食通が集う池尻大橋の秘密基地〈ビストログルトン〉の小更耕司さん|星子莉奈のMeet the Chef
食通が集う池尻大橋の秘密基地〈ビストログルトン〉の小更耕司さん|星子莉奈のMeet the Chef

食通が集う池尻大橋の秘密基地〈ビストログルトン〉の小更耕司さん|星子莉奈のMeet the Chef Food 2023.01.17

レストランのプロデューサーやディレクション、PR、ライターとして活躍する星子莉奈さんが、気になる店のシェフをクローズアップする短期連載。第2回は、池尻大橋にあるフレンチレストラン〈ビストログルトン〉の小更耕司さんの登場です。

〈ビストログルトン〉の小更耕司さんにインタビュー

食通が集う池尻大橋の秘密基地〈ビストログルトン〉の小更耕司さん|星子莉奈のMeet the Chef

みなさんこんにちは。年末年始はいかがお過ごしでしたか?私は元旦から韓国へ食い倒れ旅行に行ってきました。サムギョプサルやカンジャンケジャンといった韓国料理を心ゆくまで堪能し、ここ数年の韓国欲ならぬ韓国食欲がようやく満たされたお正月でした。

さて、本日の主役は池尻大橋にお店を構える〈ビストログルトン〉の小更耕司シェフです。

パリっぽさを演出する絵画。
パリっぽさを演出する絵画。

〈ビストログルトン〉は、日本を代表する三ツ星レストラン〈ジョエル・ロブション〉で腕を振るった小更シェフが、奥様と2人で2014年にオープンしたフレンチビストロ。
真っ赤な壁とシックな緑のいす、そしてキャッチーな絵画が、どこかパリのビストロを思わせる雰囲気たっぷりの店内には、夜な夜な食いしん坊(=フランス語でグルトン)な“池尻ジェンヌ”が集まります。

店名は、フランス語で食いしん坊を意味する「GLOUTON」。
店名は、フランス語で食いしん坊を意味する「GLOUTON」。

扉を開けるとカウンター越しに温かい笑顔の奥様が迎え入れてくれ、そっと優しい接客でゲストを和ませてくれます。グルトンのごちそうと奥様の接客に胃袋と心を掴まれ、1人で通う常連さんも多いのだとか。

カウンターは全8席。
カウンターは全8席。

「レストランは空間が1番大事」と語る小更シェフ。ゲストに心地よい時間を過ごしてもらえるようにと、カウンター席には工夫が詰まっています。
「わずか9坪と小さなお店なので、窮屈さを感じさせない店作りを意識しています。カウンターの仕切りをなくし、余計な物は一切置きません。それから、お客さまとの目線も大事にしています。通常は調理場の方が高くなってしまいますが、見下ろすでも見上げるでもない、フラットな高さになるよう調整してもらいました。その方が親しみやすくて、リラックスできるかなと」。
どこまでもお客様目線でお店作りに取り組まれているのが伝わってきます。

黒板の定番メニューのほか、シーズン毎の隠れメニューも。
黒板の定番メニューのほか、シーズン毎の隠れメニューも。

お客様への思いやりから生まれるこだわりは、メニューにも。
「黒板に書かれたメニューはオープンのときからほとんど変えていません。次に来たときはアレをたべよう!と心に決めているお客様の楽しみがなくなっちゃうでしょう」。

