DSC01958

前田有紀の『週末・気分転〈花〉』 「秋をお花ではじめよう」。フラワーアーティスト・前田有紀さんが選ぶ、秋におすすめの花たち。 Learn 2022.09.05

10年のアナウンサー生活を経て、フラワーアーティストとして活躍する前田有紀さん。そんな彼女が世の頑張る女子の気分転換になるようなフラワーライフのアイデアを紹介してくれる連載。今回は、秋のはじまりにおすすめしたいお花お話です。

暑い日が続いていますが、暦の二十四節気の「処暑」を過ぎました。暑さが一段落し、朝晩は涼しさのある風が吹き始めるころ。まだまだ外にいて「涼しい」と実感できる日は少ないですが、朝早く起きた時にまだ外が薄暗かったり、虫の音色が聞こえるようになったり、日々のふとした瞬間に「ちょっと秋っぽい!」と気配を感じることが増えてきましたね。

DSC01958

お花の世界でもぐっと秋めいた色味のお花が出回る頃。まだまだ暑い日も多く、引き続きお花が日持ちしにくくて、自宅で花を飾るのは難しいと感じている方も多いかもしれませんが、色味から秋を始めるのもいいかもしれません。今週は「秋の始まりにおすすめのお花」をご紹介します。

秋のはじまりにおすすめのお花その1「オンシジューム」

DSC01968
DSC01969

世界に400種類あると言われるラン科のオンシジューム。シックなボルドーカラーの”オドントシジウム”は、秋らしさを楽しめて一輪で飾っても絵になるお花です。ひらひらと花が踊っているような容姿で、近くでじっくり眺めるのも楽しい見応えのあるお花です。流れるようなアーチをいかして、一輪で楽しむのもおすすめです。ランというと一般的にはお祝い花に使われていて敷居の高いイメージもありますが、オンシジウムは気軽に取り入れやすいランです。日常的に楽しんでくださいね。暑い夏場から秋にかけて、長く綺麗に咲き続けてくれるのでコストパフォーマンスもいいお花ですよ!

秋のはじまりにおすすめのお花その2「ダリア」

DSC01970
DSC01971

秋の訪れとともにさまざまなお花が出回る中で、やっぱり外せないのは秋のお花の定番「ダリア」。今回は、深みのある赤が綺麗な「ガーネット」を飾ってみました。赤、ピンク、オレンジ…色もカラフルに揃うだけでなく、幅広い花びらの万重咲き。縦に細く巻くようなカクタス咲き、丸く可愛らしいポンポン咲きなど、大きさや咲き方が選べるのも魅力。この「ガーネット」は、「セミカクタス咲き」だそうです。存在感があるお花なので、1輪で飾っても空間がパッと華やぎます。お気に入りの花瓶にすっと生けて、秋の雰囲気を堪能しましょう!

秋のはじまりにおすすめのお花その3「リコリス」

DSC01974
DSC01975

「リコリス」自体の名前に馴染みがなくても、涼しい風が吹き始める頃、田んぼのあぜ道や道端やお寺で、彼岸花を見かけることがある、という方はとても多いと思います。そんなヒガンハナ科のリコリスは、日本の本州を中心に生息している球根花。花の日持ちがよくて、長く楽しむことのできるお花の一つです。二、三輪で飾るだけでも空間を作ることができるので、この秋にぜひ楽しんでもらいたいです!

秋のはじまりにオススメのお花その4「グラジオラス」

DSC01972
DSC01973

真夏の太陽のもとでのびのびと咲いていくまっすぐな花姿が、力強い印象のグラジオラスはアヤメ科のお花。秋の深まる10月ごろまでお花の季節が続きます。中でも「バンビーノミッシェル」はおすすめの品種で、テラコッタカラーが秋の風景に映えて美しいお花です。蕾のときには想像もつかないほどの大きなお花が立体的に下から咲いていくので、お部屋に一輪で飾っても、ぐっと秋らしく華やかになりそうです。

ということで、まだまだ暑くても楽しめるような秋にオススメをご紹介してきましたが、楽しめましたか?この季節のお花シリーズは、また秋が深まった頃に企画できたらと思います。

DSC01722
DSC01724
DSC01726

さて、8月もおしまいですが、みなさんはどんな夏の思い出がありますか?我が家は遠出はしていませんが、週末は少し多めにお休みをとって、たくさんの自然スポットを訪れて、中でも、栃木県アートビオトープ那須という施設内にある「水庭(みずにわ)」というアートを見に生けたのが嬉しかったです。

自然の風景の中でもススキが咲き始めていて、秋の風情を感じることができました。お花を飾ったり、自然スポットに出かけて、たくさんのインプットを積み重ねられた夏でした。今年の後半戦も息抜きを忘れずに楽しんでお仕事をしていこうと思います。みなさんの秋のスタートがよりよいものになりますように!

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR