n_93A0038_1

新鋭3軒 【京都】憧れ和食体験を、もっとカジュアルにもっと楽しく♡ Food 2017.08.09

粋な空間の割烹で和食を堪能…伝統が残り名店がひしめく京都で是非したいことの一つだけど、ちょっと敷居が高そうなイメージ。そんな和食をカジュアルに楽しめ、さらに料理人の新しい感性が和食の楽しさをもっと広げてくれるお店をご紹介!

1.【移転情報あり】先斗町の路地に灯りをともす新鋭店で炭火焼料理や旬味をお酒と共に満喫。〈酒処 てらやま〉

93A0027

店内はL 字カウンターのみ。阿吽の呼吸で次々と料理を仕上げるお二人の姿もいいアテに。

店主の寺山主一さんは京都の有名料亭や超人気店〈食堂おがわ〉で腕を磨き、同じく料理人の奥さん・絵里佳さんと共に独立。「普段使いできる居酒屋感覚で」とそろえた30品前後のアラカルトは、お造り、和えもの、おでんに、ふるんふるんのダシ巻き、火入れ加減抜群な炭火焼など目移り必至の内容。

「ホタルイカと葱のぬた」(700円)
「ホタルイカと葱のぬた」(700円)

食材や調味料もなるべく店主夫妻の地元のものをと、奥さんの故郷・丹後峰山〈小野甚〉の赤味噌や醤油でキリッとした味わいに仕上げている。

「和牛炭火焼サンドウィッチ」(2,000円)
「和牛炭火焼サンドウィッチ」(2,000円)

ミディアムレアの肉に辛子とケチャップベースのソースが合う。鹿児島の「マルスウイスキー」800円と。

「おでんのいいだこ」(800円)、「たけのこ」(800円)、「大根」(300円)
「おでんのいいだこ」(800円)、「たけのこ」(800円)、「大根」(300円)

昆布とかつおの旨みが活きたダシも味わって。

「お造り2品盛り」(1,500円)
「お造り2品盛り」(1,500円)

この日はサヨリとヒラメの昆布締め。

夫妻の地元・広島や丹後の地酒、ワインなどお酒も多彩。

93A0063

先斗町の路地を入ったところが入口。

予約がベター。地酒700円。

2.惚れた白味噌で新しいおでんを。女性店主のアイデアが満ちた専門店。〈miso嘗sho〉

93A0061_1

じゅわっとダシを含んだ「くるま麩」300円、「半熟卵」250円。なめらかなとろろが旬の葉野菜に絡む「お野菜とろろ」350円、「炙りサーモンチーズ」350円。

一番ダシと鶏ガラスープで炊いたおでんには、ダシでゆるめた白味噌がとろりとあしらわれる。「赤提灯のイメージがあるおでんを京都らしく」と、店主の河原奈美さんが惚れ込んだ老舗〈山利商店〉の白味噌を使用。

93A0066

調理は、割烹などで修業をした若き料理長が手がける。

定番ものに加え、ほたてバターや揚げ餅、牛タンなど斬新なおでん種がそろう。

93A0031

おでんのじゃがいもを使ったコロッケとポテサラのミックス「コロポテ」500円。卵黄の味噌漬「満月」400円。

おでんの天ぷらや味噌からあげなど、お酒を進ませる一品も。

93A0012_1

掘りごたつのカウンターのほか、テーブルも8席。

93A0079

要予約。おでん200円~、日本酒800円~。

3.季節を映した黒板メニューにときめく創味巧みな若店主のカジュアル割烹。〈わしょく 宝来〉

93A0012

白木のカウンター前で手際よく作業する宝来さん。カウンターの椅子は肘置き付きで座り心地抜群。

開店から約1年ですでに祇園界隈のリピーター多数。33歳の主・宝来剣太さんが毎朝市場へ足を運んで選んだ旬の魚や野菜をメインに据え、「この日食べてほしいもの」を黒板に記す。

93A0038_1

甘みの強いひね芋に、醤油風味の鴨スジ肉を合わせた「鴨コロッケ」1個200円。丸ごとほぐして食べやすく潔く盛った「毛がに」1,200円。

93A0041

春の味覚を一椀に閉じ込めた「はまぐり若竹煮」700円。筍を炊いたダシとハマグリの酒蒸しを合わせて木の芽をふわり。

93A0049
93A0052

自家製デザートの山椒を振った「ごぼうアイス」、「コーヒー豆ぷりん」各300円。

正統派の日本料理からコロッケやプリンまで多彩なラインナップが楽しく、どれも食材の魅力がストレートに伝わる。価格は表記されていないが、ごくごく良心的なのでご心配なく。

93A0060

予約がベター。さば昆布巻き1,500円~、生ビール550円、地酒800円。

こんな記事もおすすめ!
☆Hanakoセレクト!ときめき京都旅まとめはコチラ!
☆京都ならではの美食が堪能できる隠れ家的名店3選はコチラ!

(Hanako1131号掲載/photo : Koichi Higashiya text : Awa☆Moriko)

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR