細川さん連載40

ズボラ女子でも簡単に作れるレシピが満載! ライスなしなら、大きなハンバーグで|~細川芙美の「SIDE-Bクッキング」~ Learn 2021.11.26

ロケ弁ブランドをはじめ、さまざまなジャンルで活躍をするフードデザイナー・細川芙美さんが、ズボラ女子でもできる簡単レシピを紹介する連載。第40回は、前回作ったマッシュポテトを活用したハンバーグを紹介します。

今回のテーマ:「ライスなしなら、大きなハンバーグで」

前回の作り置き、柔らかくなるまでまたミルクでのばして…。
前回の作り置き、柔らかくなるまでまたミルクでのばして…。

前回作り置きしておいたさつまいものマッシュポテト。色鮮やかな作り置きがあるときは「ごちそうチャンス」。つまり、いつもより手の込んだものを作ってもいいかも…と料理欲が沸くんです。ということで、今回はハンバーグ!家で作るのなら、大きいサイズはありよりのあり。その代わりライスは、なし!

■材料(1個分)
玉ねぎ…1/2個
パン粉…小さじ2
牛乳…小さじ2
合いびき肉…120g
塩・胡椒…各適量
ナツメグ…少々
卵…1個
バター…8g(1かけ)
薄力粉…小さじ3
赤ワイン…小さじ3
オリーブオイル…適量
舞茸…1/4パック
ほうれん草…1束
マッシュポテト…適量 ※前回「ミートでポテトな甘じょっぱいパニーニ」の作り置きを使用

最新(多分)!1回で2種類の切り方を伝授

【POINT】半分だけ切り込みを入れる。
【POINT】半分だけ切り込みを入れる。
【POINT】切り込みを入れたほうだけ横にも。
【POINT】切り込みを入れたほうだけ横にも。
【POINT】そのまま切れば…。
【POINT】そのまま切れば…。
【POINT】奥は薄切り、手前はみじん切りに。
【POINT】奥は薄切り、手前はみじん切りに。
【POINT】お見事!
【POINT】お見事!

【1】玉ねぎを半分に切ったら右半分は真ん中から端に向かって繊維に沿って切り込みを入れる(左半分は切り込みを入れない)。 横に切り込みを入れ、横に3〜4段ほど切り込みを入れる。最後に、繊維を断ち切る方向から3〜4mm切る。まな板奥側は薄切り、手前はみじん切りになる必殺技です。

楽したいなら、こねる工程は2段階でいい

【POINT】先にパン粉を牛乳に浸して。
【POINT】先にパン粉を牛乳に浸して。
【POINT】まずは肉に味をつける調味料。
【POINT】まずは肉に味をつける調味料。
【POINT】糸が引くまでしっかりこねて。
【POINT】糸が引くまでしっかりこねて。
【POINT】残りの材料を入れる。
【POINT】残りの材料を入れる。

【2】パン粉は牛乳に浸しておく。ボウルに合いびき肉を入れ、塩・胡椒各少々、ナツメグを加えて糸が引くまでしっかりこねる。その後、みじん切りにした玉ねぎ、牛乳に浸しておいたパン粉、卵を入れ、よくまとまるまで再度こねて。空気を抜いて、まとめておく。

ソース用の玉ねぎはバターでさっと

【POINT】バターと一緒に火にかける。
【POINT】バターと一緒に火にかける。
【POINT】しんなりするまで…。
【POINT】しんなりするまで…。
【POINT】一度取り出す。
【POINT】一度取り出す。

【3】フライパンに薄切りにした玉ねぎとバターを入れ、中火でしんなりするまで炒める。玉ねぎを持ち上げてくたっとしたら取り出す。

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR