Meat & Bakery TAVERN

都会のプライベートテラスで、シェフが手がける本気のBBQを堪能! ラグジュアリーな“レストランBBQ”が楽しめる中目黒の穴場スポットに行ってきました! Learn 2017.08.31

目黒川沿いに佇む中目黒のミートレストラン「Meat & Bakery TAVERN(ミート・アンド・ベーカリー・タバーン、以下、TAVERN)」。〝焼きたてのパンと美味しい肉料理の店〟としてオープンしたお店で、レストランクオリティの本格BBQが楽しめるコースの提供がこの夏スタートしました。

都会のテラスで楽しめるレストランクオリティのBBQ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

併設のベーカリー工房で毎日焼き上げる自家製パンが好きなだけ食べられる、パンビュッフェ付きのランチが人気のTAVERN。ディナーは、シェフ選りすぐりの国内外のゲストミートをつかった絶品肉料理と、上質なお酒を一緒に楽しめるミートレストランに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回新たに登場したBBQコースのテーマは、都会のテラスで楽しめるアーバングランピング。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般的なBBQと違い、シェフが厳選した食材を、シェフが絶妙な火加減で調理までしてくれるため、レストランクオリティの贅沢なBBQを楽しむことができるのが特徴です。

厳選された極上肉3種やボリューム満点の魚介をBBQで

Meat & Bakery TAVERN

メニューは、自家製パン、BBQコブサラダ、Wチーズピザ、シーフードプラッター、ベジタブルプラッター、ミートプラッター、かき氷というボリューミーな内容で一人7,000円~(税込み)(※要望に応じてメニュー変更も可能)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メニューや食材は、仙台市内のフレンチで経験を積み、「アルマ」(恵比寿)「ヴァプール」(銀座)など数々の人気店をつくりあげてきた及川秀治シェフが厳選。食材に対する深い知識と豊富な経験を元に、宮城県産短角牛ランプ、秋田県産桃豚ロースなどをBBQメニューにするなど、有名なブランド肉だけでなく、まだあまり知られていない希少で美味な肉を日々探求し提供しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お肉は、カイエンペッパーやバルサミコ酢など肉それぞれの味を引き立てる調味料でシェフが味付けし、それぞれの肉に合わせた絶妙な火入れで焼き上げて提供してくれます。

もちろん「自分たちで肉を焼きたい」という人たちは自身でBBQを楽しむことも可能。その場合もBBQの準備や火起こし、焼き方のアドバイスがシェフがしてくれるため、BBQ初心者でも安心です。

また「牛肉の食べ比べがしたい」などのお客様の要望があれば、その時々におすすめのメニューにアレンジしてくれる、というのも嬉しいポイントです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

魚介類はその時々に旬のものをベストな産地から仕入れられたものだそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プリップリで肉厚なホタテやエビ、焼くことによって旨味エキスが凝縮されたサザエは、お酒との相性もばっちりです。

店舗で焼き上げる50cmのビッグサイズピザ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう一つ注目したいのが直径50cmもあるビッグサイズのアメリカンピザ。併設されたパン工房で作りあげるピザ生地はアメリカンながらもフォカッチャのように油分が少なく柔らかな食感が特徴。

フレッシュなトマトやパプリカ、オリーブなどの野菜にサラミやチーズがたっぷり乗っていて、とっても具だくさん。ボリューム満点な一品ですが、油っぽさがなく意外にもさっぱりとした味わいで、ガッツリとしたお肉との食べ合わせも考えられています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに、同店自慢の自家製焼き立てパンもコースに含まれているのも嬉しいポイント。日によってラインナップは変わりますが、カンパーニュレザンやバケット、コーンブレッドやパンドミ、フォカッチャやプチパンを味わうことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これらの自家製パンは、国内外の美味しい小麦粉と塩、フランスAOC認定の香り豊かな発酵バター等の厳選した材料を使用。店内の工房で、天然酵母をつかって、無添加で毎朝一から作り上げています。

クラフトビールにナチュラルワイン、自家製レモンサワーも飲み放題!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

TAVERNのBBQコースは、ドリンクにもこだわりが。ブルックリンラガーやブルームーンなどの6種のクラフトビールや、ナチュラルワイン赤・白など、上質なクラフトドリンクを飲み放題で楽しむことができるという、贅沢さです。(※クラフトビールセットは+1000円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またノンワックス、無農薬栽培のレモンを使った、同店名物の自家製レモンサワーは、凍らせて“シャリキン風”がおすすめ。甘さ控えめでさっぱりとした味わいは、BBQ料理の味も邪魔せず暑い夏にぴったりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに〆には、ハニーレモン、ジンジャー、グリーンアップル、ピーチ、マンゴー、ミックスベリーの6種の中から選べる、削りたてかき氷をデザートとして味わえます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自家製フルーツピューレは果肉たっぷりで、自家製の練乳はカスタードクリームのような濃厚さ。果実本来のフルーティーさに、練乳のコクが加わりなんとも贅沢なかき氷です。

中目黒駅チカながら、都会の喧騒を忘れさせてくれるプライベート感のあるテラス。さらにシェフがこだわりぬいた食材を、シェフが焼き上げてくれるという贅沢なアーバンBBQは、今後おしゃれな大人たちを中心に人気を集めそうです。

〈Meat & Bakery TAVERN (ミート&ベーカリー タバーン)〉
■東京都目黒区上目黒1-5-7 代官山関ビル1F(中目黒駅より徒歩4分)
■03-6412-7644
■ベーカリー 11:00〜24:00/ランチ 12:00〜16:00/カフェ 11:00〜 18:00(土日祝日のみ)/ディナー 18:00〜23:00
■不定休
■60席
■7000円〜(BBQプランの場合)
http://www.classic-inc.jp/tavern/

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR