オンラインサービス「わたし漢方」に学ぶ健康法|「ハナコラボトーーク!」第11回
オンラインサービス「わたし漢方」に学ぶ健康法|「ハナコラボトーーク!」第11回

参加者には豪華プレゼントつき! オンラインサービス「わたし漢方」に学ぶ健康法|「ハナコラボトーーク!」第11回 Learn 2023.01.17

ハナコラボ パートナー同士の交流をさらに深めるべく、2022年からスタートした定期オンラインイベント「ハナコラボトーーク!」。第11回は、「わたし漢方」代表の丸山優菜さんと、薬剤師・漢方アドバイザーの吉沼枝里子さんがクロストークに登場。当日の模様をレポートします。

まずは、参加者全員で乾杯!

オンラインサービス「わたし漢方」に学ぶ健康法|「ハナコラボトーーク!」第11回

今回も忙しい合間をぬって集まってくれたハナコラボ パートナー。ハナコラボ プロデューサー・土屋志織の進行のもと、ハナコラボ パートナーは自宅やオフィスからオンラインで参加しました。

オンラインサービス「わたし漢方」の丸山優菜さん&吉沼枝里子さんに、漢方について聞いてみた!

漢方薬は最短で翌日発送。
漢方薬は最短で翌日発送。

「わたし漢方」とは、薬剤師とLINE上で相談して、一人一人の体質にあった漢方薬を配送してもらえるオンラインの漢方サービス。肌荒れや冷え性、ダイエット、アレルギー、女性特有のお悩みまで、ありとあらゆる症状をLINEのチャット形式で無料相談することができます。今回は、代表の丸山優菜さんと、薬剤師・漢方アドバイザーの吉沼枝里子さんをお招きし、気になる漢方について話を伺いました。

Q.そもそも漢方とは何なのか?
「『わたし漢方』でお伝えしているのは、“健康法のひとつ”。漢方には食事や生活習慣など、様々な健康法が含まれており、中でも“漢方薬”が一般的に知られているかと思います。生活習慣や食事に補うのがサプリだとしたら、漢方は根本的な症状や悩みを治すものです」(丸山さん)。

Q.なぜいま漢方が注目されているのか?
「新型コロナウイルスをきっかけに、少しずつ健康に対する見方が変わってきているのかもしれません。特に『パフォーマンスを最大限に発揮したい』という理由で、漢方を取り入れている方は多いです」(吉沼さん)。

Q.一度診断した体質が変わることはあるのか?
「あります!いま悩んでいることは改善されたけど、次はこれが気になるとか…何かしら隠れている状態ですね。また、春夏秋冬によって体質の上位が変わることも。都度、診断していただいて、バランスをとることが大切です」(吉沼さん)。

おいしくて、体調も整う「漢方スパイスカレーキット」

「漢方スパイスカレーキット」全5種 550円(2〜3人前)。
「漢方スパイスカレーキット」全5種 550円(2〜3人前)。

参加者へのお土産は、「わたし漢方」がスパイス料理研究家の印度カリー子さんとコラボレーションした「漢方スパイスカレーキット」。事前にホームページでできる無料診断をしてもらい、「水滞タイプ」「気虚タイプ」「気滞タイプ」「血虚タイプ」「瘀血タイプ」の全5タイプから体質に合った種類のカレーをプレゼント。それぞれの体質を補う食材が入っているため、楽しく料理して、食事をとりながら体質改善ができます。参加者で1番多かったのは、体内の血が足りていない血虚タイプ。鉄分が含まれている牛肉やほうれん草がメインの「潤う!牛肉とほうれん草のカレー」がぴったりだとか。

普段から漢方を取り入れている人も、興味はあるけど飲んだことのない人も、お二人の話に釘付け!冷えやむくみなど、個人的な悩みについて相談している人もいました。「普段は食べ物で体調を整えているけど、今後は漢方もいいかも」「自分の体質をより良く改善していくためにも、まずは診断してもらおうと思った」など、早速、漢方を取り入れようとしている人が多数でした。

「わたし漢方」
公式サイトはこちら
インスタグラムはこちら

第11回「ハナコラボトーーク!」も、無事終了

グループ分けできるZoomの機能「ブレイクアウトルーム」でトークする時間も盛り上がり、あっという間の1時間半。次回もお楽しみに。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR