月500円で始める「お茶のサブスク」って?〈煎茶堂東京〉でティータイムが贅沢に。
2020.05.19

第27回 木村ミサと本日のティータイム。 月500円で始める「お茶のサブスク」って?〈煎茶堂東京〉でティータイムが贅沢に。

こんにちは。木村ミサです。GWも終わり、いつもだったら5月病という言葉がちらほら聞こえる時期ですが、ずっとおうちにいるせいか、今年はなんだかずっと5月病のような気分。時期が明けたら、“こんなGWの過ごし方も良かったよね!”と思える日が来ますように。さて、季節はいよいよ新茶の時期!スーパーで新茶が並んでいるのを見るとワクワクします。今回は、私のちょっぴり贅沢タイムを共にしてくれるお茶をご紹介します。
木村ミサ
木村ミサ / モデル

「お茶が好きで、きになるお茶を目にするとスッとレジに運んでしまう程のTEA党。世界の様々なお茶の効能や淹れ方、飲み方、文化などを勉強し毎日愛飲している。 身体の内側からキレイに健康になる食生活でモデルとして活動中。」

木村ミサさんの記事一覧 →

みなさんは、“お茶のサブスク”があるのを知っていますか?以前、連載でご紹介した〈東京茶寮〉の〈煎茶堂東京〉が、日本初の「見て飲む」お茶の定期便サービスを開始。月500円で、茶葉とそのお茶に関する情報が載った冊子が楽しめるのです。単一農園、単一品種をこだわる〈煎茶堂東京〉ならではの、毎月違ったシングルオリジンの茶葉が2つ届くので、「今月はどんなお茶かな?」と毎月私にときめきをくれます。

木村さん連載 27回

このように、情報誌『TOKYO TEA JOURNAL』が届きます。お茶について深掘りしたいと思うと、「いつも飲んでいるこのお茶は、どのような場所で、どういった人が作っているのだろう?」そんな疑問が頭に浮かぶけど、知る術はなかったりする。そんなお茶好きのかゆい所に手が届く、読み応えたっぷりな一冊。淹れ方や茶葉のチャートが丁寧に記載されているので、一煎目、二煎目…とそれぞれ温度や蒸らし方までこれに沿って淹れるといつも以上に丁寧な一杯になるのです。

【本日の1杯目】「さえみどり」

木村さん連載 27回

鹿児島県霧島のヘンタ製茶のシングルオリジン。環境に優しく、茶葉作りに適した霧島山麓の標高200〜300mの茶畑で自家配合堆肥による土作りにこだわり、無農薬または有機栽培されているそう。

木村さん連載 27回

茶葉はしっかりとまっすぐ、そして鮮やかな緑が印象的で凛としている。「さえみどり」は、緑が綺麗に出るのが特徴の茶葉。そそいだらどんな色を纏ってくれるのだろうと期待が高まります。

木村さん連載 27回
それでは一煎目。温度は60度、湯量60mL、蒸らし時間80秒。 低温でじっくりと蒸らして注ぐと、鮮やかな緑が湯呑みに。香りも草原をかけるハイジのようなさわやかさ。いただくと、まずまろやかな甘みと旨味を感じる。このとろっとしたまろやかな旨味は、低温でじっくりと蒸らした茶葉の魅力。一煎目は二、三煎目と確実に印象が違うので、毎回ドキドキです。この変化球なレシピは自分じゃ中々辿りつかないので、『TOKYO TEA JOURNAL』を読みながらいただくことの真骨頂だったりします。
木村さん連載 27回
二煎目。温度は80度、湯量120mL、蒸らし時間10秒。 先ほどとは全く違うのが目で見てわかります。くっきりした鮮やかさがさらに深まり、「さえみどり」の真価に気づかされる。色味の色の深みと共に、どっしりと構えた海苔の香りとコクが増します。舌に残りすぎない渋みがもはやさわやかさをプラス。

『TOKYO TEA JOURNAL』にはそれぞれの抽出レシピが載っているので、それを忠実に再現してみましょう。

木村さん連載 27回

『TOKYO TEA JOURNAL』には、抽出レシピとペアリングしたい逸品が載っています。「さえみどり」のペアリングの逸品はいちごのフルーツサンド。フルーツサンドのキラキラフレッシュな大型新人アイドル感よ。断面だけで可愛いなんて推せる。そんないちごサンドの甘酸っぱさとクリームのまろやかさが、二煎目の深みと合わせると本当に馬が合う。「さえみどり」も主役級の鮮やかさとさわやかさを持っていると思ったら、主役を引き立たせてくれる相手役にまでなってくれる。そんないろんな面が見れるのが魅力なお茶です。

【本日の2杯目】「釜炒りはるもえぎ」

木村さん連載 27回

鹿児島県日置市の伊集院町にある、前鶴製茶のシングルオリジン。九州では釜炒り茶という、煎茶ではない、釜で炒った製法で作られる香ばしい香りが特徴のお茶である。前鶴製茶の前鶴憲一さんの祖父が、この釜炒り茶に惚れて以来ずっと作り続けて来たと言う。

木村さん連載 27回

釜炒り茶は釜で炒って、ドラム缶でぐるぐると回しながら乾燥させるので、茶葉がくるんとしているのが魅力。見た目は少し中国茶にも似ています。淹れると急須の中で茶葉たちが踊るようにふわっと広がるのが見ていて愛らしい。

木村さん連載 27回
まずは一煎目。抽出レシピを忠実に再現して行きましょう。温度は90度、湯量は70mL、蒸らし時間15秒。 高温で思いっきり香りを出し切る飲み方。一煎目は香りをしっかり堪能しつつ、高温で淹れてもあまり苦味が出ないのでくいっと一杯でいただけちゃいます。色は黄金色で、見た目も中国茶には近いですが、中国茶独特の渋みがなく、釜炒りの炒った香りがダイレクトにシュートしてくれます。
木村さん連載 27回
二煎目。温度は85度、湯量120mL、蒸らし時間30秒。 三煎目。温度は90度、湯量70mL。蒸らし時間45秒。 2つを混ぜていただきます。ふわっと開いた茶葉から香りがしっかり鼻を通る。そしてお茶の旨味や渋みが広がります。ぐっと淹れた後の二煎目は釜炒り茶の茶葉の魅力が詰まった飲み方なので、「これ、いつも飲んでるよね?」となるような、どこか懐かしい田舎の香りを感じます。
木村さん連載 27回

「釜炒りはるもえぎ」のオススメのペアリングは茹でそらまめなので、二煎目で一緒にいただきます。今年初のそらまめ。このタイミングでいただけるなんてなんて贅沢。カラッと飲みやすい釜炒り茶の甘みと、そらまめの相性が抜群。縁側で日向ぼっこしながらいただきたいペアリングです。また前鶴さん曰く、「飲みやすいので、食事に合わせてガバガバ飲んでいただきたい」そう。日常に寄り添ってくれる釜炒り茶は、毎日飲むお茶としてもとってもオススメです。

お茶のサブスクで、読んで、見て、飲んで楽しい体験がおうちでできるなんてなんて贅沢。毎回4gずつ届くから、“これ好みだから買ってみようかな?”と言うきっかけになるのもありがたい。気になった茶葉は〈煎茶堂東京〉の通販でも買えますよ。皆さんも、おうち時間にお茶を読んでみませんか?それでは本日の一杯、召し上がれ!

今月のスペシャル

食べて応援!全国おいしい「お取り寄せ」特集食べて応援!全国おいしい「お取り寄せ」特集
TOPに戻る