待ってました。シンガポールの名ホテル〈ラッフルズ シンガポール〉が、かえってきた!
2019.08.30

第17回 連載「拝啓、〈星〉へいらっしゃいませんか?」/第17回 待ってました。シンガポールの名ホテル〈ラッフルズ シンガポール〉が、かえってきた!

第17回は、2年半の時を経て再開した〈ラッフルズ シンガポール〉をご紹介。シンガポールの歴史を象徴する壮麗な建造物は、一見の価値あり。リニューアルポイントもおさえておきましょう。
T. Ayako
T. Ayako / フリーランスエディター

「シンガポール在住の元Hanako編集者。インドが大好きすぎるがゆえに、シンガポール島内のインド料理店も食べ歩きまくっている友人が「島内1見つけた!」と絶賛していた〈AWADH〉へ。おすすめはバターチキンカレー。キレのいいスパイスがききつつもエレガントに仕上がっていて、大感動」

T. Ayakoさんの記事一覧 →

シンガポールの名ホテル〈ラッフルズ シンガポール〉がリニューアルオープン!

2019年は、シンガポール建国の父といわれる、トーマス・スタンフォード・ラッフルズ卿が当地に上陸して200年にあたるアニバーサリーイヤー。国の発展のきっかけを作った彼の名は、「ラッフルズ・ホスピタル」や「ラッフルズ・プレイス」といったように、いたるところに冠されています。

Raffles Hotel Singapore
Raffles Hotel Singapore

もっとも有名なのは、1887年に開業したホテル〈ラッフルズ シンガポール〉。世界でも数少ない現存する19世紀開業のホテルで、滞在者リストには女優エリザベス・テイラーや小説家サマセット・モームなど、名だたる著名人が名を連ねます。シンガポールを代表するカクテル「シンガポール スリング」の発祥バー〈Long Bar〉があるのも、こちら。

singapore_17_3

名実ともに人気の同ホテル、この2年半、全面改装工事に入っていました。それがようやく終わり、2019年8月、ついに再開!

singapore_17_2

改装といっても、アイコンであるコロニアル様式の建物の魅力はそのまま。改装案は、ホテルの雰囲気やサービス、伝統を確実に継承することを念頭に考案されたのだそう。

気品に満ちた客室。

singapore_17_6

リニューアル点として特筆すべきは、客室とレストラン。

singapore_17_4

客室は103室から115室に増設され、天井高4メートルの開放的な「スタジオ スイート」、パントリーやオフィススペースが備えられて暮らすように滞在できる「レジデンス スイート」、24時間チェックイン&アウトが可能な「プロムナード スイート」が新たに加わりました。

Raffles Hotel Singapore
Raffles Hotel Singapore

驚いたのは、ホテルロビーにチェックインカウンターがなくなったこと。宿泊手続きは客室で行われるのだとか。部屋の革製カードキーには、同ホテルに滞在した著名人のイラストが描かれています。細部まで、すてき。

レストランの目玉は2人の超一流シェフプロデュースの料理。

Cucumber with Oscietra Caviar

レストランの目玉は、巨匠アラン・デュカスによる「BBR by Alain Ducasse」と、アンヌ・ソフィー・ピックによる「La Dame de Pic」。前者はデュカス初のシェア&グリルをコンセプトとした地中海料理で、後者はアジア初出店。新生〈ラッフルズ シンガポール〉の内部を早く見たい!

singapore_17_8

2人のスターシェフの新たな一面を味わいたい!!と思ったのですが、0歳児(つかまり立ち開始)と行動を共にする我が身では、長時間、座って食事することは叶いません。せっかくのラグジュアリー空間でドタバタするのが目に見えているので、もう少し気軽に楽しめる〈Grand Lobby〉でのアフタヌーンティーへうかがうことに。

非日常空間でいただくアフタヌーンティー。

singapore_17_9

さて、エントランスに到着すると、迎えてくれるのは英国軍の軍服にインスパイアされた制服をまとったドアマン。彼に扉を開けてもらうと、目に飛び込んでくるのは圧巻のシャンデリア。華やかで、それでいて上品で。非日常空間に導かれます。

singapore_17_11

席に着いたら、まずは冷たく爽やかなシャンパンで乾杯。しばらくすると、三段トレーが登場。エビやカレーの風味がついたパンとフィリングがばっちり合ったフィンガーサンドウィッチや、見目麗しいスイーツがずらり。個人的に感動したのは、自家製スコーン。ほろりとほどけるけれど決してパサついていない、やわらかな食感。思わず、おかわり。

Tiffin Roo888m

植民地時代には欧米人の社交の場だったのだろうな、大戦時は軍の管轄下にあったのだろうな……と、建物の歴史に思い馳せつつ、ゆったりとした時を過ごすことができました。懸念していた我が子は、最後までおとなしく(感涙)。ベビーチェアがおしゃれだったからでしょうか。本当に、細部まですてき。

Hotel Facade_Twilight

訪れた際は、館内のあちこちを探検してみてください。どこもかしこも洗練されていて、感動するはずです。

(Photo:Raffles Singapore)

〈Raffles Singapore(ラッフルズ シンガポール)〉

■MRT East West Line(緑色)またはNorth South Line(赤色)の「City Hall」駅、またはMRT Circle Line(黄色)の「Esplanade」駅よりともに徒歩約2分。
■1 Beach Road, Singapore 189673
www.raffles.com/singapore

プチコラム…「ハローベビー!子連れフレンドリーなシンガポール」

singapore_17_13

ベビー連れでの旅で不安になるのが、飛行機での過ごし方。フライト中はできれば寝ていてもらいたいですよね。となると、乗機前に体力を消耗させておく必要があります。そこでおすすめなのが、シンガポールのチャンギ国際空港敷地内に2019年にオープンした施設〈JEWEL〉。無料のキッズスペースが設けられています。

singapore_17_14
singapore_17_15

大きなお子さんは5階の「Manulife Sky Nets」へ。8mの高さに張り巡らされたネット上を歩いたり、跳んだり。スリル満点です。たっぷり遊ばせてから、ゲートへ向かいましょう。ちなみにレストランやショップもたくさん入っているので、大人もじゅうぶん楽しめる施設です。天井から流れ落ちる屋内人口滝もすごいですよ。

☆第16回「ガイドブックには載らないシンガポールの名ホーカー〈Chomp Chomp Food Centre〉へ。どの屋台も、本当においしい!」はコチラ!
☆これまでの連載はコチラ!

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る