上から時計回りに、豆皿・土灰・たんぽぽ880円、豆皿・印判・ひまわり980円(共に東青山)/三田製白磁亀甲型陽刻皿3,500円、珉平薄緑釉楕円四ツ足小皿2,600円(共に道具屋マルカク)/豆皿・土灰・木瓜880円(東青山)/淡桃釉捻貝殻鉢S1,300円、中央・青盗捻貝殻鉢S1,300円、隅切盆8寸クルミ15,000円(全て千鳥 UTSUWA GALLERY 03-6906-8631)

こんな一枚からそろえたい! どんな料理にも合う定番の器って?スタイリスト直伝、初心者が買うべき器8選。 Learn 2021.03.14

食卓を彩る素敵な器が欲しい。でも、どんなものを選べばいい?フードからインテリアまで手がけるスタイリストの中里真理子さんに、こなれた印象に仕上がる、器選びの基本を教えてもらいました。

【業務用の白食器】どんな料理にも合う定番中の定番です。

左から、チボリオーバルプレート42cm 7,800円、28cm 各2,300円、23cm 各1,600円(全てサタルニア|ザッカワークス http://www.zakkaworks.com/)/ラメキン各1,200円(ピリヴィッツ|The Tastemakers & Co. 03-5466-6656)/ローマブルーラインオーバルプレート4,800円(サタルニア|ザッカワークス)/ボウル奥3,800円、手前2,400円(共にメイソン キャッシュ|The Tastemakers & Co.)/クラシック オーバルプレート各3,400円(ピリヴィッツ|The Tastemakers & Co.)/その他私物
左から、チボリオーバルプレート42cm 7,800円、28cm 各2,300円、23cm 各1,600円(全てサタルニア|ザッカワークス http://www.zakkaworks.com/)/ラメキン各1,200円(ピリヴィッツ|The Tastemakers & Co. 03-5466-6656)/ローマブルーラインオーバルプレート4,800円(サタルニア|ザッカワークス)/ボウル奥3,800円、手前2,400円(共にメイソン キャッシュ|The Tastemakers & Co.)/クラシック オーバルプレート各3,400円(ピリヴィッツ|The Tastemakers & Co.)/その他私物

和洋中なんでも合う業務用白食器をデイリーに。

【色ガラスのボウル】独特のヌケ感を出せる上級者アイテム。

奥から、三宅義一作 六寸鉢 緑4,000円(三宅吹き硝子工房|工芸喜頓 03-6805-3737)/ロータスオーバルボウルS各5,000円、M 6,000円(全てスタジオプレパ|アエル 03-5738-8068)/カラープレートゴールドルビー各6,000円(黒川登紀子 @k5trk)
奥から、三宅義一作 六寸鉢 緑4,000円(三宅吹き硝子工房|工芸喜頓 03-6805-3737)/ロータスオーバルボウルS各5,000円、M 6,000円(全てスタジオプレパ|アエル 03-5738-8068)/カラープレートゴールドルビー各6,000円(黒川登紀子 @k5trk)

「ガラスの器は、まず透明のクリアなものをイメージするかもしれませんが、色のあるものを選ぶと一気に食卓が上級者っぽい雰囲気に」(中里さん、以下同)。サラダだけでなく、フルーツやお菓子などをさらりと盛っても。「ボウルだけでなくプレートもおすすめ。インテリアっぽく使って」。

【柄のお茶碗】毎日使うものだから遊び心のあるものを。

左から、江戸染付窓竹図蓋付碗1,400円、印判蓋付碗1,200円(共に道具屋マルカク 03-6452-2717)
左から、江戸染付窓竹図蓋付碗1,400円、印判蓋付碗1,200円(共に道具屋マルカク 03-6452-2717)

毎日のご飯茶碗は柄物を。「シンプルもいいけれど、いろんな柄をそろえると器選びがぐっと楽しくなります。蓋つきは、ちょっと漬物を添えるなど意外と便利に使えます」。アンティークの茶碗はお手頃価格のものも多く、気軽に試せるのも◎。

【民芸の皿】和のものに限らず、映える器です。

民芸の皿

「民芸の器は、和のものだけでなく、洋食器ともとても相性がいいので、小さめのものをまずはひとつ買ってみて。食卓にアクセントがつき、洗練された雰囲気になります」。手にとりやすい値段のものも多いので、好きな柄や形を見つけてみたい。こちらは広島の「惣堂窯」掛谷康樹さんの作品。練上手長角鉢各4,000円(工芸喜頓)

