おいしいのりもの旅

諸岡なほ子の『おいしいのりもの旅』第3回 線路から1歩、鎌倉時間の流れる甘味処へ。 Learn 2017.10.08

前回に引き続き、江ノ電に乗って海辺の景色を見ながらお出かけ。一日乗車券「のりおりくん」600円を買ったら、是非立ち寄りたい甘味処をご紹介します。のんびり鎌倉の旅を堪能できるそのお店は、なんと駅から徒歩1分、線路から1歩!

きれいなお庭と走る江ノ電を見ながらひと休み

おいしいのりもの旅

 民家すれすれの場所を走り抜ける江ノ電に乗っていると、あまりに建物が迫っていて「え、大丈夫!?」と思うこともしばしば。そこに暮らす人にとってはあたりまえの日常なのかもしれませんが、走る電車から2〜3メートルほどのところで勝手口の扉が開き、中の人が出てくるとちょっと目を疑ってしまいます。

 今回紹介するのは、そんな地元の人たちのように線路すれすれスリルを味わわないと入れないお店です。この写真の藍染の暖簾が、江ノ電に乗っている時に気になった方というも少なくないのでは。

おいしいのりもの旅

 藤沢方面から乗車すると、終点鎌倉駅の一つ手前にあるのが江ノ電「和田塚」駅(写真右手)。ここは、単線の線路に1つのホームがあるだけの無人駅。その向かいにある、あずき色の旗の立つ入り口が今回の目的地(写真左手)です。

 この距離感。駅からも線路からも近っ!写真手前側にある踏切を渡って、線路の敷石のすぐ脇、側溝のフタの上をカタコトと歩いて向かいます。

おいしいのりもの旅

 なんて素敵な門構え。なのに、正面はもう線路。不思議な光景です。でも、そこから中へ入ると素敵なお庭が。鎌倉に暮らす人のお家に遊びに来たような緑いっぱいの甘味処『無心庵』。テレビや雑誌で取り上げられることも。

おいしいのりもの旅

 なので、人気もそれなりにあります。でも、たとえ混んでいてすぐにお店に入れなくても、こんなところで待っていられるのであれば、それはそれで楽しそう。

おいしいのりもの旅

 玄関で靴を脱ぎ、中へ入っていくと、広いお座敷があって、そこでたくさんの人がのんびり甘味を味わいながらくつろいでいらっしゃるのですが、私が伺った時はお座敷がいっぱいだったこともあって、奥のお部屋へと案内していただきました。

 すると、こちらは日本家屋の中の洋風のお部屋。足元から天井近くまである大きな窓に御簾がかかっていたり、時代を感じさせる磨りガラスが使われていたり、大正モダンな雰囲気。はいからさ〜ん。

おいしいのりもの旅

 おしながきをパラパラめくってオーダー。ふう。持ってきてもらったお水や、テーブルの上に落ちる木漏れ日が、なんだかホッとした気持ちにさせてくれます。こうして待つこと数分。やってきたのは…

おいしいのりもの旅

 じゃーん。クリームあんみつ。みつ豆やおしるこなどの定番メニューが並ぶ中から、いつもついこれを選んでしまう。だって、アイスクリームも食べたいんだもん。和と洋のいいとこ取りは、ちょうどこのお部屋みたい。

おいしいのりもの旅

 それでは、いただきます。

 んー、おいしい。今更ながら、あんことバニラアイスの相性の良さに驚き。そして、ほんのりしょっぱい豆やらモチモチの求肥やら、洋物のアイスやパイナップルなんてものまで受け止めてしまう寒天の懐の深さ。しかも、ダイエットにも健康にも良かったりするなんて、ありがたい食材。まあ、しっかり黒蜜かけちゃってはいますが。

おいしいのりもの旅

 そして、こちらの魅力は甘味や建物だけではありません。おいしいあんみつを頬張りながら窓の外を見ていると、この通り。静かに走っていく江ノ電の車両が、緑の隙間から見えます。ちょうどいい透け具合。ちょうどいい遮られ具合。こうして甘いあんこや窓からの眺め、ゆったりとした時間に身を任せていると、心の中の波風がすうっと静まっていくよう。まさに、無心庵。

おいしいのりもの旅

 しかし、お代を支払って外に出てみると、藍色の暖簾の向こう、門すれすれのところをゴゴーッと江ノ電が走っていきます。びっくり。やっぱり江ノ電の脇に暮らすのはスリリングかも。でも、楽しい。

おいしいのりもの旅

皆さんもぜひ〜。

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR