2回家を買ってフルリノベしました! ついに手に入れた理想のキッチンとは LEARN 2024.06.11

神奈川県内でフルリノベーションした築28年のマンションにお住まいのフリーアナウンサーの和田早矢さん。2度目の経験で叶えた理想の台所が自慢のお家を紹介します。

ミッドセンチュリーに彩られた理想の台所

対面式のキッチンから見たリビング。モダンアートとグリーンのディスプレイが映える。横浜の高層ホテルや富士山が見える、ベランダからの眺望もお気に入り。
対面式のキッチンから見たリビング。モダンアートとグリーンのディスプレイが映える。横浜の高層ホテルや富士山が見える、ベランダからの眺望もお気に入り。

2度目となるフルリノベーションの物件で暮らす、フリーアナウンサーの和田早矢さん。1度目に手がけたマンションは、既存の間取りをすべて取り去り、広さを重視した空間を実現した。今回、新たに選んだマンションで、第一に考えたのが対面式のキッチンを造ること。

今回のフルリノベーションで一番のお気に入りが、グレーの壁とウッドリブパネルの仕切りに囲まれたキッチン。ミッドセンチュリーモダンに囲まれた空間を実現した。
今回のフルリノベーションで一番のお気に入りが、グレーの壁とウッドリブパネルの仕切りに囲まれたキッチン。ミッドセンチュリーモダンに囲まれた空間を実現した。

「前の家では壁付けキッチンでした。壁側を向いて料理や洗い物をしていたのですが、リビングで過ごす家族を見渡せるスペースに変更したくて」

おたま、フライ返しなど、よく使う調理道具は吊るして収納。
おたま、フライ返しなど、よく使う調理道具は吊るして収納。
キッチンの背面の壁には、見せることを意識した、黒で統一した家電、気に入ったデザインや色の器を並べる棚を設置。
キッチンの背面の壁には、見せることを意識した、黒で統一した家電、気に入ったデザインや色の器を並べる棚を設置。

動き回れる広さは確保して、リビングと向き合うレイアウトのキッチンを設置した。また、リビングにいても、キッチンに目がいくことが実は多い。それならば、自分好みのテイストでまとめたいと思い、ミッドセンチュリーモダンを採用した。

「壁の色は大好きなグレーを選び、アクセントになる照明やビビッドカラーの器を差し色に取り入れて棚にディスプレイしたり。最もこだわったのが、対面式キッチンカウンターのウッドリブパネル。落ち着いた色合いに仕上げたくて、塗装剤に至るまで妥協しませんでした。カウンターの足元にあしらった真鍮素材もお気に入りポイントです」

鮮やかな色彩の〈オリガミ〉のドリッパーは夫婦で、〈コマンダンテ〉のコーヒーミルはデザイン性と使いやすさから和田さんの夫がセレクト。
鮮やかな色彩の〈オリガミ〉のドリッパーは夫婦で、〈コマンダンテ〉のコーヒーミルはデザイン性と使いやすさから和田さんの夫がセレクト。

赤色のコーヒードリッパーをはじめ、リビングのソファに置いたマルチカバーやクッション、壁に飾ったモダンアートなど、以前の暮らしに比べて彩りも加わった。

書斎と廊下の間にガラスを入れ、空間に広がりを持たせた。
書斎と廊下の間にガラスを入れ、空間に広がりを持たせた。

「書斎の壁、本棚、デスクなどは、あえて白一色に。色を塗っていない壁も一面だけ残してあるんです。先々の気分で壁の色を替える楽しみを残した、余白のようなスペースですね」

photo_MEGUMI text_Yumiko Ikeda

Videos

Pick Up