全メニューコンプリート宣言中の私。
全メニューコンプリート宣言中の私。

小学生の頃には料理の道へ進もうと心に決めていた、と語る小更シェフ。しかも、きっかけはテレビ番組だというから驚き!
「『料理天国』という番組が大好きで、毎週楽しみに母と観ていました。今まで自分が食べたことのない料理がたくさん登場して、興味が沸いたんです」。
『料理天国』の番組監修をしていたことが決め手となり、辻調理専門学校へ進学。卒業後は乃木坂の〈Restaurant FEU〉で4年間修行し、渡仏。フランスではブルゴーニュ、ルクセンブルク、ブルターニュのレストランで経験を積み、帰国後、〈タイユバン・ロブションのカフェフランセ〉に入社。その後、知り合いのお店を転々とし、〈ジョエル・ロブション〉へ。
「ロブション時代に、料理の構成を複雑にしないという教えが身に付き、今でもシンプルでわかりやすい直球料理を作ることを心掛けています。手間をかけ過ぎず、お皿の中に詰め込みすぎない。それから、ネーミングと料理がきちんと一致するのも大切にしているポイントです」。
視覚も味わいも明瞭でシンプルだけど、とびきりおいしい。グルトンでいただくお料理のどれもが、確かにそうでした。

誰もが笑顔になる名物の「カニクリームコロッケ」。
誰もが笑顔になる名物の「カニクリームコロッケ」。
カニクリームコロッケの断面、身がぎっしり。
カニクリームコロッケの断面、身がぎっしり。

思わず目を輝かせてしまう、大変リッチな「カニクリームコロッケ」はグルトンの看板メニュー!カリッと薄めの衣にナイフを入れて、まずは断面図にうっとり。生まれてこの方、こんなにぎっしりと身が詰まったカニクリームコロッケに出会ったことがない…。ワタリガニからとった濃厚なビスクソースをたっぷりと衣につけてパクり。ビジュアルが物語るように、蟹の旨味たっぷりで口福感に包まれます。

「カリフラワーのムース 蟹と雲丹のコンソメジュレ」 ※3月末までの事前予約必須メニュー。仕入れ状況により提供できない場合がございます。
「カリフラワーのムース 蟹と雲丹のコンソメジュレ」 ※3月末までの事前予約必須メニュー。仕入れ状況により提供できない場合がございます。

こちらは、初来店の際に度肝を抜かれた「カリフラワーのムース」。このムースは、小更シェフがロブション時代に担当していたカリフラワーのブランマンジェからインスピレーションを受けて開発したそう。ふわふわのカリフラワームースの下には、蟹と雲丹の具だくさんなジュレがお目見え。カリフラワーの繊細で優しい味わいと魚介の旨味が絡み合う逸品です。

「白菜とブルーチーズのグラタン」。
「白菜とブルーチーズのグラタン」。

こんがりとおいしい焦げ目が愛おしい、「白菜とブルーチーズのグラタン」。定番のフランス料理であるチコリとハムのグラタンをアレンジした、ここでしか食べられないオリジナリティあふれるメニュー。濃厚なブルーチーズの味わいがダイレクトに楽しめる、ワインと好相性な1皿。

真剣味を帯びた表情で語る小更シェフ。
真剣味を帯びた表情で語る小更シェフ。

「自分らしい、変わらないものを大切にしたいんですよね。作り続けるうまさってものが、やっぱりあると思います」という一言が印象的。お話の中で、ベースは同じものを作り続けながらも、日々ブラッシュアップを重ねられている様子もうかがえました。

手作りの自家製パン。
手作りの自家製パン。

最近も、お店で手作りしている自家製パンをソースが染み込みやすくなるように、あえてキメを粗くしたそう。先ほど登場したカリフラワーのムースも、元々は流し込んで固めていたものをエスプーマで絞りたてを出すように仕様変更し、食感に変化を与えています。スタイルは決してぶれず、マイナーチェンジしながらおいしさを追求するのが小更スタイル。

女性1人でもふらりと立ち寄れる気軽さもうれしい。
女性1人でもふらりと立ち寄れる気軽さもうれしい。

いつも変わらぬおいしさで受け止めてくれる安心感は、小更シェフの弛まぬ努力と強い意志によって生み出されているもの。1日の終わりに、迷いなくおいしいものが食べたい夜はグルトンへ。小更シェフ、ありがとうございました。

〈ビストログルトン〉

■東京都世田谷区池尻2-33-7
■03-3410-5517
■18:00〜22:00(21:00LO)
■日、第3月休

photo:Wataru Kitao

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR