店内風景。惣菜パンも菓子パンもフランスパンも。近所にあったら、小腹が空くたび駆け込んでしまいそう。
店内風景。惣菜パンも菓子パンもフランスパンも。近所にあったら、小腹が空くたび駆け込んでしまいそう。

国分寺エリアの住宅街に潜む〈torpet〉&〈Le fournil 木もれび〉/池田浩明のまだ見ぬパン屋さんへ。 Learn 2022.12.13

パンラボ・池田浩明さんによる、Hanako本誌連載「まだ見ぬパン屋さんへ。」からお届け。今回は、殿ヶ谷戸庭園に玉川上水と、武蔵野の自然を残す国分寺エリアが舞台。晩秋の風景の中で食べるパンはますますおいしい。散歩の途中に、住宅街に潜むパン屋さんに寄るのはいかが?

1. 〈torpet〉自然豊かな日本の北欧で、本格的フィーカを!

カルダモンロール330円。細長く切った生地を巻いて作るスウェーデンの伝統的な形。カルダモンシュガーが妖しい香り。金沢の〈townsfolk coffee〉の豆を使ったカフェラテと。
カルダモンロール330円。細長く切った生地を巻いて作るスウェーデンの伝統的な形。カルダモンシュガーが妖しい香り。金沢の〈townsfolk coffee〉の豆を使ったカフェラテと。

〈torpet〉とはスウェーデン語で「サマーハウス」を意味する。北欧の短くも楽しい夏休みを、武蔵野の自然が残る、鷹の台の町に重ね合わせたのだ。
オーナーの小原愛(こはらあい)さんが、スウェーデンに留学していたとき出会ったFIKA(フィーカ)という習慣。コーヒーとスイーツを楽しみながら語らう時間のことだ。どこのカフェにも、コーヒーのお供として、おいしいシナモンロールやカルダモンロールが置かれていた。

パンを焼くのは、シナモンロールの本場スウェーデンから来たアダム・フェルトさん。
パンを焼くのは、シナモンロールの本場スウェーデンから来たアダム・フェルトさん。
バナナケーキ380円。
バナナケーキ380円。

小原さんが〈torpet〉を立ち上げたのは、留学時代の友人、アダム・フェルトさんと日本で再会したのがきっかけ。
「『スウェーデンらしい味のパンを食べたいね』と言い合っていて、『だったら作ればいい』と。現地のようなパン屋さんをやりたかったんです」
パンを作るのは、フェルトさん。つまり、スウェーデン人が作る本物のシナモンロールというわけだ。シナモンロールもカルダモンロールも、スウェーデン流に成形。細長く切った生地を糸玉のように巻いて作り上げる。これが、民芸品のような形のかわいさもさることながら、重層的なカリカリ感やエアリーさにつながるのだ。滲みだすバターの風味と、たっぷりのシナモンやカルダモンといったスパイスが重なると、幻惑的な時がやってくる。

焼菓子もスウェーデン風。右から、ジャムクッキー300円、コーラスニッター300円、ドロンマル300円。
焼菓子もスウェーデン風。右から、ジャムクッキー300円、コーラスニッター300円、ドロンマル300円。

光あふれる大きな窓ガラスと、コンクリート打ちっぱなしの床、木のカウンターというシンプルな内装。パンをほおばって、コーヒーを一口含めば、スウェーデンのさわやかな夏が目に浮かぶよう。

〈torpet〉について

_MG_1873

〈torpet〉
住所:東京都小平市たかの台38-5 1F │地図
営業時間:9:00〜18:00(土日祝〜17:00)
定休日:水曜
席数:3席
スウェーデンさながらのベーカリーカフェ。シナモンロールなどスウェーデンのパンとコーヒー。

2. 〈Le fournil 木もれび〉懐かしいパンの、地域密着型のお店。

惣菜パン。左上から時計回りに、ポテトとオニオン238円、もち麦チーズ356円、レンコンのタルティーヌ356円。
惣菜パン。左上から時計回りに、ポテトとオニオン238円、もち麦チーズ356円、レンコンのタルティーヌ356円。

パンの名店は、駅から少し歩いた住宅街に潜んでいるものだ。〈Le fournil 木もれび〉もそんな一軒。
店名に「ルフォーニル」(=村の共同窯)と冠したのは、近所の人たちが集まるあたたかな場所にしたいと考えたから。

店内風景。惣菜パンも菓子パンもフランスパンも。近所にあったら、小腹が空くたび駆け込んでしまいそう。
店内風景。惣菜パンも菓子パンもフランスパンも。近所にあったら、小腹が空くたび駆け込んでしまいそう。

おやつや昼ごはんに重宝する日常のパンが並ぶ。一見普通のパンに見えるが、店主の田中浩一(たなかこういち)さんの腕と素材のよさが活きている。
たとえばクリームパン。毎日食べることを考えて、甘さは少し控えめ。でも、北海道産小麦を使用した生地が放つ風味がコクとなり、カスタードがとてもおいしく感じられるのだ。

自家製カレーパン248円。6種のスパイスを調合した自家製キーマカレー入り。太白胡麻油をかけて揚げ焼きしたかりかりの衣。味の決め手はオニオンスライス。
自家製カレーパン248円。6種のスパイスを調合した自家製キーマカレー入り。太白胡麻油をかけて揚げ焼きしたかりかりの衣。味の決め手はオニオンスライス。

そんなふうに、どのパンも味付けが控えめに感じられるのだが、噛めば噛むほど味わいが湧いてきて、生地のおいしさを味わうには、この量でちょうどいいんだとわかる。

_MG_1982

毎日通いたい理由はパンだけじゃない。妻・麻里さんの笑顔が明るい。つられるように、スタッフのみなさんも楽しそう。
「オープンした当時はお客さんも少なく暇だったので、常連さんと何時間も話すこともありました(笑)」と麻里さん。パンも雰囲気もあたたか。まさに、国分寺のフォーニルだ。

〈Le fournil 木もれび〉について

_MG_1991

〈Le fournil 木もれび〉
住所:東京都国分寺市本多5-22-6 APセダン 1F│地図
TEL:042-325-7569
営業時間:8:00〜18:00
定休日:月、火曜
国分寺の住宅街に潜む名店。食パンなど日常のパン、クリームパンなど懐かしいパンも丁寧に。

Navigator…池田浩明(いけだ・ひろあき)

「パンラボ」を主宰しながら、ブレッドギークとして、日本全国のパン屋さんを巡り情報を発信する。いち早く国産小麦にも注目し、日本のパンの未来をみつめる。

■パンラボblog:panlabo.jugem.jp

(Hanako1215号掲載/photo:Kenya Abe text:Hiroaki Ikeda)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR