n_sampo_227

ときめき旅へ。 【京都】お重サラダに新定番・手織り寿し…高瀬川のまわりで出会える素敵なお店5軒 Learn 2017.08.06

風情溢れる高瀬川を散歩しながら、京都人の行きつけを巡りませんか。和食とフレンチが融合した創作野菜料理や隠れ家で楽しむ新定番・手織り寿しなど、高瀬川のまわりには京の“カワイイ”がつまったお店がいっぱい!

京と伏見とを結ぶ歴史を物語る運河

sampo_727

街中を流れる高瀬川は、1611(慶長16)年頃、角倉了以(すみのくらりょうい)によってつくられた運河。京都の中心部から伏見を結び、大阪へ舟で荷物を運搬。二条木屋町にある「一之船入」は荷物の上げ下ろしをした船着き場。川沿いを歩くと、歴史を感じさせるものと出会って、歴女ならずとも好奇心をそそられる。

sampo_804

先斗町あたり。花街・先斗町の紋章、千鳥の提灯が軒先を飾り、明かりがつく夜も雰囲気抜群。

sampo_714

五条あたり。川縁に下りることができ、旅情を高める、抜け道や小さな橋とも出会える。

高瀬川沿いが木屋町通、一本東が花街・先斗町とあって、とりわけ三条通から四条通あたりは飲食店がぎっしりと軒を連ね、夜がひと際にぎわうけれど、実は京都人に愛される和菓子屋さんがあったり、五条通付近では川縁まで下りることもできたり、お昼間のさんぽもまた良し。夕暮れから夜にかけてそぞろ歩いて、できればどっちの表情も楽しみたい。

1.忘れられないやさしい口溶け、誠実な思いが伝わる、わらび餅。〈月餅家 直正〉

「わらび餅」3個入り(650円~)(税込)
「わらび餅」3個入り(650円~)(税込)

文化元(1804)年、茶の湯や謡うたいを愛する初代が茶会で持ち帰りできるようにと、炭を上下に入れた通称“オーブン窯”でつくった焼菓子「月餅」がはじまり。こしあんを包んだわらび餅も長年愛される名物。ふるふるとやわらかく、口溶けと甘味のトリコに。

sampo_461

季節のお菓子もあり選ぶのが楽しい。千鳥と波の包装もかわいく、うさぎのステンドグラスなど意匠も素敵。

sampo_485

わらび餅はお昼までに売り切れることも。ぜひお早めに。

2.野菜たっぷりの一汁三菜からはじまる、裏路地で楽しむ、お酒とごはん。〈バイタルサイン〉

sampo_315

料理人として経験を積む中で、野菜のおいしさに目覚めた店主の吉岡さん。

sampo_275

まず楽しみたいのが、アミューズ・スープ・サラダから成る、野菜を主役にした一汁三菜とサラダ(1,200円)。イチゴの白和えなど、珍しい野菜とも出会える。野菜の色や香り、甘味やほろ苦さを堪能。

sampo_255

ビオワインなどお酒も充実。パスタや肉料理も旬の野菜を組み合わせ、しっかりごはんも、軽く一杯にも。

3.高瀬川のせせらぎを感じながら、畳でくつろぐ、とっておきの特等席。〈喫茶上る〉

「珈琲」(500円)、「ミニどら焼き」(150円)(各税込)
「珈琲」(500円)、「ミニどら焼き」(150円)(各税込)

高瀬川を眺めながら畳でくつろげる、京都らしい町家カフェ。1階の窓は古い建具にガラスをはめ込み、雰囲気も見晴らしも良くなるように。桜のシーズンは2階からの眺めがおすすめ。ブレンドはオーガニックの豆で自家焙煎し、季節に合わせて飲み心地良く。

sampo_037

タイル張りがすてき。

sampo_040

お酒のメニューも。早めにオープンする日はHPで。kissaagaru.exblog.jp

4.クラシックな校舎で気軽に一杯、日常の中の、うれしい贅沢。〈TRAVELING COFFEE〉

sampo_591

高瀬川沿いにたたずむ、元・立誠小学校の職員室にあるカフェ。音楽室や理科室から机やイスを運び込み、懐かしい雰囲気はそのままに。

「珈琲」(300円)(税込)
「珈琲」(300円)(税込)

〈さらさ焼菓子工房〉の焼菓子も。

一杯ずつハンドドリップする珈琲と共に、ここだけの時間を楽しみたい。店主の牧野さんは京都のコーヒー通、ぜひ気軽に会話も。

sampo_601

4/22・23「京都ふるどうぐ市」など、校舎を会場にした魅力的なイベントも要注目。

6.おいしさと美しさに心ときめく京都の新定番、手織り寿し。〈AWOMB 西木屋町〉

sampo_217

手織り寿しが人気の〈AWOMB〉2号店。緑に包まれた路地の奥、秘密めいたアプローチからときめく、こちらは完全予約制。

sampo_227

昼夜共に手織り寿し「衣」2,970円(税込)の1コース。薬味はくるみやチーズなど。丹波の黒豆の蕎麦も。

天ぷらやお造り、旬のお惣菜、薬味などを、思うまま好きに組み合わせてお寿司に。思いがけないおいしさが生まれて、ずっとわくわく!

sampo_239

(Hanako1131号掲載/photo : Yoshiko Watanabe text : Aki Miyashita)

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR