甘党茶屋 梅園

低GI「わらび大納言」にまるでマカロンな「もなかプレート」… 【京都】進化する老舗の名店のスイーツに目が離せない! Food 2017.10.16

思わず心ときめく和モダンな甘味の展開やヘルシーをコンセプトにした新ブランドの立ち上げなど、伝統と革新が生む京都の名店の今にクローズアップ!

1.寺町商店街のど真ん中にオープンした大型店舗。〈甘党茶屋 梅園〉

甘党茶屋 梅園

街中の立ち寄りやすい場所にできた新店舗。広々とした建物は、店の表に残っていた古いタイルから発想して、洋館風にリノベーションした。

甘党茶屋 梅園

2階のカウンター席から外を眺めるのも楽しい。

「甘党茶屋とはすなわち、日本のカフェだと思うんです」と、3代目・西川葵さん。厳選した材料を使い、伝統の製法で作る甘味の味わいは昔と変わらぬまま、お店の雰囲気はぐっと現代的で身近になった。

みたらし団子やあんみつ、わらび餅などが一度に味わえる「寺町点心」(880円)(税込)
みたらし団子やあんみつ、わらび餅などが一度に味わえる「寺町点心」(880円)(税込)

10月頃からは、1年以上試行錯誤して開発したという、どら焼きを使った新商品も登場予定。

〈甘党茶屋 梅園〉
昭和2年創業 。河原町通沿いの、現在本店がある場所で開業した甘味処。小ぶりのみたらし団子が名物で、老若男女が集う。3代目・西川葵さんは、ギャラリーを併設した〈うめぞの CAFE&GALLERY〉や、ケーキのような見た目のかざり羹を取り扱うお店〈うめぞの茶房〉など、新傾向のお店を続々とオープン。

2.京都の玄関口で買えるモダンデザインの京菓子。〈鶴屋𠮷信 IRODORI〉

「和菓子を幅広い世代に親しんでいただけるように」と、これまでとは趣をガラリと変えて展開する直営店〈IRODORI〉。

鶴屋𠮷信 IRODORI

京都駅八条口という便利な立地もうれしい。

和紙デザイナー・堀木エリ子氏が装飾を手がけるカフェで、マカロンのような最中をはじめ、和モダンな甘味を味わえる。

小倉あん・抹茶あん・バニラアイスを挟んでいただく「もなかプレート」(900円)
小倉あん・抹茶あん・バニラアイスを挟んでいただく「もなかプレート」(900円)

併設のショップでは、パステルカラーの琥珀糖やスティック状の有平糖など、現代的なデザインの菓子やグッズを販売。

手前から「琥珀糖」(1,000円)、「有平糖」(500円)
手前から「琥珀糖」(1,000円)、「有平糖」(500円)

ほかの店舗では買えない限定物も多いので、帰り際にお土産を選ぶのにも最適。

〈鶴屋𠮷信 IRODORI〉
享和3年創業。初代・鶴屋伊兵衛が上京区で創業し、茶の湯と共に発展してきた京菓子の老舗。昭和25(1950)年に〈株式会社鶴屋信〉を設立。「ヨキモノヲツクル為ニ材料、手間ヒマヲ惜シマヌ事」という家訓を大切に上質な京菓子を種類豊富に生み出す。代表銘菓に風味豊かな「柚餅」や棹菓子の「京観世」など。

3.京都人に長年愛されている焼き菓子店〈村上開新堂〉にカフェが誕生。

〈村上開新堂〉/寺町二条

「お茶とお菓子を店内で楽しみたい」という、お客からの長年の要望に応えて、元々住居であった店奥のスペースを改装し、カフェをオープン。イートイン限定のスウィーツセットがいただける。

村上開新堂

スウィーツセットはフォンダンショコラか、ほうじ茶シフォンケーキの2択。各1,200円。「開新堂らしさを大切にしつつ、ちょっとゆっくりしていただける場所を作りたくて」と4代目・村上彰一さん。

村上開新堂

坪庭を眺めながらくつろげる。

和の空間には、「ルイスポールセン」の照明や北欧家具がしつらえられ、センス抜群。建築やデザイン好きにもたまらない場所に。

〈村上開新堂〉
明治40年創業。皇居内で生まれ伯父に西洋菓子の製造を教わった初代・村上清太郎が、現在の地で開業。戦争による一時休業を経て昭和26(1951)年に再開。素朴で飽きのこない焼き菓子は京都の人々に重宝されてきた。現在の4代目・村上彰一さんは、「寺町バニラプリン」など新商品開発にも意欲的に取り組む。

4. 心にも体にも優しい作りたての和菓子を茶房で。〈亀屋良長〉

亀屋良長

2010年にテキスタイルブランド「SOU・SOU」とコラボレーションして以来、パティシエと新ブランドを立ち上げるなど、今までにないことにも積極的に取り組んでいる〈亀屋良長〉。

亀屋良長

昨年、健康面も意識した和菓子の新ブランド「吉村和菓子店」を立ち上げ、本店の内装をリニューアル。新しくなった店舗で今年6月より茶房も開始した。

〈吉村和菓子店〉による「わらび大納言」(ほうじ茶付き)(1,200円)
〈吉村和菓子店〉による「わらび大納言」(ほうじ茶付き)(1,200円)

低GI値の素材を使った「わらび大納言」をメインに、今後は季節限定メニューなども取り扱っていく予定。

〈亀屋良長〉
享和3年創業。京菓子の名門と謳われた菓子司〈亀屋良安〉が火事で焼失し、当時の番頭・文平がのれん分けする形で創業。初代は良質な水を求めて、現在本店がある四条醒ヶ井の地に店を構えた。今も変わらず同じ場所で、醒ヶ井の井戸水を使用した菓子作りを行う。創業時からあるという「烏羽玉」が代表銘菓。

こんな記事もおすすめ!
☆Hanakoセレクト!ときめき京都旅まとめはコチラ!
☆京都ならではの美食が堪能できる隠れ家的名店3選はコチラ!
☆フォトジェニックメニューに出会える京都の隠れ家カフェ3軒はコチラ!

(Hanako1141号掲載/photo : Makoto Ito, Kunihiro Fukumori (Tsuruya Yoshinobu IRODORI) text : Ai Kiyabu)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR