きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」
2022.02.02

第21回 さあ、行くわよ? きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」第21回〜『パールのすごさに気づいたわよ』〜

きゃりーぱみゅぱみゅが「大人なLADY」を目指す日々を綴る連載。おかげさまで、話題沸騰です。第21回は「パール」のお話。

『パールのすごさに気づいたわよ』

皆さま、ごきげんよう。先日、結婚式とお葬式が同時に来た、きゃりーぱみゅぱみゅです。ほんと大人になったんだなあと実感した瞬間です。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

結婚式もお葬式も、私がまだ小さな頃には出席したことはあるんですけど、きゃりーぱみゅぱみゅになってからは初です。なので、まず結婚式のテーブルネームで悩んでしまうことになってしまいました。

というのも、そういうプライベートな席でも「きゃりーぱみゅぱみゅ様」だとやっぱり恥ずかしいんですよね。だからといって急に漢字4文字の本名にすると「えー、きゃりーってあんな本名なんだ」って思われるだろうし、それも嫌だなあと…。結局、間を取って「きゃりー様」にしていただきました。

出席したのは、いつもお世話になっているダンサーさんの式です。会場は明治神宮の近くにある明治記念館というところで、由緒正しき日本の結婚式スタイルで行ないました。だからなのか、自分が生まれたときと同じ重さの米俵をご両親に渡していたんですけど、こんな小さな米俵みたいだった我が子が今、目の前では立派な花嫁になっていて、これから旅立とうとしている…という姿にめっちゃ感動して、思わず泣いてしまいました。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

それにしても結婚式は、服選びが難しいですね。きゃりーぱみゅぱみゅとなると特に…。それまでの私といえば、「〇〇さ~ん、××さ~ん、ご結婚おめでとうございま~す!」とスクリーンからお邪魔するビデオレター芸人としての参加ばかりで、まだお会いしたことのない旦那さんに向かって「おめでと~! いえ~い!」みたいな感じだったので、服で悩んだことなんてなかったんですね。

なので最初は、式に招かれたゲストとして、なるだけ地味なものがいいだろうと思ってそういう服を買ってみたんですけど、それを結婚式の前の日に人生経験豊かなパイセンのIさんに見てもらったところ、こんなことを言われてしまいました。

「いや、きゃりーぱみゅぱみゅとして呼ばれてるんだから、もっと派手にしなさいよ~。ってか、それが礼儀っしょ。なんでこんなネイビーの地味なワンピース着ようとしてんだよ」

とはいえ、あんまり目立ってはいけないだろうと思って、結局当日は、色は黒だけどちょっとボリュームのあるドレッシーな服で参加させていただきました。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

まあでもそういう服で悩んだりすることも含めて、結婚式は楽しかったな~。けっこうハマったかも。めっちゃ感動しましたし、座席の配置とかもちゃんと考えられてて「うぇーい、きゃりーだ!」のような人もいなくて、本当に素敵な結婚式でした。

そしてお葬式なんですが、これはインスタにも書いたんですけど、きゃりーチームでグッズとかアートディレクションに携わってくれていた方が闘病の末に亡くなられてしまったんです。とっても大好きな方だったので、本当に悲しい出来事です。

ここでも服で困ってしまいました。もうアラサーなんだし、喪服の一着くらいは用意しておかないと…とは前から思っていたんですけど、もし喪服を買ったことで不幸が続いちゃったらどうしようとか、あと、震災グッズもそうなんですけど、それを買ったことで大きい地震が本当に起きてしまったらどうしようとか考えてしまって、なかなか手を伸ばせなかったんですね。

現実主義者のくせにこういうところだけやたら気にしちゃうタイプで、そのせいで喪服はずっと持っていなかったんです。それでネットで喪服のマナーを調べて、その条件を満たしていそうな黒のワンピースを買ったんですけど、ここがポイント。なんと真珠は、お葬式でも結婚式でも着けていいんですね。パールすげえ!となりました。

控えめなのに華やかだし、そんなブリンブリンのやつじゃなくてちょっと小さめのパールを着けたら冠婚葬祭どれにも行ける。パールは涙を象徴するアイテムなんだそうです。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

あと、これもまたポイントなんですが、ピアスならなんと800円で買えちゃうんですよね。しかも両耳で。本物か偽物かわからないですけど、その値段で駅ビルのアクセサリーショップで売ってました。いや~、万能なのにこんなに手に入れやすいんですね。

ちなみに本物のパールって、もともとは大気中にあった二酸化炭素からできてるらしいんですよ。海に溶け込んだ二酸化炭素は貝の餌となる植物プランクトンにまず取り込まれて、貝がそれを食べることで二酸化炭素を炭酸カルシウムにしてそれでパールを作るそうなんです。だからパールの輝きは、二酸化炭素を減らすことに一役買っているというわけなんですね。めっちゃエコだ~。

それで私は思いました。私はパールみたいな存在になりたいんだと。大人になると冠婚葬祭に出席するようになります。つまり大人なLADYとは、まさにパールそのもの。パールの涙には、人生におけるうれしさや悲しみが海の優しいきらめきに包まれて、二酸化炭素とともに詰まっています。私はまだどちらかというとシルバーやゴールドを着けちゃうほうなんですけど、いつかサラッとパールを着けられるような女性になりたいです。

過去の連載はこちら

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る