【にごり酒】プチプチはじける純白のにごり酒「山本 ど 純米」~『伊藤家の晩酌』~第二十二1本目/
2021.03.21

第82回 娘から父へ…おいしい日本酒おしえます! 【にごり酒】プチプチはじける純白のにごり酒「山本 ど 純米」~『伊藤家の晩酌』~第二十二1本目/

弱冠23歳で唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入! 酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは? 第二十二夜は「にごり酒」に注目!1本目は日本酒好きなら知っている有名な秋田の蔵のにごり酒。
(photo:Tetsuya Ito illustration:Miki Ito edit&text:Kayo Yabushita)

第二十二夜1本目は、はじける発泡感がたまらない真っ白なにごり酒「山本 ど 純米」から。

秋田県山本郡に位置する山本酒造店の「ど」。粗めのざるで濾して瓶詰め。どろりとした飲み口とプチプチとした発泡感で、冬の人気商品に。
秋田県山本郡に位置する山本酒造店の「ど」。粗めのざるで濾して瓶詰め。どろりとした飲み口とプチプチとした発泡感で、冬の人気商品に。
「山本 ど 純米」720ml 1290円(税別・ひいな購入時価格)/株式会社山本酒造店
「山本 ど 純米」720ml 1290円(税別・ひいな購入時価格)/株式会社山本酒造店
秋田県山本郡に位置する山本酒造店の「ど」。粗めのざるで濾して瓶詰め。どろりとした飲み口とプチプチとした発泡感で、冬の人気商品に。
「山本 ど 純米」720ml 1290円(税別・ひいな購入時価格)/株式会社山本酒造店

娘・ひいな(以下、ひいな)「今回のテーマは、にごり酒です!」
父・徹也(以下、テツヤ)「お? 初めて?」
ひいな「そうだね、にごり酒は、実は初めて!」
テツヤ「これ、ちょっとにごり過ぎじゃない(笑)?」
ひいな「真っ白でしょ(笑)?」
テツヤ「すごいね、これは」
ひいな「『山本』ってお酒、知ってる?」
テツヤ「知らないねぇ」
ひいな「結構、有名な銘柄なんだけどね」
テツヤ「どこの蔵なの?」
ひいな「秋田。『山本』って、いろいろなお酒を出していて、その中でもにごりといえば!っていうくらい有名なの」
テツヤ「そうなんだ」
ひいな「にごり酒特集をやるとしたら、これは欠かせない1本!」
テツヤ「そんなに!」
ひいな「その名も『ど』です!」
テツヤ「にごり酒ってさ、ちょっと重いイメージがあるよね」
ひいな「うん、そのイメージは確かにあるね」
テツヤ「次の日、仕事がないことを確認してから、飲みたい感じしない?」
ひいな「(笑)。でもね、今回紹介する3本で、そのイメージが変わると思う!」
テツヤ「へぇ、そうなんだ。新たなにごりの境地に誘ってくれるわけね」
ひいな「そう。楽しみにしてて。じゃ、まず飲んでみますか!」
テツヤ「うぃっす!」

真っ白、どろどろ。重たそうな見た目とは裏腹に……?
真っ白、どろどろ。重たそうな見た目とは裏腹に……?

テツヤ「こりゃ、すごいね。どろどろだ」
ひいな「ちょっと神秘的じゃない? この混ざっていく感じが」
テツヤ「初めに混ぜちゃうの?」
ひいな「うん。混ぜちゃう。開けただけで、勝手に中身が混ざっちゃう」
テツヤ「発泡してるの?」
ひいな「うん、すごい発泡してる。生酒だからね」
テツヤ「開けると大変なことになりそう」
ひいな「こういう発泡系のお酒のキャップは、空気穴が空いていて、空気が逃げるようになってるの。だから、横に倒しちゃいけなからね。こういう吹き出る系のお酒を開けるには、2つのパターンがあって。じっくり5分くらいかけてじわじわ開けるか、ボウルとか受け皿をを下に敷いて、吹き出る覚悟で開けるか」
テツヤ「これはどっちのパターンでいく?」
ひいな「いやぁ、ていねいにいきたいね(笑)。じゃ、一旦、落ち着かせてる間に、2週間前に開けたのにまだプチプチ感がすごいやつがあるから、それを飲んでみてほしいな」
テツヤ「おぉ! 飲もう、飲もう」
ひいな「今朝ね、味見してたんだけど、びっくりしたの」
テツヤ「朝からにごり酒飲んでたの(笑)? 飲むヨーグルト飲んでるとみせかけて……?」
ひいな「(笑)」

2週間前に開けても、まだ発泡中!
2週間前に開けても、まだ発泡中!
まずはお味見として、乾杯!
まずはお味見として、乾杯!
いただきます!
いただきます!
思わず笑みがこぼれるおいしさ。
思わず笑みがこぼれるおいしさ。
2週間前に開けても、まだ発泡中!
まずはお味見として、乾杯!
いただきます!
思わず笑みがこぼれるおいしさ。

テツヤ「さわやか!」
ひいな「ね。重すぎないでしょ?」
テツヤ「うん、めっちゃうまい!」
ひいな「でしょ?」
テツヤ「これは、やばいね。グイグイいっちゃうね。甘くないし、ドライだから、するする飲めちゃう。もう待てないからさ、下にお皿を置いて開けちゃおうよ!」
ひいな「やっちゃう? 本当はね、この上澄みだけを飲んでほしかったんだけど。今回は断念するね」

ふたを開けた途端、勢いよく混じり合うお酒。あふれたお酒をグラスで受け止めようとする父・テツヤ。
ふたを開けた途端、勢いよく混じり合うお酒。あふれたお酒をグラスで受け止めようとする父・テツヤ。

テツヤ「おぉぉ! 勝手に混ざってく!」
ひいな「大丈夫そうだね。吹き出しそうで吹き出さないかも?」
テツヤ「セーフ、セーフ!」
ひいな「生きてるって感じだね」
テツヤ「生きてるね。すごいね」
ひいな「マグマみたい」
テツヤ「温泉みたいに湧き出てきた。秋田の雪深いところでさ、温泉入りながら、にごり酒飲みたいねぇ。湯冷めに岩の上に上がってさ」
ひいな「(笑)」
テツヤ「注ぐ時は普通に注ぐの?」
ひいな「うん」

開けたてはどんなお味?
開けたてはどんなお味?
いただきます!
いただきます!
開けたてはどんなお味?
いただきます!

ひいな「瓶から出てこないくらい固まってるね」
テツヤ「うわ、初めからこんなにどろどろなんだね」
ひいな「もう一回、乾杯!」
テツヤ「うわ〜、炭酸がいいね!」
ひいな「プチプチにはじけてるね」
テツヤ「これ、ぜんぜん重くないじゃない!」
ひいな「見た目と違うよね」
テツヤ「むしろ、さわやかさを感じるよ!!」
ひいな「ちょっとさ、りんごっぽい感じしない?」
テツヤ「うん、たしかに。わ、グラスにもべっとり」

グラスについたあとが残るほど!
グラスについたあとが残るほど!

テツヤ「ヨーグルトみたいなさわやかさと、プチプチ感がいいね。これ酔うのかな(笑)?」
ひいな「アルコール度数15%あるからね。酔うよ。飲みすぎ注意!」
テツヤ「新鮮な味わいだよ。飲んだことないにごり酒だな」

「山本 ど 純米」に合わせるのは、「玉ネギの味噌チーズディップ」をパンと一緒に。

【にごり酒】プチプチはじける純白のにごり酒「山本 ど 純米」~『伊藤家の晩酌』~第二十二1本目/

ひいな「このにごり酒に合わせるものさ、何が想像できる?」
テツヤ「えー。なんだろうな……。ジビエ?」
ひいな「おぉ、なるほど。そう来たか」
テツヤ「秋田だしさ。今日、熊の鍋とか出てくるのかな?」
ひいな「(笑)。レベル高すぎるよ! これね、めちゃくちゃ悩んだんだけどね。玉ネギを使ったディップとパンです」
テツヤ「??」
ひいな「これは説明なしで、まずは食べてもらおうかな」
テツヤ「うん、いただきます!」
ひいな「どう?」
テツヤ「うん? なんか甘いぞ?」
ひいな「ちょっと甘いでしょ? これ田楽味噌の甘さなの」
テツヤ「味噌の甘さなのか」
ひいな「田楽味噌とクリームチーズ、万能ネギと玉ネギを混ぜてある」
テツヤ「なるほど。複雑な甘さがあるね」
ひいな「これと、このにごり酒がすごく合うの」
テツヤ「口内調味で」
ひいな「うん」

【にごり酒】プチプチはじける純白のにごり酒「山本 ど 純米」~『伊藤家の晩酌』~第二十二1本目/

テツヤ「おぉ、合う合う。口のなかでタルタルソースが完成するみたいな感じ?」
ひいな「試作をすごくがんばってたんだけどね。玉ネギのスライスをクリームチーズと田楽味噌を加えて煮詰めてみたり。すごくおいしかったけど、見た目がね……(笑)」
テツヤ「茶色(笑)」
ひいな「それを改良して、パンに合わせてみました」
テツヤ「なるほど」
ひいな「ちなみに、このパンは父のお友だちのジャニーさんのパンです」
テツヤ「大学の頃の同級生なんだけどね。俺よりも先にカメラマンになったんだけど、海外行ってもパン屋ばっかりめぐっててさ。パン屋をはじめて、もう20年くらい経つかな」
ひいな「どこにあるんだっけ?」
テツヤ「八王子にある〈麦むぎ工房〉」
ひいな「これ、パンだけどいいおつまみになるでしょ?」
テツヤ「俺にはちょっと甘すぎるけど、単体で食べるよりも、お酒と合わせた時にめちゃくちゃ合うね」
ひいな「よかった。ペアリング成功だね」
テツヤ「補完しあってる感じがするな」
ひいな「お酒の甘みと合うし、味噌が入ってるから和風味が日本酒に合うのかも」
テツヤ「このにごり酒にパンを合わせるとは意外だったな」
ひいな「パンに合わせるのは前に『ちえびじん』と〈宗像堂〉のパンで合わせてみたから、今回はソースで遊んでみるっていうのをやってみたくて」
テツヤ「なるほど。こりゃ、シャレたつまみだね。てっきり熊が出てくると思ってたから(笑)」

いま、にごり酒がブームに? まさに、冬から春の今がシーズン!

【にごり酒】プチプチはじける純白のにごり酒「山本 ど 純米」~『伊藤家の晩酌』~第二十二1本目/

ひいな「このお酒って、海外でなんて呼ばれてるか知ってる?」
テツヤ「雪みたいだからスノーなんとか? うーん……ホワイトアウト!」
ひいな「正解は、クレイジーミルクでした!」
テツヤ「なるほど。酔っちゃうミルクね。確かに、グイグイいってしまったが最後……」
ひいな「危険だよね」
テツヤ「これって、乳酸発酵してるの?」
ひいな「うん。発酵してるからプチプチしてる」
テツヤ「俺、にごり酒好きだなぁ」
ひいな「ほかの2本も、違うタイプのにごり酒を用意してるからお楽しみに。どれも三者三様で違うから」
テツヤ「そうか! これでにごり酒好きとか言ったらダメなんだな。ほかのも飲んでみないと!」
ひいな「いろいろなタイプがあるからね」
テツヤ「にごり酒ってなんか酔いがまわるのが早い気がするね。まだ1本目なのに、なんか酔ってきたぞ……」
ひいな「普通に度数あるからね」
テツヤ「これは冬限定なの?」
ひいな「だいたい、にごり酒のシーズンって冬が多いんだよね。2月から春先までが買い時かな。2020年の最後から2021年頭にかけて、実はにごり酒がすごいブームになってて」
テツヤ「そうなんだ! そのムーブメントはどっから来てるの?」
ひいな「インスタとかですごい人気で、いま出荷量も多いの。いろんな蔵が出してる」
テツヤ「おぉ、楽しいね」
ひいな「どこの蔵が発端なのかはわからないんだけど、いますごくいろいろな種類があって。この波に乗っておかないとと思って!」
テツヤ「さすが!」
ひいな「自粛期間になって、みんな飲んだ日本酒をインスタに載せるようになったんだけど、特に、にごり酒が目立つようになったかな」
テツヤ「でもさ、にごり酒の方がカロリー高い気がしない?」
ひいな「そうだね(笑)」

【にごり酒】プチプチはじける純白のにごり酒「山本 ど 純米」~『伊藤家の晩酌』~第二十二1本目/

ひいな「ここの蔵の方針がおもしろくて。ホームページにね『日本酒は頭で飲むな、心で飲め。』って書いてあるの」
テツヤ「いいね(笑)」
ひいな「あと、この蔵は、8時間労働時間がある間、造り手の好きな音楽を流してるんだって」
テツヤ「でも、造り手さんっていっぱいいるだろう?」
ひいな「だね(笑)。日替わりで変わるのかな?」
テツヤ「『ちえびじん』の蔵はクラシックかけてたし。大丈夫なのかな? ロックとかかけちゃっても」
ひいな「あとね、蔵で発見された酵母があるらしいんだけど、その名前は何でしょう?」
テツヤ「ふざけてるんでしょう?」
ひいな「うん(笑)。お父さんがよく言う単語かもしれない。あ、この写真、なんとかだね、みたいな」
テツヤ「この写真、エモく撮れたと思わない?とか」
ひいな「え?」
テツヤ「そんなこといわないか(笑)」
ひいな「言わない(笑)」
テツヤ「なんだろう?」
ひいな「よくさ、自分の撮った写真とか艶っぽかったりすると、色っぽいとかセクシーとか言うでしょ?」
テツヤ「セクシー酵母?」
ひいな「そう。セクシー山本酵母」
テツヤ「芸名みたいだな(笑)」
ひいな「瓶にセクシー山本酵母って書いてあったら笑っちゃうね」
テツヤ「おもしろい蔵だね。秋田行ってみたいね」
ひいな「『ど』もぶっとんでる名前だけど、『ドキドキ』とか『ウキウキ』、『ピュアブラック』『ターコイズブルー』『ミッドナイトブルー』『サンシャインイエロー』『フォレストグリーン』とかもあるの」
テツヤ「それが酒の名前なの?」
ひいな「そう」
テツヤ「おもしろいね」
ひいな「父が好きそうなのもあってね。『ツーアウトフルベース』っていうのと、それを飲み終わってから飲むお酒として『逆転サヨナラ満塁ホームラン』っていうのもある」
テツヤ「(笑)」
ひいな「ちなみに、『ツーアウトフルベース』と『逆転サヨナラ満塁ホームラン』のラベルの裏には野球の豆知識も書いてある」
テツヤ「おもしろい蔵だね」
ひいな「楽しそうだよね。日本酒好きで『山本』は知らない人はいないぐらい」
テツヤ「そりゃ行ってみないと。秋田はほかにもいっぱい蔵あるしね」
ひいな「行こう行こう!」
テツヤ「あれ……? 俺、結構酔っ払ってるかも」
ひいな「さすがクレイジーミルク! 注意しないとね!」

【ひいなのつぶやき】
神秘的かつクレイジーミルクな「ど」を飲んで、楽しく酔いましょう!!!
ひいなインスタグラムでも日本酒情報を発信中

伊藤 ひいな
伊藤 ひいな / 唎酒師

「東京生まれの24歳。大学入学時から割烹料理店でアルバイトをはじめ、20歳のお酒の解禁とともに日本酒にハマる。唎酒師の資格も取得し、日本酒の知識を増やすべく日々邁進中。父はHanakoをはじめ多くの雑誌で引っ張りだこの人気フォトグラファー、伊藤徹也。酒好き気質は間違いなく父親譲り!」

伊藤 ひいなさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る