福岡 テイクアウト

あのお店もはじめました! ご近所レストランのテイクアウトグルメ。福岡編 Learn 2020.06.01

新型コロナウィルスの感染拡大が続くなか、注目されるフードアクションのひとつが、飲食店が新しくはじめているテイクアウトメニュー。そんなおいしいテイクアウトをエリア別にピックアップ!自宅や勤務先からほど近い「ご近所レストラン」のメニューをチェックして!!こちらの記事では福岡周辺エリアのお店をご紹介します。
【Hanakoからのお願い】
・自宅、勤務先から徒歩や自転車で行ける「ご近所」のお店に行きましょう。
・事前に注文方法などをしっかり確認しましょう。
・受け取りに行く際は、最少人数で行きましょう。
・マスクの着用、手指の消毒も忘れずに!

機材無料貸し出し!自宅でチーズフォンデュなどが楽しめる〈GARB Leaves〉【福岡】

「GARBチーズフォンデュ」一人前1,200円(注文は2人前より可能、機材は限りがありますのでご予約はお早めに)。
「GARBチーズフォンデュ」一人前1,200円(注文は2人前より可能、機材は限りがありますのでご予約はお早めに)。
「オードブルバリエ(2〜3人用)」3,500円〜。
「オードブルバリエ(2〜3人用)」3,500円〜。
「バッファローチキンウィング」1ピース200円。
「バッファローチキンウィング」1ピース200円。
「GARB弁当」900円〜。
「GARB弁当」900円〜。
「ステーキ弁当」1,500円。
「ステーキ弁当」1,500円。

広々としたオープンテラス席が目を引く、オールデイダイニングの〈GARB Leaves(ガーブ リーブス)〉。街のオアシス的なスポットとして、ランチやカフェタイム、ディナーまで幅広いシーンで人気を呼んでいます。

今回登場したテイクアウトも店舗同様、彩鮮やかで気分の上がるようなメニューを展開しており、機材を無料で貸し出してくれる「チーズフォンデュセット」は特に注目したいところ。こだわりのチーズを2種類使ったオリジナルチーズソースに野菜や肉、海鮮、バケットなど9種類がセットになっていて、自宅で本格的なチーズフォンデュが楽しめます。

このほかにもちょっとしたホームパーティーにぴったりなカラフルな「オードブルバリエ」、ボリューム満点で日替わりでメニューが変わる「GARB弁当」など満足感のあるメニューがラインナップ。「楽しいGARBメンバーがお送りする、気分が盛り上がるようなメニューを揃えました。アルコールやソフトドリンクもテイクアウト可能で、ワインに詳しいスタッフもいるのでペアリングなどお気軽にご相談ください」(店長・砥綿勇輔さん)。

★受付・ピックアップ方法
店頭または電話(092-432-0075)で11:30〜15:00、17:00〜19:00の時間受付。2,000円以上のご注文で福岡市中博多区内に限りデリバリーも可能。店舗では現金、Paypay、カードでのお支払いが可能です。テイクアウトメニューはこちらよりご確認いただけます。

★お店からの注意事項・メッセージ
受け取り時間はご指定いただけます。
※状況によっては時間変更をお願いすることがございます。

★住所
福岡県福岡市博多区博多駅前3-19-1

あの名ピッツェリア〈L'antica Pizzeria da Michele FUKUOKA〉が待望のテイクアウトをスタート【福岡】

「マルゲリータ」2,000円。
「マルゲリータ」2,000円。
「クワトロフォルマッジ」2,800円。
「クワトロフォルマッジ」2,800円。
「Tボーンステーキ(約500g)」6,500円。
「Tボーンステーキ(約500g)」6,500円。
「マルゲリータ」2,000円。
「マルゲリータ」2,000円。

イタリア・ナポリで150年間愛され続ける行列必至の名ピッツェリア〈ダ ミケーレ〉の世界3号店として2017年にオープンした〈L'antica Pizzeria da Michele FUKUOKA(アンティーカ ピッツェリア ダ ミケーレ フクオカ)〉。

現地の味を再現すべく職人は本店ナポリで修業し、ミケーレ一族に認められた人だけ。薪のピッツァ窯はもちろん、食材の粉・トマト・オイルも現地イタリアから取り寄せたものを使うというこだわりです。

そんな人気店がこの度テイクアウトをスタート。本店でも人気の「マルゲリータ」や「マリナーラ」だけでなく、日本オリジナルのピッツァメニューも注文可能です。ピッツァのほかにも生ハムの盛り合わせ、オードブル盛り合わせなどの前菜のほか、「Tボーンステーキ」などこだわりの薪火焼き肉料理もラインナップしています。

「うちのピッツァは生地が薄いので、表面をアルミホイルなどで覆いオーブントースターで焼き直すとカリッとしてご自宅でもおいしく召し上がっていただけます。本場ナポリの味をぜひ楽しんでみてください」(スタッフ・竹村航太)。

★受付・ピックアップ方法
店頭または電話(092-717-7444)で11:30〜15:00、17:00〜19:00の時間受付。2,000円以上のご注文で福岡市中博多区内に限りデリバリーも可能。店舗では現金、Paypay、カードでのお支払いが可能です。テイクアウトメニューはこちらよりご確認いただけます。

★お店からの注意事項・メッセージ
受け取り時間はご指定いただけます。
※状況によっては時間変更をお願いすることがございます。

★住所
福岡市中央区大名1-4-18

text:Riho Nakamori

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR