Processed with VSCO with a6 preset

花井悠希の朝パン日誌 vol.6 「食欲の秋」の幕開けに贈るパン~〈トラスパレンテ〉と〈ラ・ブランシェ〉~ Learn 2017.09.04

来ました9月。
まだまだ暑い日もありますが、9月と聞くと、いよいよ秋が来たと浮き足たってしまう私がいます。なんていったって食欲の秋。季節から『さぁ、お食べなさい』と言われているようなもの!ということで、今回はいつもよりも食いしん坊万歳モードでお届けします(パンの数多め)。

トキメキが止まらない!…〈トラスパレンテ〉の珠玉のパン達

トラスパレンテ

中目黒、学芸大学、都立大学と3店舗あるパン屋さん〈トラスパレンテ〉。焼きたてのパンを、焼きたてのうちに食べたい方にも嬉しい、全店イートインスペースがあるパン屋さんです。今回は中目黒店に行って来ました。

白桃とレモンクリームのデニッシュとガッティ(いちじく)
白桃とレモンクリームのデニッシュとガッティ(いちじく)

どちらも手の平の半分ほどしかない、小さなデニッシュ。でもその可愛いサイズ感に侮ってはいけません。幾重にも重なるパイの層は、一層一層空気を含みながらしっかりと立ち上がり、層の厚みを感じさせてくれます。そしてそれが口内で崩れていくとき、開花されていくバターの甘みが実に華やか!

ガッティ(いちじく)
ガッティ(いちじく)

ガッティは、ほんとに小さく、二口ほどの大きさです。でもその「おいしさのスケール感」は堂々たるもの。一口かじれば、ぎゅっと閉じ込められたイチジクとクリームの旨みが噴き出します。イチジクのフレッシュな酸味とコンポートされた甘みのバランスがよく、粒々とした生っぽい食感も残されていて、それはもう生き生きとはじけます。一粒の贅沢、と言いたくなるこちらのお値段は110円。手に取りやすい価格がまた嬉しい!

白桃とレモンライムのデニッシュ
白桃とレモンライムのデニッシュ

白桃だー!と舞い上がっていると(無類の白桃好き)、レモンライムクリームの酸味が後から追いかけてきます。白桃に主役を渡し、白桃の味わいを支えるようでいて、まろやかな爽やかさもしっかりと主張してくる。これぞ名脇役!

コンミエーレ
コンミエーレ

〈トラスパレンテ〉で昔から大好きな一つ。30センチほどの細長い一本で販売されています。大粒の砂糖が散りばめられているこちらは、砂糖のかたまり部分の、金平糖のようなカリッと感がズルイ。カリッとから、シャリリと溶けると、砂糖が密かに抱えこんでいたバターの香りと共に甘みが広がります。

トラスパレンテ

身の詰まったハードめな生地を噛みしめる度に、小麦の香りと、染み込まされたセイジバターのセイジの香りが鼻を抜け、じゅわんじゅわんとバターとはちみつがジューシーに滲み出します。細く硬めに焼かれたこちらは、一口大に切って焼かずにそのままどうぞ。 その食感と、噛めば噛むほど旨みが出てくるのに夢中になっていると、あっという間に一本ペロリといけちゃいますよ。

さつまいもロール
さつまいもロール

ほっと安心する生地の甘み。そしてパンの重みにニヤリとしてしまいます。そう、この重みはさつまいもがたっぷり入っている証。ロールパンのふわふわとした食感から、さつまいもがホクホクとリズムよく顔を出します。

トラスパレンテ

このさつまいも、甘露煮にされているのだけれど、きちんとさつまいものホクホク感と素材の味が生かされていて、嬉しくなる。さつまいもが好きすぎて、さつまいもフードに実はうるさい私にも(かぼちゃにもうるさい)、大満足なさつまいも感でした!リベイクしてみると、生地にもっちり感が生まれて、なおおいし、です。

自分が食べられる量より、食べたいパンが何倍もあるから、悩みすぎてついつい長居してしまうパン屋さんです。

みんな大好きしっとり食感…〈ラ・ブランシェ〉の朝パンおやつ。

バナナブレッド
バナナブレッド

高田馬場の神田川のほとりに佇むパン屋さん。対面式で買う小さなお店です。

こちらのバナナブレッドは、バナナの主張が威圧的じゃなく、シナモンの香りと仲良く手を組んで、じんわりと美味しさを届けてくれるタイプ。遅く起きた日曜日の心地よい朝が似合うような、優しさと穏やかさをもっています。生地はしっとりしつつも、粉のサラサラ感もあって、バナナブレッドらしさもちゃんと感じられます。自分を甘やかしたい休日の朝ごパンにぴったりなおやつ。

シナモンロール
シナモンロール

ちょこんと自立する姿はとてもキュート。それでいて、重心はズンっと下にありそうなどっしりとした雰囲気も醸し出しています。シナモンと共にカスタードクリームが巻き込まれているからなのか、保水力高めの生地。下の部分は特に重みがあると共に、しっとりしています。

ラ・ブランシェ

半分に割った時のこの生地の裂け方からも、このみずみずしい質感が分かるのではないでしょうか?ガブリと大きく頬張ればそのしっとり加減をより感じられるはず。上のバターチーズクリームもウェットなタイプなので、言うなれば、シズル感!?この大きさできっとちょうどいい、重量感のあるシナモンロールです。

エンジェルシフォン
エンジェルシフォン

エンジェルという名に、大きく頷きたくなるシフォンケーキ。それは口に運んだ瞬間、口内と一体となって消えていきます。「羽よりも軽く雲よりもふわふわ」と書くと、お布団の売り文句みたいになっちゃいますが、ふわふわだけじゃなくしっとりも叶えているから、お口に馴染んで溶けこんでいく感覚を味わえるのですね。触れればいなくなってしまう、それは儚い夢幻の世界のよう。すぐに消えてしまうから、待って待ってと追いかけているとあっという間にワンホールいっちゃいますよ。(天使の仕業かしら)

少し涼しくなってきた今、あなたもお気に入りのパン屋さんを見つけに出かけてみてくださいね♪

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR