unnamed-file

編集Tが通う、心やすまるカフェ&喫茶店。「渋カフェ」その19 出会いを重ね、会社から独立して編集者が作った新しい形のブックカフェ、表参道〈HADEN BOOKS:〉。 Learn 2018.02.28

Hanakoスイーツ担当が、よく訪れるカフェ&喫茶店をご紹介しています。レトロなテーブル、懐かしくてかわいいメニュー。不思議と落ち着く「渋カフェ」。お茶をいただきながら、その店それぞれのストーリーを。前回の千歳烏山〈喫茶宝石箱〉はコチラ。連載トップはコチラ。19回目は出版社を経て編集者が始めたブックカフェ〈HADEN BOOKS:〉。

851CABC2-CE7D-44BF-8F7D-321242D53EC4

今回の渋カフェは表参道の〈HADEN BOOKS:〉。根津美術館の近所にあるブックカフェです。大きな窓。気持ちいい空間。

E7942133-B3D6-4740-9693-308FD1D47CDC

お店をやっている林下英治(はやしたえいじ)さんは、以前もブックカフェで働いていました。その店は出版社の直営で、文筆家・喫茶写真家の川口葉子さんの著書『東京カフェ散歩』にも登場する人気店です。下の写真がそのカフェ。

IMG_8108

林下さんが現在の〈HADEN BOOKS:〉を開くまでには、いくつかの出会いがありました。話は林下さんの学生時代まで遡ります。

D420A0F6-3AAC-4457-8AC1-50B70FCDC8E1
A19F4159-DC05-40B7-B133-4A6A739BB891

入ってすぐのブックコーナー。個性あふれる雑誌や書籍は、「この場所を通じて作家や編集者本人と出会っていくなかで、自然と集まって出来たラインナップなんですよ」

林下さんの実家は地方にある本屋さんでした。高校の頃は雑誌を読みこんで東京の街に憧れていました。しかし、大学に入って実際に歩いた東京は少し印象が違ったと言います。「雑誌で見たのは、作り手の目を通して編集された街だったんです。あるがままもいいけど、編集されてより輝いた世界に、俄然興味がわきました」

そんなある日、林下さんは、ファッション誌のレポーターの募集告知を見かけます。即座に応募し、熱意がほとばしる書面は難関を突破。当時の副編集長から電話がかかってくるまで、そう時間はかかりませんでした。「一度編集部に遊びに来てみる?」。気がつけば、読者ライターとしての生活が始まり、大学に行きながら誌面に登場したり、憧れの現場に立っていたそう。

E8CD774F-4C64-4CDC-85A4-2D297D3B0241

チクタクと心地良い音を立てるアンティークの目覚まし時計。

その頃同時に、築地にあるアートスクールに通い、著名人のレクチャーに聞き入ったことも。やがて就職活動を始め、出版社に入社したのは自然な流れでした。

153C3CCB-E4F9-43EB-B18F-354ABBE8713D
65E08C16-89EC-447A-9E29-0C4013193131

アンティークの家具やピアノがかわいい店内。ピアノの鍵盤をかたどった「ジャズ羊羹」はSNSでも大人気。650円焼き菓子付き。

出版社時代の林下さんは、営業をしながら編集をしたり、他のスタッフと同様、複合的に動いていたそうです。熊本の書店の店主と知り合ったのも、そのとき。

DB6E5276-D83C-4367-9C42-A14FD6B880A2

熊本〈橙書店〉の田尻久子さんが編集するリトルプレス『アルテリ』。〈HADEN BOOKS:〉の店頭に並ぶ本からは、林下さんの出版物への愛情が伝わってきます。

熱意あふれる林下さんは、出版社の社長にも一目置かれ、編集だけでなく様々な仕事を任されます。「そのときの会社のモットーが『人と旅』だったんです。それがどの仕事にもつながっていたし、自由な誌面作りの姿勢は、今も影響を受けています」

やがて社の引越しに伴い、物件探しやインテリアを一任された林下さん。新設されたブックカフェの店長になったことが、今へとつながっていきます。

8087E1C5-37F7-43E6-B6E2-5D77BBAE16C8

「店長と言っても最初はマネージメントが中心で。現場は書店コーナーに2名、カフェに2名のスタッフがいて。会社の方針を彼らに伝えて管理するのが仕事。でも、あれこれ指示をしていたある日、『現場を知らない人に言われても響かない』とスタッフから言われて」

「それからは希望を出して店頭に立ち、コーヒーを淹れたり、一緒に店で働き始めました。もともとカフェをやりたいと思っていたわけじゃなかったけど。本を選んだり、お茶を出したり、イベントを開催したり、気づいたら雑誌を編集するのと同じようにカフェをやっていましたね」

9CB14B55-8017-44D4-AB68-53089A6078A5
BC750E2E-4D73-443A-8600-3659ED424F91

コーヒーは、オリジナルブレンドを〈堀口珈琲〉から。フレーバーコーヒーを〈BROWN’S Cafe & Beans〉から。ミントチョコレートのようなフレイバーコーヒーは700円。テイクアウトの豆も販売。

ブックカフェの楽しさに目覚めた林下さん。やがて時代の流れと共に独立したいと思うようになります。「表参道・青山エリアで場所を構えたいと考えはじめたそのタイミングで、偶然今の大家さんと出会って」

「自分は人に恵まれているとよく言われます。学生時代にライターをしたファッション誌の副編集長、出版社時代の社長、そして今の大家さん。他にもたくさん」

「あなたなら大丈夫! ウチに空いてるスペースがあるんだけど」。初めて会ったばかりの大家さんと会話が盛り上がり、力量を見込まれた林下さん。そして2013年、現在の〈HADEN BOOKS:〉がオープンします。出会いから、半年後のことでした。

908E25C3-DD6B-41AE-AC5E-76576C85DDEB
32532183-1DC0-4B53-9BC5-6DF3A9A0E1A2

上の写真は、2018年2月24日〜3月11日に写真展が開催されるチェリスト・作曲家の溝口肇さんの写真集。期間中にはトークセッションや演奏会も(要予約、別途入場料あり)。人気のジャズ羊羹は、大分県湯布院〈じゃずとようかん 湯布院本店〉から。店主が、林下さんが好きな向田邦子さんのエッセイをヒントに考案したものだそう。ジャズ羊羹・クラシック(化粧箱入り)2000円。

今も日々出会いがあふれる編み上げられた場は、カフェでもあり書店でもあり、ギャラリーでもあり、イベントスペースでもあり。まさに一つの雑誌のよう。「いまも飲食店をやってる感覚は無くて。来た人がどんな場なのかを感じてくれたら、それでいいかなと思って」

IMG_8087

表参道から少し裏に入った路地という場所も気にいっているそう。「街がどう変わっていくか。これからの東京が楽しみです」

林下さんは、昔、東京に憧れていた少年のまま、今日もカフェという場所で、新しいページを生み出そうとしています。もしかしたら、カフェを開きたい人は相談に乗ってもらえるかもしれません。たとえそれが辛口の言葉でもそうでなくても、一歩前進。それは既に新しい出会いだから。

4B30674F-E26E-4A33-9966-8F63E883756F

〈音と言葉 “ヘイデンブックス”
HADEN BOOKS:by Green Land〉
◼︎東京都港区南青山4-25-10 南青山グリーンランドビル
◼︎03-6418-5410
◼︎11:00〜20:00
◼︎月曜お休み
◼︎14席
◼︎禁煙
◼︎www.hadenbooks.com

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR