コーヒーボーイ

心やすまるカフェ&喫茶店。「渋カフェ」その14 瀬戸内のおいしい空気と名建築と珈琲のアロマを、山口県の〈コーヒーボーイ〉で。 Learn 2017.12.13

Hanakoスイーツ担当が、プライベートで訪れるカフェ&喫茶店をご紹介しています。レトロなテーブル、懐かしくてかわいいメニュー。不思議と落ち着く「渋カフェ」。ウッディな世界でのんびりしたひとときを。14回目は山口県周南市の、有形文化財の中にある珈琲店。

コーヒーボーイ

今回の渋カフェは、山口県周南市にある〈コーヒーボーイ・ナギサ店〉。

コーヒーボーイ
コーヒーボーイ

このあたりは、自分が子供時代に住んでいたこともあり、よく懐かしくて訪れるのですが、駅に降りていつも思うのは、とにかく空気が澄んでいるということ。緑の匂いが町全体に立ち込め、海風や田畑から流れてくる藁を焼く煙など、いい香りがそこかしこにあふれています。珈琲のアロマもまた、昔の記憶を呼び起こすスイッチ。

そんな故郷の一角に、〈コーヒーボーイ・ナギサ店〉はあります。

海から山へと続く変哲のない道の脇にポツリと立つ建物は、かつて町の人たちに親しまれていた「日下病院」。今は改装され、カフェや雑貨店が中に。昭和3年に造られた建物は、国の有形文化財に登録され、当時の山口県の雰囲気をそのまま伝えてくれます。入って左が〈コーヒーボーイ〉。

コーヒーボーイ

シュワシュワとポットから湯気が立ちのぼるカウンター。ナギサという店名の由来は、〈コーヒーボーイ〉の前身となる店〈ナギサ珈琲店〉が、かつて海辺にあった店だからだそう。現在のマスターは2代目。県内には7軒の個性の違うお店が。

「ホットのソイラテ」(420円)
「ホットのソイラテ」(420円)
コーヒーボーイ

販売されている珈琲の番号は、100の位が豆の生産地、10の位がロースト方法、1の位が味わいを意味しています。なんだか暗号みたいですが、覚えて照らし合わせると楽しいし、珈琲好きには嬉しい表示です。詳しくはこちらに。

コーヒーボーイ

SNSを見て近隣の県から訪れる人も多く、珈琲ショップは単なる憩いの場ではなく、地元の人たちをつなぐ、大切なコミュニティになっています。

コーヒーボーイ
コーヒーボーイ

コースターには、珈琲発見の伝説の一つである、羊飼いの少年カルディが。赤い実を食べたら、元気100倍ときめきがあふれたという逸話から。アイスラテ420円。

コーヒーボーイ
コーヒーボーイ

定期的に発行されるカードの裏には、珈琲にまつわるエピソードが書かれています。カフェが発信するリトルプレスって素敵です。珈琲を飲む間の文庫本替わりに。ゆっくりと流れる時間は、至福の極み。

コーヒーボーイ
コーヒーボーイ

二つ隣の光市には虹ヶ浜海岸や室積海岸など瀬戸内屈指のビーチもあります。夕陽がとてもきれいなので、ドライブがてら訪れるのもオススメ。近くには〈コーヒーボーイ・光店〉も。単なる地元びいきかどうかは、ぜひその目でお確かめいただけたら。

コーヒーボーイ

〈コーヒーボーイ・ナギサ店〉
■山口県周南市土井2-4-9
■営業時間10:30~1800
■火水休
■20席
■禁煙
■珈琲は通販も。
https://www.coffeeboy.co.jp/

前回の千住桜木〈ミルクホール モカ〉はコチラ連載トップはコチラ

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR