IMG-1546

連載「拝啓、〈星〉へいらっしゃいませんか?」 【シンガポール】昔懐かしいローカルベーカリー(Old-School Bakery)巡り!在住ライターおすすめの絶品ベーカリー3選 Learn 2021.12.07

結婚を機にシンガポールへ移住することになった元Hanako編集者女子による、星(=シンガポール)通信。第37回は、昔懐かしいローカルパン屋にフォーカス。Old-School Bakeryで丁寧に作られる食パンや惣菜パンからは、手作業にこだわる店主の熱意が伝わります。

こんにちは。娘が3歳を迎えたのですが、これがなかなかな偏食っぷりを発揮していて、パンばかり食べます。なかでもピーナッツバターを塗った食パンや、あんぱんやソーセージパンなどの惣菜パンが彼女のお気に入り。昨今、おしゃれなブーランジェリーが増えているシンガポールですが、彼女好みのパンが並ぶのは、昔ながらのパン屋(こちらの人は〈Old-School Bakery〉と表現します)。

というわけで、近ごろのわたしは、「Old-School Bakery」めぐりをしております。ちなみに「Old-School Bakery」は、そう多くあるわけではありません。家族によって地元密着型で経営してきたこういったパン屋さんは、後継者問題などから、むしろ減少傾向に。だからこそ、おいしくいただいて、応援したい。そんな想いをこめて、愛する3軒をご紹介します。

1.〈Sing Hon Loong Bakery(シン・ホン・ルーン・ベーカリー)〉

IMG-1676
IMG-1677

まずご紹介するのが24時間営業の〈Sing Hon Loong Bakery〉。国内の有名カフェや屋台などに卸も行っており、多いと日に1000本近い食パンを焼き上げるのだそう。オーナーのライ・チー・ペンさんは、パン店を営む家に生まれました。お父様が亡くなられ、家業を引き継いだライさんは、生地を捏ねる作業は機械に頼るも、それ以外はすべてを手作業で行うことを信条にしてきたと話します。

IMG-1681
IMG-1679
IMG-1680

ライさんの自信作である食パンは、開封すると、小麦の香りがふわりと鼻腔をくすぐる、食欲をそそる仕上がり。食感はやわらかく、むっちり。トーストせず、ジャムも何もつけず、パンの旨みだけで十分楽しめるのですが、我が家では、この食パンを卵液にじっくりと浸してフレンチトーストにして贅沢に味わうことも。

また、定番のあんぱんは、優しい甘さの、ねっとりとしたあんこが美味。こんがり焼けたパン表面との相性が抜群です。食パンは1袋に1斤入って3.4ドル(約285円)、あんぱんは1個1ドル(約84円)と、なんだか申し訳なくなってしまうほどお財布に優しいプライス。ついつい、あれこれ買いこんでしまいます。

〈Sing Hon Loong Bakery(シン・ホン・ルーン・ベーカリー)〉
■住所:4 Whampoa Drive, Singapore 327715
■アクセス:MRT・North South Line(赤)「Novena」駅から徒歩約18分

2.〈Jie Traditional Bread Bakery(ジエ・トラディショナル・ブレッド・ベーカリー)〉

IMG-1546
IMG-1547

シンガポールの繁華街、オーチャード地区の名物であるアイスクリームワゴン。人気の理由は、アイスが虹色のパンにサンドされていて、ルックスが可愛いから。この虹色食パンに出会えるのが、〈Jie Traditional Bread Bakery〉です。虹色といっても、フレーバーがついているわけではなく、あくまで小麦の味がたっています。特徴的なのは食感で、ものすごくエアリー。ふわっっっふわ! ゆえに、そのままいただくよりは、カヤジャムやピーナッツバターなど、味や食感に厚みや重さのあるジャムを塗るのがおすすめ。店頭にジャムがあり、購入時に塗ってもらうことも可能です。

IMG-1550
IMG-1548
IMG-1545

ちなみに色合いは、緑×ピンク、ピンク×黄色など豊富にそろいます。お店は午前7時から営業していますが、スタッフによると、「虹色パンの焼き上がりは午後2時半。そこからさらに、冷まして、ミミの部分をそぎ落とす作業などがあるから、好みの色が選べるベストタイムは午後3時ころかな」とのこと。早い時間に来訪しないよう、くれぐれもご注意を。

〈Jie Traditional Bread Bakery(ジエ・トラディショナル・ブレッド・ベーカリー)〉
■住所:123 Upper Paya Lebar Road, Singapore 534837
■アクセス:MRT・Circle Line(黄色)「Tai Seng」駅から徒歩約4分

3.〈Serangoon Garden Bakery & Confectionery(セラングーン・ガーデン・ベーカリー&コンフェクショナリー)〉

IMG-1124
IMG-1126
IMG-1127
IMG-1128
IMG-1135

惣菜パン好きに知られる名店が〈Serangoon Garden Bakery & Confectionery〉。こちらは屋台なのですが、屋台という小さなスペースでありながら、生地づくりから焼成まで、すべての作業をここで行っています。計量する人、成形する人、焼き上がりをチェックする人、出来上がりを運ぶ人……と、スタッフの動きの無駄のなさは、見ていて惚れ惚れするほど。

IMG-1132
IMG-1133

代表メニューは、ランチョンミートをはさんだパン。ふかふかのパンにほんのり甘みがあり、ランチョンミートの塩味のバランスが絶妙。スパイスのきいたカレーパンも、パン生地との相性が非常によく、おすすめです。常に列ができており、午後2時ころには売り切れ終いとなる同店。とはいえ昼すぎまではひっきりなしにパンが焼き上がり、アツアツを購入することができるのも魅力。持ち帰って冷めてしまうのがもったいなく感じられ、購入したら、屋台の椅子にかけてその場でかぶりついています。

〈Serangoon Garden Bakery & Confectionery(セラングーン・ガーデン・ベーカリー&コンフェクショナリー)〉
■住所:49A Serangoon Garden Way, Serangoon Garden Market #01-45, Singapore 555945
■アクセス:バス停「Serangoon Garden Circus」から徒歩約1分、中心部から車で約20分

Videos

Pick Up

SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
サントリーvol3SP文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.3「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.02.28 PR
サントリーホールのオルガンは、オーストリアのリーガー社謹製。職人たちが1年がかりで手作業で作ったパイプをはるばる船で運び、半年かけて設置したのだとか。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.2「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.01.27 PR
記事3_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅③ | 絶景サンセットから、夜の森でアマミノクロウサギに遭遇!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーであるフォトグラファーのもろんのんさん。今回はサンセットの名所と森のナイトツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.14 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR
記事1_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅① | 島とうふにスパイスカレー、超地元スーパーでおかいもの。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島(かけろまじま)や徳之島(とくのしま)、沖永良部島(おきのえらぶじま)など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配する声が聞こえてきますが…大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーでフォトグラファーでもあるもろんのんさんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 まずは、島とうふの定食にスパイスカレー、超地元スーパーでショッピングなど、グルメ&お買い物編をお届けします。公式サイトはこちらTravel 2023.02.28 PR