f6aaeffeefd9ab90049fe18c82002145

ハナコラボ日記/本山順子の東京さんぽ道 第7回 短時間でも大満足!神田散歩 LEARN 2018.02.25

第7回目の「東京散歩」は以前からよく訪れる大好きな街、神田をお散歩。オフィスビルが立ち並ぶ神田ですが、一本脇道に入ると懐かしい町並み、老舗の店もずらり。私は秋葉原→神田→御茶ノ水→神保町とぐるりと回るお散歩をよくするのですが、今回は神田のみに絞ってお昼下りのご飯から3時のおやつまで、さらっと楽しめるお散歩をご紹介していこうと思います♪

千代田線の新御茶ノ水駅を降りて神田散歩はスタートです。お昼時前に着いたなら、ふらりと神田明神にお参りするのもいいかもしれませんね♪駅を降りて少し歩くと見えてくるがニコライ堂。

31e010ea77d697ed6c0c3a9fb6841664

高層ビルとニコライ堂のコントラストが不思議な感じがしてとても好きなんですよね~!

09bbc67ecb3712daf0966a96c43dfd95

「ニコライ堂」は通称で、正式名称は東京復活大聖堂なんですって。知りませんでした。(笑)。以前訪れた時はたまたま公祈祷(礼拝)が行われていたのでお邪魔させていただきました。公祈祷の時間外にも聖堂の見学ができます。白壁に金の装飾がとても素敵ですよ~!

fccbd6a92ff21d1c42d976f5540078eb1

ニコライ堂の前に置かれていた石のベンチの脚がライオンになっていました!よく見ると羽が生えています。守護神的ななにかなのでしょうか?ニコニコしていてとっても可愛い!

f619f8c20d32bc53c8cbe1af6aee5415

次の目的地へてくてく歩いていると梅の花が!オフィス街というのもあってなのか風がとっても冷たくて寒かったのですが、小さな春の訪れを感じて暖かい気持ちに♪春はもう目の前ですね!てくてくお散歩は続きます。

2328bc9cdd65dcead29a0e12954b6679

明治から続く老舗「ぼたん」の看板。ここの鳥すきやきが本当に美味しいんですよねー!文明開化の味がします!*でも鳥すきはまた今度!

7d6fc96bccca94e5025310f044ae390a

神田散歩の好きなところは突然に素敵な建物が目の前に出てくるところ。戦火を免れたエリアならではなのではないでしょうか?うーん!建物好きにはたまりませんねぇ。

ab6488025278a33feae2ab79fff886b6

そして、訪れたのが「かんだやぶそば」。お蕎麦が食べたい!っと思い立って神田に訪れても「神田まつや」も「かんだやぶそば」も大行列でいつも泣く泣く諦めていたのですが、今日は念願の神田でお蕎麦!ばびゅーんっと店内へ。

63dbf4494ae580783e213894227e2c55

浮き足立ち過ぎてすっかり店内の写真を撮り忘れてしまったのですが…出されたおしぼりがとてもキュート。火災に遭われてからの新しい店内もとても落ち着くあたたかい空間です。私が驚いたのが、花番さんが板場へ注文を伝える際に和歌や詩吟を詠むような独特の節回し!それがなんとも風流で粋なんです!「花番の通し言葉」っていうんですって。素敵だなぁ~♪

d50b15e8ec57ecd70f4797cd6331c2a8

初めてだったので”せいろうそば”にしようか迷いに迷って結局、私は季節限定の”牡蠣そば”にしました!そば粉10に対し小麦粉1、9割そばよりもつなぎの割合が多い「外一」という打ち方をしているのだそう。そば粉の割合が高い蕎麦は個人的にはもろもろしていて苦手かも~っと思っていたのですが細めでコシがあって、つるんっ!といただけます。そばゆはサラリとしていて冷えた身体に染み渡り芯からぽっかぽかに♪「ありがとう存じます~」の声に見送られ、初めての「かんだやぶそば」大満足でした!ご馳走様でーす!

f35ab3dd05d0f2965e4da55a877088f7

食後の後のティータイムは神田に来たら必ず立ち寄ってしまう「近江屋」へ♪

9b6183b1e95e4e48e46a0e35171e8577

ケーキの種類がたっくさんあって迷ってしまいますね~。どれにしようかな……。

054fe59b1adbb9dede746a612489e4be

っと結局見た目の可愛さから選んでしまうのは”苺ショートサンド”と”苺ショートケーキになってしまいます。(笑)。お味も見た目の可愛らしさに負けない美味しさです♪ドリンクバーを頼むと付いてくるカップもたまらなくキュート!!食べてしまって写真では跡形もなくなくなってしまっているのですが、シュークリームも口に入れた瞬間にご機嫌になってしまう美味しさ!

712f85efb60d8462845aabfc54ad89d0

もーう。「近江屋」は何もかもがツボで困ってしまいます。青い天井も不思議な形の照明も、ショーケースに並ぶケーキもアイスも。お店へひとたび足を踏みいれると異空間に迷い込んでしまったかのような気持ちになるんです。タイムスリップともなんだか違うような……。なんだかとっても落ち着く。私の言葉では到底伝えられそうにないので皆様も訪れてみて確かめてほしいです。

573ca7199f0b7011ed5dc64bcdfc13e4

おみやげの箱も可愛くないですか!?(終始興奮気味ですみません(笑))たっくさんのケーキをこの中に詰め込んで神田散歩を締めくくります*

お散歩が好きだな~っと習慣的に始めるよになって最初の方に訪れたのが神田の街で、ここへ来るとなんだかとっても懐かしい気持ちになります。振り返ってみるともう5年以上も前のことでビックリ!思えば、春も夏も秋も冬も。一年通して訪れているので、いろんな表情を一番見てきているのは神田の街なのかもしれません。お散歩も積み重ねると良い思い出になるのですねぇ~。私が勝手にしんみりしてしまったところで今回はお別れです*それではみなさま!良いお散歩を~♪

Videos

Pick Up

夏の風物詩、鵜飼鑑賞を〈星のや京都〉専用の屋形舟「翡翠」で。三味線の生演奏が流れる、1日1組だけの雅な「プライベート鵜飼鑑賞舟」は9月23日まで。忘れられない、 ふたりだけの 夏のバカンス。〈星のや京都〉東京を拠点にする料理家と京都を拠点にするアーティスト、ふたりは数年来の友人。はじめてのふたり旅、選んだ場所は、京都の奥座敷・嵐山。喧騒から離れ、ひっそりとした地で、季節を味わい、いつもとは異なる会話とともに過ごす。TRAVEL 2023.08.31 PR
SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)LEARN 2023.08.31 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん 〈+CEL〉ランドセル〈+CEL〉インタビューvol.3 (後編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんが受け継ぎたいメイクアイテムのケアの仕方。ランドセルブランド〈+CEL〉と子どもたちへ受け継ぎたいものについて話を聞くインタビュー企画。シリーズ3回目に話を伺ったのはヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。前編で受け継ぎたいものとしてあげてくれた「メイクアイテムのケアの仕方」について、どんなことを知っておくといいのか、教えてもらう。そして〈+CEL〉のランドセルもチェック。普段、使用するメイク道具も試供品はほとんど使わず、必ず店頭でみてから購入して選んでいるという草場さん。もの選びにこだわりを持つプロの視点、そして6年間の小学生ママ経験者として、〈+CEL〉のランドセルはどう評価する?MAMA 2023.08.17 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん〈+CEL〉インタビューvol.3 (前編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんがみつけた、 子育てと仕事のちょうどいいバランスの取れる場所。日常使いできるナチュラルなメイクと、メイクをすることのシンプルな喜びを教えてくれる、ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。彼女でなくては、と指名する女優やモデルも数多い。日々撮影を抱え、スケジュールに追われる中でも新しいコスメアイテムの探求にも余念がない(その様子は彼女のインスタグラムでもおなじみ)。仕事にいつも真摯に取り組む一方で、草場さんは家族を愛するひとりの母でもある。 ランドセルブランド〈+CEL〉と一緒に“子どもに受け継ぎたいもの”を訊くインタビュー企画。今回は、今、中学1年生だという娘さんに草場さんが受け継ぎたいものについて、そして草場さんの子育てに対する今の気持ちを訊く。MAMA 2023.08.12 PR