まるで台湾!?自由が丘にニューオープンした〈蓮月庭〉で台湾本格茶藝館を堪能しよう。
2020.01.21

第19回 木村ミサと本日のティータイム。第19回 まるで台湾!?自由が丘にニューオープンした〈蓮月庭〉で台湾本格茶藝館を堪能しよう。

2020年一発目!明けましておめでとうございます。木村ミサです。昨年は、この連載を始めてさらにお茶のことが好きになり、今年はもっともっと深く知れる機会を増やすのが目標な私です。どんなお茶に出会えるか、今からドキドキしています。今回は、2019年最後に出会った、衝撃的な新店をご紹介します。
木村ミサ
木村ミサ / モデル

「お茶が好きで、きになるお茶を目にするとスッとレジに運んでしまう程のTEA党。世界の様々なお茶の効能や淹れ方、飲み方、文化などを勉強し毎日愛飲している。 身体の内側からキレイに健康になる食生活でモデルとして活動中。」

木村ミサさんの記事一覧 →

自由が丘の、路地を一本入ったところ。そんな隠れ家的な場所に蓮月庭はあります。本格台湾茶藝館として2019年11月にオープンしたばかりの新店。以前旅行で台湾の茶藝館へ行った時に、美しい所作に魅了されてから、いつかまた行きたいと思っていたのですが、そんな本格的な台湾茶が日本で体験できるお店ができたと聞き、念願の蓮月庭。お店も路地裏にあるので、なんだか台湾に瞬間移動したような不思議な気分に。

【本日の1杯目】「大禹嶺原始林」

名称未設定2

本場台湾の茶藝館で従事してきた店主の洪さんの、本当に美味しい台湾茶を多くに人に知ってもらいたいという思いもあって、台湾席茶を頼むと、目の前でレクチャーしながら一煎目は店主が丁寧に淹れてくれる。今回は「大禹嶺原始林」という台湾花蓮県の高山烏龍茶をチョイス。海抜2600m以上のほとんど人が足を踏み入れていない山奥でゆっくりと育った貴重な茶葉を使用。台湾茶が手にはいる場所は増えてきつつあるけど、日本で中々ここまで本格的な茶葉に巡り会える機会がないので嬉しい出会い。

名称未設定-

香り、色、味の変化など、五感で楽しむことができる席茶。茶葉を入れる時や、蒸らした後の香りも楽しみながら、ふわっと茶葉が広がる様子まで。じっと見ているだけで時間を忘れてゆったりリラックスできる空間が広がります。この日はど年末、師走真っ只中だったので、この時間が間違いなくそんな忙しさを癒してくれました。

名称未設定¥

台湾でも珍しいこだわりの茶器とともに。丁寧に淹れられた一煎目。香りはほのかに花のような丸みのある香り。温度、香り、全てがちょうどいいタイミングで淹れられた一煎目は、すっきりとした高貴な味わいの中にしっかりと旨味も感じられつつ、香りとともに甘みも感じる。二煎、三煎とどんどん違う顔を見せてくれるのがまた楽しく、何度もお茶を楽しめるのも席茶の良いところ。席茶は1セットで2人で楽しむことができるので、恋人や友達とシェアしながら、ゆっくりとした時間を過ごすのも良いかもしれません。

名称未設定--
お茶菓子として出たドライマンゴー。

そして、今回衝撃だったのがお茶菓子として出たドライマンゴー。台湾産の、糖分無添加でオーガニックにこだわって作られたもの。マンゴーの自然の甘みと酸味、硬さも今まで食べたことのあるドライマンゴーとは全然違うのです。これをお供にいただくお茶がまた至福…。ずっとカバンの常備品として持ち歩きたくなるくらい、やみつきになります。

【本日の2杯目】「日月潭紅茶碗茶」

mk

席茶の他に気になったのがこの椀茶。大きめの茶碗に茶葉が入っていて、沈んだ頃にレンゲで湯呑みにすくっていただくスタイル。台湾でも見たことのない、〈蓮月庭〉ならではの新たなお茶の楽しみ方。そのまま飲むスタイルはあるけど、ちゃんとお湯を注いで、上品にいただける飲み方を店主が考えたんだそう。「日月潭紅茶碗茶」は、台湾中部の日月潭紅茶。大きな茶碗いっぱいに広がる茶葉や色の変化が綺麗に見えるのも椀茶の良さ。すっきりとした清涼感のある香りがしてきたところで早速いただいてみましょう。

ko

飲み口は紅茶のコクと深みのある味わいがしながら、日月潭の特徴である、メンソールのような清涼感のあるすっきりした香りが爽やかに吹き抜け、スッとした気分になれる不思議な感覚を覚えます。日月潭独特のこのすっきり感が台湾でも人気の茶葉だという理由がわかる。そして、茶碗から湯呑みに入れる工程も新鮮で楽しくいただけるので、ここでぜひ体験してもらいたい。

【本日の甘味】「ピーナッツ豆花」

vgn

ここでは台湾の本格的スイーツをいただけるのもポイント。今日本で人気のヘルシースイーツ豆花をいただいたのですが、これも衝撃的美味しさだったのでご紹介。豆乳から作られたヘルシーな豆花にピーナッツの自然の甘みで一緒にいただくと相乗効果抜群。優しい甘みなので、甘いのが好きな方はもちろん、苦手な方でもするすると食べられちゃいます。全く重くないので罪悪感なく食べられちゃうありがたいスイーツなのです。

vhk

知る人ぞ知る、通な台湾茶藝館で本格的台湾茶をいただける蓮月庭。思わず人に教えたくなっちゃうくらい、丁寧でゆったりとした時間を届けてくれる場所。台湾に行かずとも、お店の中はもはや台湾へ行ったような気分にしてくれて、本格的台湾茶と台湾スイーツを堪能できる稀少な空間をぜひとも皆さんと共有したい。この週末の予定は、自由が丘で台湾へプチ旅行気分を味わって見ませんか?それでは本日の一杯、召し上がれ!

〈蓮月庭〉

■東京都目黒区自由が丘2-15-10 A&Dハウス102
■03-5701-0033
■月~金 11:00~18:00 土・日11:00~19:00

■前回の「スリランカの茶葉をブレンド。常連になりたくなるお店〈モンマスティー〉で心に染みる一杯を。」はこちらから。
■『本日の至福、この一杯より。』連載ページはこちらから。

TOPに戻る