【番外編】沖縄バーホッピング3選

BARをもっと、カジュアルに。 【番外編】沖縄バーホッピング3選〜児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」〜 Learn 2022.07.11

お酒業界での広報歴12年!児島麻理子が、実力派のバーテンダーをご紹介します。第46回目は番外編の第3弾!旅先でのバーの楽しみをお届けします。今回は、いまバー業界で注目のエリアとなっている沖縄!東京の人気店舗の進出や、泡盛メーカーのラムやジンのプロデュースなど、お酒のトピックが脚光を浴びています。海やホテルステイだけではもったいない、沖縄のバーホッピングを紹介します。

1軒目は…〈El Lequio(エルレキオ)〉

【番外編】沖縄バーホッピング3選

バーテンダー・杉浦 聡さん
■バーテンダー歴:13年
■生年月日:1989年6月30日
■星座:蟹座
■血液型:B型
■趣味:アニメ、映画鑑賞。おすすめのアニメは『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』と『BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)』。
■個人的おすすめ店:那覇の沖縄そば〈すぅ〜ぎぃ〜じぃ〉。麺は3日以上寝かせた熟成麺にわさびを合わせて。店員さんを呼ぶときに、お客さんが三味線を鳴らすのも面白いんです。あとはステーキの〈ジャッキー ステーキハウス〉。昔のアメリカにタイムスリップした気分になります。

大航海時代に到来したスペイン人とポルトガル人が“レキオ”と呼んでいた琉球王国。その名を冠したバー〈エルレキオ〉を今年オープンしたのが、世界のバーランキングで常に上位にあがる〈SG Group〉です。テーマは沖縄と南米の繋がり。33年続いた老舗バーボンバーを引き継いで、ラテンと沖縄らしさを感じる空間にリニューアルしました。沖縄のミックスカルチャーを感じる唯一無二の空間から、バーホッピングをスタート!

【番外編】沖縄バーホッピング3選

Q.どんなカクテルがありますか?

杉浦さん「メニューブックには、ラテン生まれのお酒に沖縄素材を足してアレンジした『Nikkei Latino(日系ラティーノ)』や、沖縄の歴史や素材、地元企業からインスパイアされて作った『Ryukyu-Inspired(琉球インスパイヤード)』のページがあります。『首里とペリー』は琉球時代に沖縄に訪れたペリーと王朝とのストーリーから生まれたカクテルです。また、僕の好きなお店で那覇にピザの『バカール』がありますが、カクテルに『これは、バカールのマルゲリータですか?いいえ、これはバカルディのマルガリータです』という名前のピザの要素を再構築したものもあるんですよ。地元で愛されているお店をメニューで紹介することで、地元の人も楽しんでもらったり、また観光で来た人がお店を知るきっかけにもなったらと思っています。沖縄方言を使った『ヤッケー ヒージャー パワー』というカクテルもあって、これは沖縄の人に必ずウケるのですが、理由は沖縄で聞いてみてください」。

Q.沖縄でバーテンダーをするおもしろさはなんですか?

杉浦さん「沖縄は生産者さんと距離が近いです。泡盛の蒸溜所も街中にあるようなところもあって、いろんなことがすぐに進めやすい。お店を一緒に盛り上げているイメージがあるんですよね。あと、道端にもフーチバーとか月桃など使えるものがたくさんありますよ。先日は林を探索していてカラキという沖縄シナモンを見つけました。こういう素材は意外と沖縄でも知られていなかったりするのですが、沖縄はいい素材に溢れています。こうしたものを使うと勝手にオリジナリティがでてくるんですよね」。

Q.これからの目標を教えてください。

杉浦さん「これまで東京、上海とバーテンダーを経験してきました。アメリカにいたこともあり、他の国の文化や言葉を覚えるのも好きなので、いろんな土地を経験したいと思っています。沖縄も独特の文化があるので面白いですね。ぜひこのバーを目指して、国内外から沖縄に来てもらえるようにしたいなと思っています。世界のバーランキングである『Best Bar 50』では、リゾート地で入っているところは実はないんです。沖縄をランクインさせて、バー業界に影響が与えられたらいいなと思っています」。

次は、沖縄のバーシーンを引っ張ってきた評判のミクソロジーバーへ。

沖縄の「タイムレス チョコレート」とコラボした「時代を超越したモヒート」1,500円。下にひかれたのはカカオの木の葉。
沖縄の「タイムレス チョコレート」とコラボした「時代を超越したモヒート」1,500円。下にひかれたのはカカオの木の葉。
所々に沖縄らしいモチーフも。個室に置かれたのは店舗オリジナルで作成したシーサー。
所々に沖縄らしいモチーフも。個室に置かれたのは店舗オリジナルで作成したシーサー。
沖縄のパナマハットブランド「ファットハッター」はスタッフのユニフォーム。店舗で販売もされている。
沖縄のパナマハットブランド「ファットハッター」はスタッフのユニフォーム。店舗で販売もされている。

杉浦さんのいるバーはここ

【番外編】沖縄バーホッピング3選

50mの長いカウンターは沖縄でも随一。バックバーにはステンドグラスで彩られ、ラテンらしい明るい雰囲気を作り出している。ラウンジスペースの個室には、併設された小さなバースペースもあり、以前あったバーから引き継いだヴィンテージのバーボンが並ぶ。気軽に立ち寄れるスタンディングスペースも。

■沖縄県那覇市安里1-3-3 安里家ビル 1F
■098-975-9674
■19:00〜翌2:00
■月休

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR