『伊藤家の晩酌』~第二十一夜1本目/旭山動物園公認のカップ酒「純米酒 ずZOOっと旭山」~
2021.02.07

第74回 娘から父へ…おいしい日本酒おしえます! 『伊藤家の晩酌』~第二十一夜1本目/旭山動物園公認のカップ酒「純米酒 ずZOOっと旭山」~

弱冠23歳で唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入! 酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは? 第二十一夜の1本目は、集めたくなるかわいさのカップ酒。
(photo:Tetsuya Ito illustration:Miki Ito edit&text:Kayo Yabushita)

第二十一夜1本目は、動物たちのイラストが愛らしい「純米酒 ずZOOっと旭山」から。

北海道旭川市にある高砂酒造と旭山動物園がタッグを組んだ公認のカップ酒。森・海・空をテーマに人気の動物たちが描かれている。「純米酒 ずZOOっと旭山」各180ml 343円(税別・ひいな購入時価格)/高砂酒造株式会社
北海道旭川市にある高砂酒造と旭山動物園がタッグを組んだ公認のカップ酒。森・海・空をテーマに人気の動物たちが描かれている。「純米酒 ずZOOっと旭山」各180ml 343円(税別・ひいな購入時価格)/高砂酒造株式会社
北海道旭川市にある高砂酒造と旭山動物園がタッグを組んだ公認のカップ酒。森・海・空をテーマに人気の動物たちが描かれている。「純米酒 ずZOOっと旭山」各180ml 343円(税別・ひいな購入時価格)/高砂酒造株式会社

娘・ひいな(以下、ひいな)「今回から3回にわたって、カップ酒特集をします!」
父・徹也(以下、テツヤ)「ウェイ!」
ひいな「カップ酒といえば旅かな、ということで、東京駅の新幹線乗り場近くのスーパー〈紀ノ國屋〉で買えるカップ酒を選んでみたよ」
テツヤ「旅に行く前に買えるってことだな」

新幹線の中でグイッといっちゃいますか?
新幹線の中でグイッといっちゃいますか?

ひいな「旅に行く前にも買えるし、または旅から帰ってきた時にもお土産として買えるよね。第1弾はジャケで選びました♡ 最近は、ジャケ買いする女子も多いみたい」
テツヤ「なるほどね」
ひいな「かわいいやつ増えてるから」
テツヤ「割れにくいし、お土産にもいいよね。これは確かにジャケ買いしたくなるかわいさだねぇ」

『伊藤家の晩酌』~第二十一夜1本目/旭山動物園公認のカップ酒「純米酒 ずZOOっと旭山」~
『伊藤家の晩酌』~第二十一夜1本目/旭山動物園公認のカップ酒「純米酒 ずZOOっと旭山」~
『伊藤家の晩酌』~第二十一夜1本目/旭山動物園公認のカップ酒「純米酒 ずZOOっと旭山」~
『伊藤家の晩酌』~第二十一夜1本目/旭山動物園公認のカップ酒「純米酒 ずZOOっと旭山」~

ひいな「かわいいでしょ?『ずZOOっと旭川』っていうお酒で、あの旭川動物園公認なんだって」
テツヤ「へぇ」
ひいな「これは、森、海、陸の3つのテーマで動物たちが描かれてる」
テツヤ「3種類なんだ。シロクマくんがいるねぇ。酒造はどこなの?」
ひいな「『国士無双』ってお酒を出している高砂酒造だよ」
テツヤ「やっぱり北海道なんだね。好きなの選んでいい?」
ひいな「もちろん! 好きなの選んでいいよ。味は一緒だからね」
テツヤ「何にしようかな〜」
ひいな「ちなみにこのイラストは、旭川で活動されているアベミチコさんっていうデザイナーさんなんだって。」
テツヤ「どれもかわいいねぇ。えっと、陸海空だっけ?」
ひいな「違う(笑)。森、海、陸ね」
テツヤ「キリンとライオンが描かれてるやつにしよう。陸かな」
ひいな「私、アライグマに似てるって言われるから森、にしよう!」
テツヤ「似てるんだ?」
ひいな「似てない?」
テツヤ「このカップ酒でにごり酒とか出せばいいのに。シロクマとかかわいくない?」
ひいな「あったらいいねぇ。買っちゃうよね」

かわいいカップ酒を手に……。
かわいいカップ酒を手に……。
不釣り合いと自覚しているのか父・テツヤ、照れてます。
不釣り合いと自覚しているのか父・テツヤ、照れてます。
いただきます!
いただきます!
かわいいカップ酒を手に……。
不釣り合いと自覚しているのか父・テツヤ、照れてます。
いただきます!

テツヤ「あ、すっきりだね。かわいいけど、ちゃんと酒だねぇ。くぅ〜、これぞカップ酒。これくらい酒感バッチリあるのがいいよね」
ひいな「これは純米酒で、精米歩合は60%で、アルコール添加なし。正統派のお酒なの」
テツヤ「ほほう。カップ酒ってさ、開けちゃうとなかなかの量だよね(笑)」
ひいな「確かに。アルコール度数14度と抑えめなんだけど、カップ酒は180mlってことだから1合あるもんね」

「純米酒 ずZOOっと旭山」に合わせるのは、ピリ辛ジューシー「ラムチョリソー」

〈北海道どさんこプラザ〉で買ったラムチョリソー。
〈北海道どさんこプラザ〉で買ったラムチョリソー。
〈北海道どさんこプラザ〉は有楽町の〈交通会館〉1階にあります。
〈北海道どさんこプラザ〉は有楽町の〈交通会館〉1階にあります。
〈北海道どさんこプラザ〉で買ったラムチョリソー。
〈北海道どさんこプラザ〉は有楽町の〈交通会館〉1階にあります。

ひいな「合わせるおつまみは、有楽町にある北海道のアンテナショップ〈北海道どさんこプラザ〉で買ったラムチョリソーです」
テツヤ「おぉ? ラムなんだ!」
ひいな「北海道のお酒だからね」
テツヤ「いいねぇ。うまそう〜。超いい匂いがする。スパイシーな香りがするね」
ひいな「香りがたまらないよね」
テツヤ「いただきます! うわぁ〜。これはむちゃくちゃうまいぞ」
ひいな「このチョリソー、今まで食べたことのあるソーセージの中で一番おいしいかもしれないって思った」
テツヤ「いや、わかる。そうかも。マジでうまい。日本酒だけじゃなくて、何にでも合うな、これは」
ひいな「ヤバいでしょ?」
テツヤ「マジで、このソーセージ、人生で一番うまいかも」
ひいな「でしょ、でしょ?」
テツヤ「これは本当にうまい。ラムらしさがちゃんとあって、うまいねぇ。なんかめちゃくちゃ旅してる感じがしてきたよ」
ひいな「うんうん」
テツヤ「北海道の広い空が目に浮かんできたよ……。いやぁ、日本酒が合うね。お互いのうまみを伸ばしてくれるっていうかさ」
ひいな「チョリソーっていうと、ビールとか合わせちゃいそうだもんね」
テツヤ「そうそう。グビっとね。でも、日本酒いいわ〜」
ひいな「ビールだと弱い気がするんだよね。このパンチのある味にはね」
テツヤ「もう、うまい、しか言えないな。マジで」

おいしすぎるチョリソーとの出会いに興奮気味の父娘。
おいしすぎるチョリソーとの出会いに興奮気味の父娘。
チョリソーに日本酒が合うんです。
チョリソーに日本酒が合うんです。
おいしすぎるチョリソーとの出会いに興奮気味の父娘。
チョリソーに日本酒が合うんです。

ひいな「これだけスパイシーで味が強くても合うお酒なの」
テツヤ「うん、この組み合わせ、最高だよ。そもそも何でこれを合わせようと思ったの? まず、〈北海道どさんこプラザ〉に行ったわけでしょ? でもさ、他にもいっぱいあるわけじゃん。とうもろこしとかじゃがいもとか北海道の名産が勢ぞろいしてるのに」
ひいな「このカップ酒を飲んだ時に、パンチがほしいなと思ったの」
テツヤ「あぁ」
ひいな「パンチを求めるんだったら、カレーかなって思い浮かんだんだけど、とろとろしたものよりは、“ラム”、“チョリソー”っていうこの爆弾的な2つの要素のほうが合うかなと思ったんだよね」
テツヤ「なるほど。でも、ラム肉だったらさ、味付けジンギスカンとかもあるじゃない? それは選択肢にはなかったの?」
ひいな「見つけられなかった(笑)」
テツヤ「(笑)。ジンギスカンに出会う前に、ラムチョリソーと出会っちゃったわけだ。それはもう必然だったんだな」
ひいな「うん。これだ!と思って」
テツヤ「ラムチョリソーでOK! 今年一のうまさだな」
ひいな「って、まだ2021年、始まったばっかりだから(笑)」
テツヤ「いや。でも、これは2021年の最後まで『あれは、うまかった』って言ってるんじゃないかってくらい、ひきずるうまさだよ。またすぐにでも〈北海道どさんこプラザ〉にラムチョリソーを買いに行こう!」

北海道のおいしい米、きれいな水を使った地酒が、もっともっと増えてほしい!

『伊藤家の晩酌』~第二十一夜1本目/旭山動物園公認のカップ酒「純米酒 ずZOOっと旭山」~

ひいな「ちなみに、お酒の原材料のお米は『きらら397』っていうんだけどね」
テツヤ「へぇ。初めて聞く名前だね」
ひいな「実はね、飯米なの」
テツヤ「え? 酒米じゃないんだ」
ひいな「そうなの。この『きらら397』ってね、すごく革命的なお米なんだって。北海道って今でこそ『ゆめぴりか』『ふっくりんこ』『ななつぼし』とか人気のお米があるけど、『きらら397』が出るまでは、一般的に『北海道の米はまずい』って言われてたんだって」
テツヤ「あぁ。そういう時代もあったなぁ。でも、今では米どころのひとつになったもんね」
ひいな「この日本酒には、こってりとした味とか味噌味、クリーム味、みそおでん、サバの味噌煮、ビーフシチューとかを推奨してるらしいよ」
テツヤ「ごはんのおかずみたいだね(笑)」
ひいな「白いごはんにぴったり(笑)」
テツヤ「たしかに、味の濃いものに合うのはわかる」
ひいな「もうひとつ、北海道らしいのがね、寒さを生かした造りで、熟成に雪を利用してるらしくて」
テツヤ「雪の中に保存しているの?」
ひいな「YouTubeを見ていたらね、外にタンクを置いて、その上に雪をかけて保存していて」
テツヤ「外が寒いからできるんだな。すごいねぇ」
ひいな「でも、このカップ酒が雪の中で熟成されているかどうかはわからないんだけど(笑)」
テツヤ「そういう落ち? 雪熟成のお酒、飲んでみたいねぇ(笑)」
ひいな「北海道は、お酒造りに向いてないっていわれていたんだよね」
テツヤ「北海道って日本酒少ないもんね」
ひいな「有名なのは『男山』『千歳鶴』とか。北海道には13の蔵しかないんだって」
テツヤ「そりゃ少ないね。ごはんがおいしいだけに、もったいないよね。米が作れるようになって、水もおいしいんだから、もう日本酒しかないよね」
ひいな「『上川大雪』がこれからくるんじゃないかなって思って注目してる」
テツヤ「初めて聞いた」
ひいな「蔵の名前なんだけどね、2017年にできたばかりの酒造なの」
テツヤ「へぇ、覚えとくよ」
ひいな「今回のカップ酒、どうだった?」
テツヤ「こんなかわいいカップ酒もらったら、うれしいよ!」
ひいな「伊藤家では、ハイビスカスティを入れて利用してます」
テツヤ「コレクションしたくなるよね」
ひいな「飲んだあとも楽しめるのがカップ酒の良さだよね!」

次回:2月7日(日)更新予定

『伊藤家の晩酌』~第二十一夜1本目/旭山動物園公認のカップ酒「純米酒 ずZOOっと旭山」~

【ひいなのつぶやき】
ジャケ買いでも、味が期待に応えてくれるこの時代。皆さまもぜひ、ジャケ買いしてみてください!
ひいなインスタグラムでも日本酒情報を発信中

【告知】
2月5日発売の雑誌『dancyu』の「日本酒 2021」特集に、テイスターとして参加させていただきました!この雑誌の毎年恒例の日本酒特集に出られることは、とてもうれしいことです!ぜひお手に取ってご覧ください。

伊藤 ひいな
伊藤 ひいな / 唎酒師

「東京生まれの24歳。大学入学時から割烹料理店でアルバイトをはじめ、20歳のお酒の解禁とともに日本酒にハマる。唎酒師の資格も取得し、日本酒の知識を増やすべく日々邁進中。父はHanakoをはじめ多くの雑誌で引っ張りだこの人気フォトグラファー、伊藤徹也。酒好き気質は間違いなく父親譲り!」

伊藤 ひいなさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る