【取り皿】合わせやすい白からはじめるとベター。

左から、とり皿・柞灰釉(いすばいゆう)1,900円(東青山 03-3400-5525)/江戸白磁菊型小皿各3,000円(道具屋マルカク)
左から、とり皿・柞灰釉(いすばいゆう)1,900円(東青山 03-3400-5525)/江戸白磁菊型小皿各3,000円(道具屋マルカク)

まず3枚ほど持ちたい取り皿。「ひとりごはんのときも、取り皿におかずを分けて盛るとちゃんとした食事に見えます。おすすめは、立ち上がりのある白い器。主役の皿に合わせやすいものを選ぶと◎」。

【豆皿】臨機応変に使える便利な器です。

上から時計回りに、豆皿・土灰・たんぽぽ880円、豆皿・印判・ひまわり980円(共に東青山)/三田製白磁亀甲型陽刻皿3,500円、珉平薄緑釉楕円四ツ足小皿2,600円(共に道具屋マルカク)/豆皿・土灰・木瓜880円(東青山)/淡桃釉捻貝殻鉢S1,300円、中央・青盗捻貝殻鉢S1,300円、隅切盆8寸クルミ15,000円(全て千鳥 UTSUWA GALLERY 03-6906-8631)
上から時計回りに、豆皿・土灰・たんぽぽ880円、豆皿・印判・ひまわり980円(共に東青山)/三田製白磁亀甲型陽刻皿3,500円、珉平薄緑釉楕円四ツ足小皿2,600円(共に道具屋マルカク)/豆皿・土灰・木瓜880円(東青山)/淡桃釉捻貝殻鉢S1,300円、中央・青盗捻貝殻鉢S1,300円、隅切盆8寸クルミ15,000円(全て千鳥 UTSUWA GALLERY 03-6906-8631)

「箸置きにもなる豆皿はいろんな形をそろえると食卓が華やかに」。

【アンティークの大皿】古着をひとつ買う感覚で選ぶ。

アフガニスタン古鉢8,500円(グランピエ 03-3405-7269)
アフガニスタン古鉢8,500円(グランピエ 03-3405-7269)

印象的な外国の器は厳選して大皿をまず1点。「アンティークのものは、繊細なものより欠けても気にせず使えるような古着っぽいニュアンスのものを最初は選んで。エスニックなものを選ぶと器上手っぽい。パンを袋のまま雑に置いても様になるし、ストックの野菜を並べても」。

【高台の丼】麺や丼ものこそ、いい器でいただきたい。

左から、多用椀12,000円(川連漆器 佐藤善六漆器店|工芸喜頓)/高麗合鹿碗(村上雄一作)4,000円(deps.https://depstokyo.com/)
左から、多用椀12,000円(川連漆器 佐藤善六漆器店|工芸喜頓)/高麗合鹿碗(村上雄一作)4,000円(deps.https://depstokyo.com/)

簡単に済ませがちな麺類や丼ものにこそいいものを。「高台の椀は、キリッとした佇まいが美しく、簡単に盛り付けただけでもぐっとおいしそうに映えます。ひとつ持つと、一段レベルが上がった感じに」。

Navigator…中里真理子(なかざと・まりこ)

スタイリスト。雑誌や広告など食やライフスタイルまわりのスタイリングで活躍。最近買ったテーブルウェアは〈工芸喜頓〉で見つけたゴールドのスプーン。

(Hanako1194号掲載/photo : Nao Shimizu styling : Mariko Nakazato text & edit : Kana Umehara)

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
サントリーvol3SP文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.3「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.02.28 PR
サントリーホールのオルガンは、オーストリアのリーガー社謹製。職人たちが1年がかりで手作業で作ったパイプをはるばる船で運び、半年かけて設置したのだとか。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.2「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.01.27 PR
記事3_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅③ | 絶景サンセットから、夜の森でアマミノクロウサギに遭遇!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーであるフォトグラファーのもろんのんさん。今回はサンセットの名所と森のナイトツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.14 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR
記事1_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅① | 島とうふにスパイスカレー、超地元スーパーでおかいもの。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島(かけろまじま)や徳之島(とくのしま)、沖永良部島(おきのえらぶじま)など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配する声が聞こえてきますが…大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーでフォトグラファーでもあるもろんのんさんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 まずは、島とうふの定食にスパイスカレー、超地元スーパーでショッピングなど、グルメ&お買い物編をお届けします。公式サイトはこちらTravel 2023.02.28 PR