細川さん連載22
2021.02.26

第22回 ズボラ女子でも簡単に作れるレシピが満載! ごぼうで炊き込むご飯は、ほうじ茶のお茶漬けで。~細川芙美の「SIDE-Bクッキング」~

ロケ弁ブランドをはじめ、さまざまなジャンルで活躍をするフードデザイナー・細川芙美さんが、ズボラ女子でもできる簡単レシピを紹介する連載。第22回は前回に引き続き、冷凍カットほうれん草を使った炊き込みご飯を紹介します。

今回のテーマ:「ごぼうで炊き込むご飯は、ほうじ茶のお茶漬けで。」

〆から振り返る、本日の1品。
〆から振り返る、本日の1品。
今回の救世主、冷凍カットほうれん草!
今回の救世主、冷凍カットほうれん草!
〆から振り返る、本日の1品。
今回の救世主、冷凍カットほうれん草!

写真からもお分かりいただけるかと思いますが、今回はお茶漬けにもなる、おいしい炊き込みご飯を作ります。炊き込む前に焼いた香ばしいお肉、ごぼうの大地の香り、芳醇なほうじ茶。素材の味の深みを存分に楽しむ。あれ、私B面なのに!なんだかこだわり強くない?でも、今回も包丁は使いません。

■材料(1人分)
ごぼう…1/2本
ごはん…2合
水…適量
ひき肉…80g
塩・胡椒…各適量
オリーブオイル…大さじ1/2
しめじ…1/2パック(40g)
酒…大さじ1
醤油…小さじ2
酢…大さじ1
卵…1個
ほうじ茶ティーバック…1個
冷凍カットほうれん草…1つかみ

もちろん包丁は使いません!ピーラーだけでいっちゃいます。

【POINT】ささがき風はピーラーでもできる。
【POINT】ささがき風はピーラーでもできる。
【POINT】ごぼう香るほうじ茶に。
【POINT】ごぼう香るほうじ茶に。
【POINT】水気はよく切ること。
【POINT】水気はよく切ること。
【POINT】ささがき風はピーラーでもできる。
【POINT】ごぼう香るほうじ茶に。
【POINT】水気はよく切ること。

【1】ごぼうはピーラーで皮を向く要領で細くむいていく。フライパンに水200mLと残ったごぼうの端を入れて強火にかけ、沸騰したら火を止めて。お米は洗っておく。

ひき肉は焼いて固めてから炊飯器へ。

【POINT】塩をかけたら…。
【POINT】塩をかけたら…。
【POINT】胡椒もかけて。
【POINT】胡椒もかけて。
【POINT】トレーの上でごめんあそばせ!
【POINT】トレーの上でごめんあそばせ!
【POINT】ぎゅっと抑えつけながら焼き固める。
【POINT】ぎゅっと抑えつけながら焼き固める。
【POINT】まずは2分割。
【POINT】まずは2分割。
【POINT】さらに分割。ゴロゴロのイメージ。
【POINT】さらに分割。ゴロゴロのイメージ。
【POINT】ざるに移して油を切る。
【POINT】ざるに移して油を切る。
【POINT】塩をかけたら…。
【POINT】胡椒もかけて。
【POINT】トレーの上でごめんあそばせ!
【POINT】ぎゅっと抑えつけながら焼き固める。
【POINT】まずは2分割。
【POINT】さらに分割。ゴロゴロのイメージ。
【POINT】ざるに移して油を切る。

【2】ひき肉に塩・胡椒少々をかけて下味を付けたら、よくなじませて。フライパンにオリーブオイルを引き、強火でひき肉をぎゅっと固めながら焼く。両面に焼き色がついたら、ごろっとした肉の塊を分割してつくる。しっかり焼けたらざるに移して油を切って。

ピーラーの実力は無限大!しめじの石づきもピーラーでカット。

【POINT】分厚めにむく意識で。
【POINT】分厚めにむく意識で。
【POINT】白いところが見えるまで。
【POINT】白いところが見えるまで。
【POINT】ぎゅうぎゅうっと。
【POINT】ぎゅうぎゅうっと。
【POINT】1番上にひき肉を。
【POINT】1番上にひき肉を。
【POINT】仕上げの醤油でほんのり色付くご飯に。
【POINT】仕上げの醤油でほんのり色付くご飯に。
【POINT】分厚めにむく意識で。
【POINT】白いところが見えるまで。
【POINT】ぎゅうぎゅうっと。
【POINT】1番上にひき肉を。
【POINT】仕上げの醤油でほんのり色付くご飯に。

【3】実はしめじの石づきもピーラーでむけちゃう!束のままぎゅっと持ち、皮を向く要領で石づきをカットして。事前に水洗いしておいた米と規定量の水、酒、ごぼうが入った炊飯器にしめじをのせたら、ひき肉をのせる。醤油小さじ2をかけたら炊き始めて。

ポーチドエッグのせちゃう?

【POINT】お酢の力で凝固!
【POINT】お酢の力で凝固!
【POINT】渦潮のごとく…。
【POINT】渦潮のごとく…。
【POINT】卵を落として。
【POINT】卵を落として。
【POINT】泳ぐ卵!
【POINT】泳ぐ卵!
【POINT】あとは流れに身をまかせて。
【POINT】あとは流れに身をまかせて。
【POINT】白身が固まってきました。
【POINT】白身が固まってきました。
【POINT】ちゅるんと完成。
【POINT】ちゅるんと完成。
【POINT】お酢の力で凝固!
【POINT】渦潮のごとく…。
【POINT】卵を落として。
【POINT】泳ぐ卵!
【POINT】あとは流れに身をまかせて。
【POINT】白身が固まってきました。
【POINT】ちゅるんと完成。

【4】沸騰したたっぷりのお湯に酢を入れる(こうすると卵が固まりやすい)。お玉で鍋のお湯をかき混ぜて水流を作り、卵を落として渦を巻くように泳がせる。火を止めて3分、白身が固まったらお玉でそっと取り出す。

ゴボウ×ほうじ茶のコラボ。

細川さん連載22

【5】1で作った出汁を再沸騰させ、ほうじ茶をセットしておいたティーポットに注ぐ。3分ほど蒸らして。

作った人だけの特権。炊きあがりの湯気を浴びる!

【POINT】スリー、ツー、ワン!
【POINT】スリー、ツー、ワン!
【POINT】浴びて、浴びて。
【POINT】浴びて、浴びて。
【POINT】ほうれん草はここでIN。
【POINT】ほうれん草はここでIN。
【POINT】下から大きくかき混ぜて。
【POINT】下から大きくかき混ぜて。
【POINT】ここで香りの醤油をかける。
【POINT】ここで香りの醤油をかける。
【POINT】湯気と同時に水分を飛ばして。
【POINT】湯気と同時に水分を飛ばして。
【POINT】スリー、ツー、ワン!
【POINT】浴びて、浴びて。
【POINT】ほうれん草はここでIN。
【POINT】下から大きくかき混ぜて。
【POINT】ここで香りの醤油をかける。
【POINT】湯気と同時に水分を飛ばして。

【6】ご飯が炊き上がったら、事前に解凍しておいたほうれん草をのせてしっかりかき混ぜる。途中、醤油小さじ1をかけ、熱々のうちによくなじませて。器に盛り、塩・胡椒はお好みで。最後にポーチドエッグをのせましょう。

「ほうじ茶のお茶漬け」レシピ

ごめんなさい、今回B面クッキングの歴代でも上位に食い込む幸福感。急須のお茶があるだけで、なぜこんなにホッとするのでしょう…。色よし、味よし、しずるよし。この記事を書きながらまた食べたくなってしまいました。

今回のB面撮影裏側日記。

細川さん連載22

B面女子はちゃっかりさん。合間の時間をみつけてちゃきちゃき洗い物をします。だって食べた後は、だらだらしたいもんね。

A面、B面女子とは…?

料理ライフを楽しむキラキラA面女子(SIDE-A)がいる一方、「料理はしたいけど楽ちんなのがいい!」のが本音。そんなB面女子(SIDE-B)の願望を叶える簡単レシピを紹介する本連載。Hanako誌面の連載「SIDE-B COOKING」と連動中!Hanako.tokyoのWEB連載、instagramと合わせてパラレル女子のA&B面をチェックして!

細川 芙美
細川 芙美 / フードデザイナー

「ロケ弁ブランドをはじめ、レシピ提供やメニューのプロデュースも手がける。著書『#ひとりじめ飯』(光文社)が発売中。Instagram:@humihosokawa

細川 芙美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る