活動を続けていた親友が亡くなってしまい、想いを引き継いで。「短いのが好きだから大変だった!」。30cm伸ばすための2年という時間も、想いのこもったドネーション。

応援の気持ちをドネーションという形に。 「ドネーション(寄付)」の意義とは?モデル・環境アクティビスト 小野りりあんさんが考える“未来への投資”。 Learn 2020.12.01

「ドネーション(寄付)」なら、助けたい団体や人への直接的な支援に。そうはいってもなんだか敷居が高い?生活の一部としてごく自然に寄付を行っている小野りりあんさんに話を聞けば、例えば服や髪、SNSでの発信も「寄付」。どんな企業やものにお金を使うか選ぶのも、欲しい未来への投資だ。

お金、髪、時間。寄付は、あなたの資源を分けること。

レジ袋が有料化し、スタバのストローも紙製に。市民レベルでエコ意識がいよいよ高まった今年だが、小野さんによれば「マイバッグを持つだけでは、地球に与えられるインパクトは正直少ない」。あれっ、意味がない?「いいえ、そんなことはありません。マイバッグを持つことで、環境を意識する練習になる。そこから始めて、エコな電力会社に乗り換えたり、みんなと一緒に活動を広げていけば必ず変わるんです」。もちろん一人一人の取り組みは大事だが、自分の力ではやり切れないことも多い。そんな時に「寄付」は有効な手段だと彼女は言う。

「〈グリーンピース〉など私には毎月一定額を寄付している団体があります。あとは、先ごろのモーリシャスの事故など、その時々での寄付も。例えば海の生物を助けたいと思っても、自分の知識や経験、限られた時間では直接的にはできません。でも、寄付することで代わりに誰かに活動してもらえる。自分が寄付することで、こういう世界になってほしいと思う未来に近づけられている感じがするのがうれしいんですよね」

とはいえ、お金の寄付はなかなかに敷居が高い。そして正直、ちゃんと使われているかなと不安にも…。「よく『私のお金は100%木を守ることだけに使ってほしい』という人がいるけれど、例えば木を守る活動をするためにはいろんな企画運営が必要で、関わる人も健やかに暮らせる資金がなければ継続的にできません。そうした理解がまだ日本では進んでいないと感じます。また活動内容はメールなどいろんな形でシェアしてくれるところが多いですよ」

また、ライブやスポーツ観戦に行けばグッズを気軽に買うが、小野さんによれば寄付はそれと同じ。「その団体のやっていることが好きだから、いいと思うから応援のつもりで寄付をする。お金がない学生さんなどは、時間をあげるのも寄付です。ボランティアをしたり、で拡散力がある人が告知をしたり、絵や文章が得意ならそれを活かしたり。

活動を続けていた親友が亡くなってしまい、想いを引き継いで。「短いのが好きだから大変だった!」。30cm伸ばすための2年という時間も、想いのこもったドネーション。
活動を続けていた親友が亡くなってしまい、想いを引き継いで。「短いのが好きだから大変だった!」。30cm伸ばすための2年という時間も、想いのこもったドネーション。

ドネーションは〝与える〞が語源。私もヘアドネーションをしましたが、お金じゃなくても、自分の持てる資源を与えること=寄付なんだと思います」。確かにそう思えば、何かできることはありそうだ。「気になるところから始めればいい。買い物は投票といいますが、まずは何でも調べて、それを作っているのはどんな企業か、商品がどう作られているのか背景を知ることも大切ですよね。買えば自動的に一部が寄付される商品もあります。最近も、『MY BANK MY FUTURE』という活動で環境に配慮した投資・融資を行っている銀行を探して広めたら、実際に投資先を変えた銀行もあります。買い物ひとつでも、電力会社やお金の預け先を選ぶことも、欲しい未来への寄付につながるんです」寄付は余裕がある人だけのものじゃなかったのだ。ドネーションとは、意思を持ってお金を使うこと、でもありそう。

Navigator…小野りりあん(おの・りりあん)

小野りりあん(おの・りりあん)さん

モデル・環境アクティビスト。1989年青森県生まれ、北海道育ち。自然に触れて育ったことが環境活動に目覚める契機に。現在モデルとして活動する傍ら、環境問題の情報発信を積極的に行う。

(Hanako1190号掲載/photo:Shinnosuke Yoshimori(model), Satoshi Kaneko, Masanori Kaneshita, Akiko Baba, Hiromi Kurokawa, Natsumi Kakuto styling:Nami Kagiyama(model)hair & make:Yumi Narai(model)model:Serena Motola foodstylng:Toshie Kikawada text:Kyoko Kashimura, Tomoko Yanagisawa, Aya Honma, Miho Arima edit:Nao Yoshida cooperation:UTUWA)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR