DSCF4758

今こそ食べたい絶品の北海道グルメ 【北海道】人気お取り寄せスイーツ3品を実食!チーズも牛乳も、ぎゅっと濃厚。 Learn 2021.05.06

旅行もお出かけのチャンスもグッと減っている昨今ですが、せめて地方のおいしいものを食べたい! という人も多いはず。今回は、美食の宝庫・北海道の人気店から全国にお取り寄せ可能なスイーツ3品をチョイス、実際にレポーターが食べてみました。気になる一品があったら、ぜひご褒美スイーツとして、お取り寄せしてみてくださいね。

出会ったことない、とろとろ食感【ふらの牛乳プリン】

〈菓子工房フラノデリス〉の「ふらの牛乳プリン」

北海道の新鮮な富良野牛乳と甜菜糖などを使って作られた「ふらの牛乳プリン」。牛乳瓶を使っているのは、熱伝導と口当たりへのこだわりなんだとか。130万を超えるTwitterの人気アカウント「唯一無二の絶品グルメ(むにぐるめ)」をはじめ、さまざまなブログやSNSでオススメされている有名スイーツです。

今回、お取り寄せしたのは4本入り(1,400円)の商品。そのほか、6本入り(2,100円)やパンプキンやカプチーノ味もセットになった6本入りのデリスプリントリオ(2,400円)なども、お好みの商品を予算に合わせて公式サイトからお取り寄せできます。

IMG_7681

ふたを開けると、こぼれ落ちそうなほどのクリーミーさに驚き! やわらかいプリンは数多くあれど、これほどのとろとろ感はレアかもしれません…!

口に運ぶと、存在感のあるミルクの風味とやさしい甘さが広がります。飲み物といってもおかしくないほどの口当たりで、ふわっと溶けていく感じ。カラメルが敷かれた下層部はわずかな苦味がプラスされ、ちょっと大人の味に変化。

十分な甘みはあるものの、実は使っている砂糖の量は一般的なプリンに比べて少ないそうです。牛乳の風味が際立つスイーツやとろとろ食感が好みの方には、ぜひ食べてみてほしい一品。

※写真提供:菓子工房フラノデリス
※写真提供:菓子工房フラノデリス

〈菓子工房フラノデリス〉
■北海道富良野市下御料2156-1 


■10:00〜18:00


■毎週火曜日・水曜日定休
公式サイト

チーズの食べ比べが楽しい!【専門店のチーズケーキ】

f93692416

酪農が盛んな北海道はチーズも絶品! ということで、北海道、イタリア、フランス、オーストラリアなどのチーズを使った「チーズケーキ専門店 Buono Buono」のケーキも実食。今回、札幌滞在中の筆者が店舗を訪れ、20種類近くあるチーズケーキの中から人気ナンバー1の「ケーゼ」(496円)とバスクチーズケーキ(486円)を購入しました。

f93806336

たっぷりのクリームチーズにカスタードクリームを加えて作られたケーゼは、カスタードの甘味と濃厚なチーズの風味が感じられる一品で、老若男女に愛されそうな味。コーヒーとの相性もバツグンで、ティータイムを彩りを添えてくれます。

クッキー生地のサクサク感とクリーミーなチーズの食感の組み合わせも、人気の理由かもしれません。小ぶりなのに、チーズがギュッと詰まっていて満足感が得られるのも印象的でした。

f93788416

続いては、スペイン・バスク地方で愛され続けているバスクチーズケーキを実食。とろりとしたやわらかい舌触りと超濃厚なチーズの風味は、チーズ好きにはたまりません。甘さは控えめで、しっかりとこげた表面がほどよい香ばしさをプラス。「大人のチーズケーキ」といった複雑さのある味わいです。

コーヒーと一緒に食べるのも至福ですが、スパークリングワインや辛口の白ワインと合わせてもきっと最高。しっとりしとした雰囲気の夜に、お酒と一緒に味わってみたくなりました。

写真提供:チーズケーキ専門店 Buono Buono
写真提供:チーズケーキ専門店 Buono Buono

お取り寄せは、上記写真の「4種のアソートチーズケーキ」(2,204円)「ケーゼ(ホールタイプ)」(2,574円)のほか、バースデーケーキもOK。くわしくは公式サイトをご覧ください。華やかさのあるホールケーキは、ホームパーティーの主役にもぴったりですね!

〈チーズケーキ専門店 Buono Buono〉
■北海道札幌市中央区南6条西24丁目1-18 ワイズ南円山1F

■011-552-5833

■10:00〜18:00

(当面の間)
■休業日なし(年末年始のみ)
公式サイト

もちもち&しっとりの新食感【はこだて雪んこ】

DSCF4722

第59回(2015年)函館圏優良土産品推奨会で最高賞を受賞した実績があり、函館、札幌、新千歳空港のお土産店などで広く販売されている「はこだて雪んこ」。あっさぶ産の白いスイートポテトやカボチャなどを使ったペーストとホイップクリームをお餅で包んだ洋風の大福のようなスイーツです。プリン、ケーキとは異なるスイーツも食べてみたいと思い、チョイスしました。

DSCF4731

今回はお土産店で販売されていたプレーン6個入り(1,350円)を購入。白いスイートポテトが使われていて、もっともポピュラーな味です。

アマゾン、ヤフー、クリーマ、ベイスでのお取り寄せも可能で、最小で2個入り(500円)から購入できます。プレーンの他に、カボチャ、抹茶、カシス、チーズ、あんバター、パイなど味のバリエーションが豊富!

DSCF4758

冷凍の状態で販売されている商品を半解凍させ、ひんやりとアイスのように食べるのが人気の食べ方とのことで、ペーストがわずかに凍っている状態でいただいてみました。

一口食べた感想は、「めちゃくちゃおいしい…!」スイートポテトがフレッシュ、かつ上品な甘さで、素材の良さがダイレクトに伝わります。もちもちの外側としっとりペーストという食感の楽しさも魅力。手のひらサイズでわりと食べごたえはあるものの、ついもう1個食べたくなってしまう(笑)。

はこだて雪んこは白いスイートポテトだけでなく、牛乳、バター、生クリーム、砂糖までも北海道産、スイートポテトやカボチャは香りを活かすために手作業で裏ごししているとのこと。実際に食べてみると、こだわりが商品にしっかり反映されていることを感じます。他の味も試してみたくなりました。

クセのない甘さで誰にでも好まれそうなので、ギフトにもおすすめです。ぜひ公式サイトをのぞいてみてくださいね!

〈カドウフーズ株式会社 嘉福堂キッチン〉
■北海道函館市追分町1-25
■0138-62-6077

■9:00~17:00
■日曜日
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR