原宿JINGUMAEKOMICHI20

ニューノーマル時代の“はしご”を楽しもう! 原宿で“食”に特化した新商業施設〈JINGUMAE COMICHI〉が誕生! 東京初出店の8店舗を紹介。 Food 2020.09.17

神宮前・原宿エリアに、食に特化した商業施設〈JINGUMAE COMICHI〉がオープン! ミシュランガイドで星を獲得する名店から、有名店の新業態、東京初出店の店舗まで、全国からおいしいものが集結しました。全18店舗の施設のうち、東京初出店の8店舗をご紹介します。

原宿駅徒歩3分、食のはしごを楽しむ〈JINGUMAE COMICHI〉。

原宿JINGUMAEKOMICHI20

ミシュランガイドで星を獲得する名店から、有名店の新業態、東京初出店の店舗まで、全国からおいしいものが集結した〈JINGUMAE COMICHI〉。

施設内の1階と2階に、全18店舗の飲食店が小径を挟んで連なります。全店にテラス席も設置し、施設の外部と内部が融合することで、一つの街を連想させるような空間の中、食事を楽しめます。

おすすめの巡り方は“はしご”。本来のはしご酒は、場所を変えて転々と飲み歩くことですが……〈JINGUMAE COMICHI〉のはしごは少しちがいます。小径散策での「来店はしご」と、「デリバリーはしご」の2つのはしごを楽しめるのです。

半径約2kmの配達圏内であれば、自宅やオフィス等の好きな場所にデリバリー可能。前菜はこのお店、メインは、デザートは……と、自分だけのわがままフルコースを届けてもらえます。コロナ禍で外出するのはちょっと……という方にも安心です◎。

今回は、全18店舗の中から東京初出店の8店舗をご紹介します。

「もとむのカレーパン」のもとむグループの新業態〈MOTOMU'S BY KAPPA〉。

「MOTOMU’S 白のラグー タリアテッレ」ランチセット 1,800円※ディナー単品の場合 1,500円(各税込)。
「MOTOMU’S 白のラグー タリアテッレ」ランチセット 1,800円※ディナー単品の場合 1,500円(各税込)。
「もとむのカレーパン2本セット」800円(税込)。
「もとむのカレーパン2本セット」800円(税込)。

〈MOTOMU'S BY KAPPA〉は、A5ランクの黒毛和牛を存分に愉しむことのできるトラットリアです。

ランチにはA5ランクの黒毛和牛を用いたパスタやスープカレーを提供。「MOTOMU’S 白のラグー タリアテッレ」は、黒毛和牛をじっくり煮込み、ゴルゴンゾーラと生クリームを仕上げに加えた濃厚な一品。

『ISETAN カレーフェス2020』で、連日完売した幻のカレーパン「もとむのカレーパン」も数量限定で販売します。ディナーではグリルも登場し、食とワインを気軽に味わえます。

石垣牛と有機野菜を楽しむ〈FROM FARM〉。

「石垣牛 赤身肉のグリル 150g」2,900円。
「石垣牛 赤身肉のグリル 150g」2,900円。
原宿JINGUMAEKOMICHI15

「ALL NATURAL from FARM」をテーマに、会津のGLOBAL G.A.P認証農家が生産する有機野菜を中心に全国から集めた選りすぐりの野菜と、産直の石垣牛を堪能できる〈FROM FARM〉。

素材を活かした、ジャンルレスな料理で食材本来のおいしさに出会えます。

国内外のクラフトビールとサイダーを扱う酒屋兼立ち飲みスペース〈BEER CELLAR SAPPORO〉。

BEER CELLAR SAPPORO
原宿JINGUMAEKOMICHI12

札幌発のクラフトビール専門店〈BEER CELLAR SAPPORO〉では、アメリカ・オレゴン州のクラフトビールを中心に、国内外のビールとサイダーを取り扱っています。

冷蔵ケースにズラーッと並ぶボトルに加え、タップも10種類用意。ボトルでもドラフトでも、好きなように飲めるのが嬉しいです。テラス席もあるので、秋の風を感じながらの一杯もおすすめ。

30日間1,500円で、15種類のお茶を何度でも〈USAGIYA 原宿店〉。

USAGIYA
原宿JINGUMAEKOMICHI10

北海道・旭川発、昭和20(1945)年創業の茶店から誕生した日本茶専門店〈USAGIYA〉。

30日間、1,500円の定額制で15種類のお茶を何度でもボトリングできるサービス「USAGIYA TEA BOTTLING」や、抹茶やほうじ茶を使用したスイーツドリンクを提供。トラディショナルな日本茶から、新ジャンルのお茶まで日々の気分に合わせて選べます。

スタッフも全員沖縄出身!〈嘉例酒場 ワンダーキッチン〉。

「ごーやちゃんぷるー」500円。
「ごーやちゃんぷるー」500円。
原宿JINGUMAEKOMICHI8

沖縄で4店舗展開し、地元の方に愛されてきた南の島の大衆居酒屋〈嘉例酒場 ワンダーキッチン〉。

食材は産地から直送、スタッフの方も全員沖縄から上京し、東京にいながら沖縄旅行気分を味わえます。沖縄の家庭料理の定番「ごーやちゃんぷるー」をおばーのレシピでお届けするなど、本格的。本場沖縄の味を、泡盛といっしょに堪能してみてはいかがでしょうか。

アパレルメーカー「ダディアンドサン」初の飲食店〈ikuru〉。

「おばんざい盛り合わせ」1,290円〜。
「おばんざい盛り合わせ」1,290円〜。
原宿JINGUMAEKOMICHI3

アパレルメーカーの〈ダディアンドサン〉がはじめて飲食店を開業! 種類豊富な焼売やおばんざいと、日本酒などを味わえる、どこか懐かしい雰囲気を感じる立ち飲み屋〈ikuru〉。

アパレルブランドらしく、店内ではTシャツやエプロンなども販売。一杯飲みつつ、Tシャツを選ぶ……なんていう、新しい楽しみ方もできるかも。

新鮮な食材を北海道から直送〈魚貝と野菜札幌さんど。神宮前〉。

「名物 活ホタテの浜焼きウニのせ」1,091円。
「名物 活ホタテの浜焼きウニのせ」1,091円。
「名物 うにくら」1つ 600円。
「名物 うにくら」1つ 600円。

札幌・ススキノ〈肉とろばた さんど。〉の2号店として、東京に出店。

えりも、羅臼、日高地域の食材をメインに仕入れています。昼は道産の野菜を味わえるランチ弁当、夜は産地直送の魚貝など、北海道の素材の味を活かしたシンプルな料理・酒のアテをメインに提供。利き酒師が選ぶ道産酒もあり、カウンターメインのアットホームな雰囲気の中、食事を楽しめます。

見た目も豪華な「活ホタテの浜焼きウニのせ」や「うにくら」などは、お酒が進むこと間違いなし!

鹿児島の黒豚とこだわり焼酎を味わう〈黒豚・地鶏ダイニング SATUMA〉。

「黒豚ミックスしゃぶ鍋」1,880円。
「黒豚ミックスしゃぶ鍋」1,880円。

鹿児島で年間50 万人が訪れる食の観光スポット〈かごっまふるさと屋台村〉内で大人気の〈SATSUMA〉が東京進出。

鹿児島でさつまいもを飼料に加えて育てた黒豚と、美容に良いと言われている超軟水温泉水を使ったしゃぶしゃぶが絶品。昼はとんかつ、夜はこだわりの焼酎と一緒に、鹿児島ならではの雰囲気を味わえます。

神宮前の注目施設〈JINGUMAE COMICHI〉ではしご酒を楽しもう。

原宿JINGUMAEKOMICHI18

東京初出店から名店まで、全国の美味しいものを提供する18店舗の飲食店が入る〈JINGUMAE COMICHI〉。ニューノーマルの転換期に、多様化するライフスタイルに寄り添い、デリバリーやお取り寄せ、テイクアウトでの販売にも対応します。

気軽に一杯から、小径散策をしつつお店を“はしご”してみませんか。

〈JINGUMAE COMICHI〉
■東京都渋谷区神宮前1-23-26
■11:00〜23:00 ※店舗により異なる場合あり
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR