gcabin3

家族・カップル・友達同士でワイワイ訪れたい! 週末旅行におすすめ!〈ビオリゾート ホテル&スパ オーパークおごせ〉に水着で入れるレアな本格サウナ。(後編) Learn 2021.01.24

2019年8月にリニューアルした、埼玉県入間郡越生町の「ビオリゾート ホテル&スパ オーパークおごせ」(以下、オーパークおごせ)。都心からわずか1時間半ながら、里山でリラックスできる、サウナつきのお部屋で本場のサウナに入り放題、カップルやファミリーで楽しめる水着風呂など、魅力にあふれた施設です。この施設に興味津々のフィンランド在住の筆者が、PR担当者にインタビューを実施。前編では宿泊できる8つのお部屋を紹介しました。後編では水着風呂をはじめとした施設の魅力を余すことなくお届けします!

自然たっぷりの里山で自分を「リセット」

domecabin1

都心からほど近い場所にありながら、自然が豊かな越生町。以前は「ユーパークおごせ」の名称でホテル&温泉施設として運営されていましたが、サスティナブルやオーガニックといった近年よく聞かれるキーワードをコンセプトに、2019年にリニューアルオープンしました。

「オーパークおごせ」へと生まれ変わった同施設には、「訪れたお客様に心と身体をリセットして帰宅してほしい」との願いが込められています。オーパークの「O」は「0(ゼロ)」の意味も含まれているのだとか。

緑に囲まれた場所で心を落ち着かせ、サウナや温泉で身体を温め、親しい人たちと触れ合い、栄養たっぷりの食事をとる。そんなふうに、パワーチャージできる要素がつまった施設です。

露天風呂に水着で入れる100度のサウナ

オーパークおごせは、日帰りと宿泊どちらでも楽しめます。8種類ある宿泊施設のうち一部のお部屋に宿泊すると、本館にある露天風呂・水着風呂・キッズパーク・ライブラリといったメイン施設を無料で利用できます。

furo2

こちらは月替わりで岩風呂露天と檜風呂を楽しめる、おごせの湯。周囲に広がる緑を眺めながら明るい時間に入るのもよし、幻想的な夜の雰囲気を味わうのもよし、ですね。

aafaf35716b93019672916b3e35af540e84b5733.47.1.26.2

水着で入れるお風呂やサウナがあるバーデンは、家族連れやカップルに大人気! 窓や天井から日の光が差し込み、明るく開放的な空間です。スパや温泉の多くは男女別に分かれていますが、ここは水着着用のため、みんなで一緒に入れるのが嬉しいところ。

2010_oparkmist-14

サウナは常時100度を超えている本格的な高温サウナと、穏やかに身体を温める50度の低温高湿のスチームサウナの2種類。水着で入れる高温サウナはかなりレアなので、ぜひカップルやグループで楽しんでみてください。

本場フィンランドでは、このように水着着用での混浴サウナが多くあります。ただし、ラフな公衆サウナでは混浴なのに裸の人がいることも。これは現地ではNG行為ではなく、特に問題のない行為とされています。筆者はまだ遭遇したことがないのですが、フィンランドでサウナに入るときは知っておきたいミニ知識ですね。

遊べる&リラックスできる施設も充実

オーパークおごせの周囲にはハイキングコースぐらいしか観光スポットがありませんが、その分、施設内にはゆっくり遊んだり、リラックスしたりできる場所がさまざま用意されています。

OP1910_107

遊具や絵本が充実したキッズスパークでは、子どもたちが思いっきり身体を動かして遊ぶことができます。子ども専用スペースがあるのは、家族連れの方には嬉しい配慮ですよね。

CCDN5773

約8,000冊の雑誌とコミックを備えたライブラリは、温泉前後の休憩にピッタリ。広々したデスクスペースのほか、脱力して体を預けられるハンモックもあり、心地よくてうとうとしてしまいそう。Wi-Fi・電源・仮眠室も用意されています。

2003_op_gmenu-25 (1)

旬の恵みをたっぷり使ったお料理をいただけるレストランも。地元埼玉の食材のほか、食べられるお花のエディブルフラワーも利用されていて、華やかな見た目がグッと気分を盛り上げてくれそう。新鮮食材をふんだんに使った宴会コースや日帰りで楽しめるBBQも。

2004_OPARK_FIN

施設内のショップでは、人気のアウトドアブランド「LOGOS」をはじめとしたアウトドアグッズや埼玉の銘菓やお土産、お部屋のインテリアでコラボレーションしているフィンランド最古のテキスタイルブランド「フィンレイソン」のグッズを取り扱っています。

20_OP_MTGroom_unelma_4

会議や打ち合わせ等に使える会議室も備えています。用途に合わせて部屋内のデスクのレイアウトを変えることもできて、企業研修や合宿などにも便利です。利用料は、1時間1,300円(税抜)。

ドローンを飛ばせる屋外スペースもあり、30分700円(税抜)でドローンをレンタルする、あるいは自身のドローンを持参して飛ばすこともできるそう。

季節ごとの体験は、思い出づくりに

オーパークおごせでは、季節に合わせて多種多様の体験イベントを実施しています。

_MG_8039

12/6〜1/31の週末(金・土・日)に行われている里山スカイランタンナイトは、大人気イベントのひとつ。夜空に浮かぶ美しいランタンは写真に収めたくなりますね。残り期間わずかですが、間に合えばぜひ!

05-e1603762950848

今の時期は、3/31までの期間限定で焚き火台セットとキャンプチェアをレンタルできる「冬のあったか焚き火ナイト」も開催中。ゆらめく焚き火に当たりながら、ホットワインやマシュマロを焼いたスモアなどをほおばりつつ、澄んだ夜空の下で談笑を楽しむのがオススメの過ごし方なのだとか。

_MG_2538

1/15から始まったばかりの「マジックワインアワー」は、ワイン好きの方に試してほしい体験です。なんと15時〜17時の間、施設内のレストランで厳選された約20種類のワインが無料で飲み放題! 太っ腹ですね! その場で購入できる種類も多数あるとのこと(サウナスイートキャビン/グランピングキャビン/ドームキャビン/グランピングテント/フロートドームテントに宿泊の方限定のサービスです)。

そのほか春から冬にかけて実施される予定の「季節のお野菜収穫体験」は、お子さんのいるファミリーに大好評。施設内で自家栽培している野菜を収穫して、夕食として食べることができます。

お部屋での貸切サウナやBBQ、共用施設内でのリラックスタイム、体験イベントと盛りだくさんの過ごし方ができるオーパークおごせ。何泊かして周囲の観光スポットをめぐる旅行とは異なり、施設内のみの滞在で完結するため1泊でも満足度の高い旅行ができそうですね!

※新型コロナウイルスの対策については、公式HPにてご確認ください。

〈ビオリゾート ホテル&スパ オーパークおごせ〉

■埼玉県入間郡越生町上野3083-1
■10:00~22:00 (最終入館21:30)
https://opark.jp/

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR