FotoJet (7)

今年は○○○ブームが来る…? 2021年、注目すべきスイーツトレンド7つとは?スイーツのエキスパート総勢20名が大考察! Food 2021.02.02

2021年、最も輝くスイーツは何か!?時代を彩るお菓子を見つめ続けてきたHanakoが、アワードを開催。総勢20名の審査員の声を集めた今号ではノミネートされたスイーツや、スイーツエキスパートの声から見えてくることがありました。彼ら彼女らの鋭い視点から考察される2021年のスイーツトレンドとは!?1月28日(木)発売号Hanako「ときめく!スイーツ大賞2021」よりお届け。

1. 2021年はスイーツ変革期!?

FotoJet (5)

さまざまなブームが現れては消えていくスイーツ界。昨年はコロナの影響で各店が試行錯誤したことで、今年はこれまでとは一味違うスイーツが流行しそう。販売方法の工夫やSNSの影響もあり、よりカラフルな“スイーツ模様”に変化するとの声が見受けられた。昨今の状況をきっかけに、この変化は定番化しそうだ。

・『ネットショップを開設する個人店が増えて選択肢は豊富に』(下井美奈子さん)
・『Instagramのリール機能が重要なポイントになって“動き”のあるスイーツが流行りそう』(きょん。さん)
・『コラボスイーツ&ニュージェネレーションスイーツが今年も加速していく予感』(本多 純さん)

2.ブームは今年も継続!バナナジュースが熱い!

FotoJet (6)

すでにトレンド入りしていると言っても過言ではないバナナジュース。バナナと牛乳というとてもシンプルな組み合わせながら、奥深い味わいで虜になる人が続出!こだわりの専門店が続々オープンしている様子を見ていると、今年はさらに爆発的な人気となりそう。お店ごとに飲み比べをしてお気に入りを見つけて。

・『バナナジュースは2020年も人気だったけど、2021年はさらに人気になる予感』(はなともさん)
・『バナナジュース専門店が増加!バナナのスイーツにも注目です』(chicoさん)

3.昭和レトロブームに要注目!

FotoJet (7)

20代を中心に“エモい”と話題を集めているのが昭和レトロな雰囲気を楽しめる喫茶店。特にクリームソーダなどが注目を浴びているが、今年は単にレトロかわいいだけでなく、プリンアラモードなどクラシカルなスイーツも“エモい”と人気を集めるだろう。今年も今までより深く、昭和レトロスイーツを探求してみては?

・『プリンアラモードにパフェタイプ、テイクアウト、ボトルタイプなどバリエーションも増えてきた』(chicoさん)
・『バニラアイスやミルクアイスに力が入っているので、どのアイスがクリームソーダにマッチするのか注目!』(シズリーナさん)

4.ホテルスイーツで安心してティータイム。

FotoJet (8)

なかなか外食ができない昨今。屋内でも安心して友達と過ごすなら、やっぱりホテルだ。グループごとのソーシャルディスタンスが守られていて、衛生面もしっかりとしているのがポイントの一つ。さらにおうちではなかなか食べられないクオリティの高いホテルスイーツを堪能しながら、思いっきり非日常感を楽しみたい。

・『ホテルの建設ラッシュとともに、ホテルスイーツも大注目!安心感があり、より人気になる』(下井美奈子さん)
・『非日常感を楽しめるホテルのアフタヌーンティーの需要が高まりそう』(nanshiさん)

5.お菓子でおいしくSDGsを意識。

FotoJet (9)

昨年はSDGsを意識したライフスタイルが急速に広がっていったが、今年はスイーツ界でも注目のワード。皮まで食べられる無農薬果物や、本来は捨てる素材を使ったサステナブルスイーツが増えていきそうだ。また、エシカルに共感できるスイーツを選んで食べるというのも大事にしていきたい。

・『サステナブル&地方創生の要素が詰まったスイーツがさらに増えていくと予想』(安原伶香さん)
・『環境や生産者の生活向上に配慮して作り手の故郷や地方の農産物を活かした商品に注目!』(平岩理緒さん)

6.スイーツ界が注目の素材3種。

FotoJet (10)

審査員たちが注目した“素材”として多く挙がっていたのが栗、芋、イチジク。シーズンもあるが、栗はケーキ類に、イチジクはチョコや大福など洋菓子や和菓子等に多用されている。そして特に注目なのが芋。素材としてだけでなく、芋菓子専門店も増えているのを見ると芋スイーツが流行りそう。

・『芋スイーツは専門店もオープンしているほど注目の的。商品によってはすぐにバズりそう!』(はなともさん)
・『さまざまなスイーツと合わせた芋スイーツが大人気になると思う。絞りたての芋のモンブラン、焼き芋ブリュレが気になる!』(安原伶香さん)

7.Hanakoが気になるキーワード!

FotoJet (11)
FotoJet (12)
FotoJet (13)

審査員のアンケートの中でHanakoが特に気になったキーワードが「パフェグラス」「進化系あんこスイーツ」「パブロバ」。さまざまな形式で提供され始めたパフェグラスに、昔ながらの和菓子の型にはまらないあんこスイーツ。まだマイナーながらもコアなファンがいるパブロバ。Hanakoが気になるスイーツに注目だ。

・『ニュージーランドで流行っているフルーツとメレンゲのパブロバが気になる』(ぼる塾・田辺智加さん)
・『従来の「パフェグラス」の形にとらわれないパフェに注目!』(斧屋さん)
・『あんこ×チョコ、あんこ×クリームなどの進化系あんこスイーツが旬!』(安原伶香さん)

“スイーツエキスパート”な20人の審査員。

審査員
(Hanako1193号掲載/illustration : Maori Sakai text : Yuko Tagi)

「2021年注目のスイーツがわかる!ときめくスイーツ特集。」記事一覧は画像をクリック!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR