n_07drip

ハナコラボ日記/諸岡なほ子の『おいしいのりもの旅』第7回 「東98」に乗っていつもの東京を車窓散歩(前編) Learn 2018.02.11

東京の誇る大自然「等々力渓谷」から、丸の内のビルを見上げる「東京駅」まで、およそ15キロのロングドライブで東京を横断する、東急バス「東98」系統。ちょっと高いバスの視点から窓の外を眺めれば、地下鉄やタクシーからは見えない、新しい東京が見えてくるかも?

世田谷の住宅街から、おいしいコーヒーを経由して

01hajimari

通勤や通学でバスを利用する人も、なかなか始発の停留所から終点まで乗るということはないかもしれません。でも、都内には観光バスなみに長距離を走り、東京の魅力的な景色を見せてくれる路線バスがいくつもあるんです。そんな路線の1つが、東急バスの「東98」。東急バスなのに、東急沿線の等々力操車場から遥か東の東京駅南口まで、15キロ以上を駆け抜けます。時間にして1時間10分ほど。それなのに、料金はたったの220円。

バスの座席に深く腰掛けて、好きな音楽や温かい飲み物があれば、いつもの東京とはまた違った表情を見つけられるかもしれません。そんなわけで今回は、「東98」のバス旅をレポートします。

02todoroki

乗車したのは、「東98」が等々力操車場を出発してから1つ目の「等々力」バス停から。東急大井町線の等々力駅から、親しみを感じる商店街を歩くこと2分のところにあります。「東98」は日中、大体1時間に3本ほど運行中なので、ちょっと時間調整をしたい時には、カフェやオーガニック食材店などを眺められて便利ですよ。

03pit

今回は途中下車も楽しみたいということで、バスに乗りこむ際、ドライバーさんに「一日乗車券をお願いします」と声をかけ、ピッ。大人510円、小児260円で東急バス1日乗り降りし放題です。

バスは、ほどなく目黒通りへ。玉川神社前、中根町、都立大学駅北口、碑文谷警察前などを軽快に走っていきます。ちなみに、私が東京に出てきて最初に住んだのが学芸大学駅からほど近い碑文谷。なので、目黒通りを走るといろんな思い出がよみがえります。中学3年生だったので、友達とミスドでしゃべり倒したとか、碑文谷公園で好きな男の子と並んで歩いてドキドキしていたら、その男の子がコケてしまって気まずくなったとか、そんなこと(笑)。

04kanno

で、そんな学芸大学のエリアに、素敵な建物発見!

すぐに降車ボタンを押して、「清水」バス停で下車。目黒通りを1分ほど戻って、こちら「Factory & Labo 神乃珈琲」へ到着。さっそく中へ。

05kannno2

うーん、店内もやっぱり素敵。

06baisenki

2階席へと続く階段からは、ガラス越しに焙煎機なども見えて、こちらのコーヒーのお味に期待が高まります。

07drip

オーダーすると、目の前でハンドドリップ。今やコーヒー屋さんでは当たり前の光景になったものの、ついつい手元を覗き込んでしまいます。窓の外の喧騒とは別世界の静けさ。コーヒーの香りに大きく深呼吸。

08drink

オーダーしたのは、オリジナルブレンドのひとつ「華煎(はないり)」。…と、レジの横のショーケースで目に飛び込んできた「クリームホーン」。我慢できませんでした。パフッとかじりつくと、ふんわりカスタードクリームは甘さ控えめ。断面からポトポトとこぼれ落ちてこない軽やかな硬さが食べやすく、味とともに好印象。どこか懐かしさを感じさせてもくれます。

そしてコーヒー。こちらは、その名の通り華やかな香り。軽やかで飲みやすく、万人に愛されそう。酸味と苦味も出過ぎず上品。

09machikoba

町工場のようなとんがり屋根は、そのまま天井の傾斜になっているので、トップライトの光も手伝って、とっても開放的。目黒通りに面した壁一面の大開口からは、太陽の光が燦々と入ってきて、ポカポカキラキラ。はあ、もうずっとここにいられる〜、別に東京駅なんて行かなくてもいいや〜という想いが、一瞬心をかすめないでもないですが…

10hutatabi

あらかじめテイクアウト用の紙のカップにコーヒーを入れていただいたので、バスの時間を見計らって、再び「清水」停留所へ。

座席に深く腰掛け、窓の外を見ながらコーヒーをひとくち。ここから中目黒辺りまでは、インテリアショップや雑貨店が立ち並ぶ目黒通りをバスはスイスイと走り、これまた思い出の目黒寄生虫館の前を通過。山手通りを越えて権之助坂をのぼり、目黒駅の脇を通り抜けると、ついにバスはまあるい山手線内のエリアへ。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR