屋は閉まってるし。そもそも今から出かけるのは嫌だな。冷蔵庫になにがあったっけ? ニンニクの芽と豚肉か……あ、全部キッチンバサミで切って、そのままゴマ油で炒めちゃおうか。そしたら片付けも楽か。しゃあなし、起き上がろ」

と、キッチンバサミが私の料理する気分を後押ししてくれた瞬間が何度あったことか。
この気軽さがいい。正しいズボラです。

キッチンバサミのいいとこ③ よく切れるキッチンバサミは、気が利いてる!

そんな懐の深い相棒・キッチンバサミですが、中には切りながら「ほろろ……」と言いたくなるような、イマイチバサミが存在するのも事実です。

切ろうとすると食材が滑るわ、切れ味が悪いわ、ではかえってストレス。
よく切れるやつを選ぶことが大事なのです。

c7722b4853e29ecf49fa6ec1025d9bcc

例えば先ほどから登場している、このキッチンバサミ。
貝印の「料理家の逸品 カーブキッチンバサミ」(3,500円)です。

もっぱら、最近の私の相棒となっている、気の利いたやつ。

99718510ef3f959706daba8df7f8268c

ニヒルな笑みを浮かべているようなこのカーブ。
まるで「ズボラでいいんだよ」と言ってくれているようです。

実際にはこのカーブが、トマトなど球形の食材や、お肉などぬめりのある食材も逃さずに切れるようにサポートしてくれるのです。
刃渡りは約10センチと長めで、大きい食材もサクサク切れます。

41568b22b29c01e9e8adaeb21baaa79a

さらによく見ると、片方の刃には、細かいギザギザが。
刃のカーブと、このギザギザが、食材をがっちりホールド。

それだけ、いろいろなものを切れて、使い方の幅も広がるということです。

d2eb5ce54b0921b3424519db36af166e

ちなみにハサミの持ち手の形は、ハートマークを意識しているそうですよ。
言われるまで気づかないけど、言われるともうハートにしか見えない。

頼もしい切れ味ながら、キッチン雑貨としても愛せるデザインが気に入っています。

キッチンバサミのいいとこ④ いろんなシーンで使える!

c6f4801da599c5388acab0ec00360769

デザインが可愛いから、例えばちょっとしたパーティーや、ピクニックでも大活躍です。

皆でワイワイと食べているときに、チーズやピザなんかをちょっと切り分けたいというシーン、あるじゃないですか。

そこでいきなり、黒光りする包丁を取り出したりすると「私って気合い入れすぎ…?」と我に返り、かつ周りも「いいよいいよそんな気遣わなくて」「今日は〇〇さんが幹事なんだから!」「ほら後輩ちゃん、あなたがやりなよ」「すいません、気が利かなくって!」とあわあわする情景が目に浮かびます。

でもハサミならOK。場の雰囲気を壊さない温度感を保ちつつ、さりげなく皆が食べやすいような配慮ができるという。

hasami

ちなみに、より持ち運びに適した、手のひらサイズの「料理家の逸品 ハンディスニップバサミ」(2,500円)も、ちゃんとご用意あります。

どこまでも気が利いてる。
キッチンバサミ、やっぱり好きだ!

問い合わせ先〈貝印〉お客様相談室(0120-016-410) http://www.kai-group.com

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR