愛用品連載 岡久さん

ハナコラボ パートナーに聞いた! 働く女子の愛用品「気持ちを整える、癒しアイテム。」/シュガーアーティスト・田中泰子さん Learn 2020.09.09

仕事を頑張る上で欠かせない、持っているだけで気分を高めてくれるアイテムってありますよね。この連載では、ハナコラボ パートナーたちが愛用しているマストアイテムをご紹介。今回は、シュガーアーティストとして活躍する田中泰子さんに話を聞きました。

今回、愛用品を紹介してくれるハナコラボ パートナーは…

愛用品連載 岡久さん

名前:田中泰子(たなか・やすこ)
職業:シュガーアーティスト

卵白と砂糖を混ぜて、クッキーの表面をデコレーションする「アイシングクッキー」の制作をメインに活躍する田中さん。「結婚を機に退職し、ずっとしてみたかったお菓子作りをしようと教室に通い始めたのがきっかけ。シュガーデコレーティングの教室やツールを販売するブランド〈Wilton〉に出会い、そのあとアイシングクッキーの存在を知り、作り始めました」。完成した作品は撮影して、SNSにアップ。写真を見てくれた方から声がかかるように。「それから紹介などを通じて、お菓子のワークショップの開催やケータリングなど、さまざまなお仕事に挑戦させてもらいました。私を見つけて、支えてくれた方たちには感謝しかないですね」。現在は妊娠中であること、またコロナウィルスのため自宅中心の生活。新作を発表したり、ブランドや飲食店とのコラボレーション企画の打ち合わせをしたりしているそう。将来の目標は?「いまが楽しいから先のことは考えてませんが(笑)、直近の目標はワークショップを再開すること。ワークショップって、お菓子制作とは別に、参加される方々が喜んでもらえるようなおもてなしを企画するから楽しいんですよ!また出産をして落ち着いたら、世の中の状況とうまく付き合いつつ、また開催したいです」。

気持ちを整えてくれる、おうちアイテムたち。

仕事のモチベーションは、日々のコンディションづくりから。「そのためにも、朝のエッセンシャルオイルから始まり夜のスカルプブラシまで、1日中気持ちよく過ごすためのアイテムは欠かせません。またベッドとは別にリラックスできるソファも重要!美容アイテムやインテリアで、リラックス&リフレッシュできる空間づくりを目指してます」。

入浴タイムの相棒!頭皮マッサージで1日の疲れをリフレッシュ。

〈uka〉の「スカルプブラシ ケンザン ミディアム ウカストアゲンテイ キョウトグリーン」。
〈uka〉の「スカルプブラシ ケンザン ミディアム ウカストアゲンテイ キョウトグリーン」。

〈uka〉の「スカルプブラシ ケンザン」は、京都限定のグリーンを愛用。「インスタグラムで見つけてずっと気になっていたときに、京都にある〈ACE HOTEL KYOTO〉で見つけて。硬さがミディアムでちょうどよかったのと、くすんだグリーンが可愛くて購入しました。これで頭皮をゴリゴリマッサージするとすっきり!毎日、湯船に浸かっているときやシャンプーをするときに使用しています。気持ちがいいので、1日の最後の楽しみですね」。

憧れのソファは、今では自宅での欠かせない存在に。

〈five by five〉のソファ。
〈five by five〉のソファ。

〈five by five〉の大きな2人がけのソファは、結婚して引っ越すタイミングで購入。「ドラマ『ロングバケーション』で山口智子さんと木村拓哉さんが座っていたソファ。ずっと欲しくて、ついに手に入れてしまいました。流行問わず使える、丈夫な皮素材と落ち着いたブラウンも魅力的。座り心地がいいので、私にとってはもう生活の一部!夕飯を食べたあとのくつろぎタイムや考えごとをするときに座ることが多いです」。

朝から夜まで欠かせない、エッセンシャルオイル。

〈JANESCE〉の「ブレンドエッセンシャルオイル アンワインダー」。
〈JANESCE〉の「ブレンドエッセンシャルオイル アンワインダー」。

ラベンダー、ネロリ、イランイランをブレンドしたエッセンシャルオイル。「〈DRAWER〉などのセレクトショップで使用されている香りらしく、友人にすすめられて購入しました。香りがいいのはもちろん、オーガニックなのも◎。普段は自宅のデュフューザーやハンカチに垂らして香らせています。朝は気持ちがリフレッシュして浄化された気分、夜はリラックスして穏やかな気分にしてくれます」。

お風呂上がりは、マザーズオイルでしっかり保湿。

右から〈AMOMA〉の「カレンデュラオイル」、〈WELEDA〉の「マザーズ ボディオイル」、〈ecostore〉の「ベビーオイル ラベンダー&ゼラニウム」。
右から〈AMOMA〉の「カレンデュラオイル」、〈WELEDA〉の「マザーズ ボディオイル」、〈ecostore〉の「ベビーオイル ラベンダー&ゼラニウム」。

妊娠を知ったその日から、カラダの保湿は欠かさない。「妊娠線予防のために使い始めました。お風呂上がり、お腹を中心に全体にたっぷりマッサージするように塗ります。二の腕も意外と太くなるので念入りに!口コミでいいと思ったものを数種類常備していて、気分で使い分けてます。ラベンダーやアーモンドなど、ナチュラル系で強すぎない香りもポイント。保湿マッサージをしながら癒されてます」。赤ちゃんにも使える万能オイルだから、産後も大活躍ですね。

【今月の日常の一コマ】作品を制作&撮影したり、畳の張り替えをしました。

先日の作品撮りの様子。撮影は黒田さんが担当しました。
先日の作品撮りの様子。撮影は黒田さんが担当しました。
光や影もイメージソースの一部。ピンクはハイビスカスなど、色味をしっかり出すときも自然派を意識!
光や影もイメージソースの一部。ピンクはハイビスカスなど、色味をしっかり出すときも自然派を意識!
念願の畳を張り替え。
念願の畳を張り替え。

引き続き、アイシングクッキーの制作や撮影は続けているそう。「デザインはインテリアや雑貨、ビルなどの建築物からインスピレーションを得ることが多いです。素朴な見た目のお菓子が好きなので、あくまで食べる前提で(笑)、アイシングは黒ごまやほうじ茶パウダーなど自然のもので色付けをします。主張しない、シンプルなデザインが好きですね」。作品の撮影は、ハナコラボ パートナーの黒田香奈子さんが担当。「元々仲のいい友人で、イベントのアシスタントと写真撮影を1度お願いしたことがきっかけで毎回お願いするように。いまでは新しい作品が出来るとディスプレイなどを一緒に考えたり、試行錯誤しながら作品撮りをするのが楽しいです!」
自宅では、古かった畳をついに張り替え。「日焼けをして色が変わってきたので、赤ちゃんのためにもいいなと思い、この機会に張り替えました。あたたかみがあって、とても居心地がいいです」。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR