細川さん連載19
2021.01.15

第19回 ズボラ女子でも簡単に作れるレシピが満載! ミキサーなし!簡単にできる「じゃがいものポタージュ」。~細川芙美の「SIDE-Bクッキング」~

ロケ弁ブランドをはじめ、さまざまなジャンルで活躍をするフードデザイナー・細川芙美さんが、ズボラ女子でもできる簡単レシピを紹介する連載。第19回は、潰したじゃがいもで作る「食べるポタージュ」をご紹介します。

今回のテーマ:「ミキサーなしでできる、じゃがいものポタージュ。」

ポタージュベースは多めに作って、明日の分に。
ポタージュベースは多めに作って、明日の分に。

たまにしか使わないキッチン家電は持ち合わせていないことが多い。だけど時々、便利家電が必要な料理を食べたくなってしまうときもある。そんなB面さんのための、ミキサーなしでできるじゃがいものポタージュの作り方をお届けします。

■材料(1人分)
じゃがいも…2個
水…適量
玉ねぎ…3/4個
長ねぎ…1/3本
サラダ油…適量
拍子切りベーコン…60g
ローリエ…1枚
イタリアンパセリ…2本
牛乳…150mL
チェダーチーズ…30g
塩…少々
胡椒…少々
しいたけ…2個
オリーブオイル…少々

ミキサーなしでも、切り方に条件あり。

【POINT】崩れやすくするために、角のある乱切りに。
【POINT】崩れやすくするために、角のある乱切りに。
【POINT】皮付きのまま残せば保存力UP。
【POINT】皮付きのまま残せば保存力UP。
【POINT】繊維を断ち切るように。
【POINT】繊維を断ち切るように。
【POINT】長ねぎは斜めに切って、玉ねぎと見た目をそろえる。
【POINT】長ねぎは斜めに切って、玉ねぎと見た目をそろえる。
【POINT】崩れやすくするために、角のある乱切りに。
【POINT】皮付きのまま残せば保存力UP。
【POINT】繊維を断ち切るように。
【POINT】長ねぎは斜めに切って、玉ねぎと見た目をそろえる。

【1】じゃがいもは皮をむき、乱切りにしたら水にさらす。玉ねぎは皮付きのまま使わない1/3を取り除き、残りは皮をむいて、繊維を断ち切るように薄切りに。味をしっかりのせたいときのスープはこの切り方!長ねぎは玉ねぎと見た目が同じになるよう、斜めに薄切りにする。

じっくりが甘みを引き出す。

【POINT】じゃがいもはつかるくらい。
【POINT】じゃがいもはつかるくらい。
【POINT】カットベーコンは楽ちん。
【POINT】カットベーコンは楽ちん。
【POINT】ベーコンと玉ねぎの旨味を合致。
【POINT】ベーコンと玉ねぎの旨味を合致。
【POINT】玉ねぎにしっかり透明感を確認。
【POINT】玉ねぎにしっかり透明感を確認。
【POINT】玉ねぎはくたっとなるまで。
【POINT】玉ねぎはくたっとなるまで。
【POINT】じゃがいもはつかるくらい。
【POINT】カットベーコンは楽ちん。
【POINT】ベーコンと玉ねぎの旨味を合致。
【POINT】玉ねぎにしっかり透明感を確認。
【POINT】玉ねぎはくたっとなるまで。

【2】鍋にじゃがいもを入れ、じゃがいもがひたるくらい水を加えたら、中火と弱火の間くらいでじっくり加熱する。フライパンにサラダ油を引き、ベーコンを入れたら弱火で加熱。油がなじんできたら玉ねぎと長ねぎを加え、焦げないように注意しながら、しんなりするまでよく炒める。

おいしいスープは、弱火でコトコト。

【POINT】水をいれて旨味をこそぐ。
【POINT】水をいれて旨味をこそぐ。
【POINT】爪で傷をいれると香りが出やすい。
【POINT】爪で傷をいれると香りが出やすい。
【POINT】軸と葉に分けたら…。
【POINT】軸と葉に分けたら…。
【POINT】これで香り高いスープに。
【POINT】これで香り高いスープに。
【POINT】水をいれて旨味をこそぐ。
【POINT】爪で傷をいれると香りが出やすい。
【POINT】軸と葉に分けたら…。
【POINT】これで香り高いスープに。

【3】フライパンに水200mLを加えたら、底などに残っている旨味やコゲをしっかり混ぜながらこそぐ。ローリエ、パセリの軸を入れて弱火で煮込む。

じゃがいもは、やわらかくなるまで我慢強く茹でて。

【POINT】ヒビが入ってるくらいでOK。
【POINT】ヒビが入ってるくらいでOK。
【POINT】ざるに移して湯切りをしたら…。
【POINT】ざるに移して湯切りをしたら…。
【POINT】鍋に戻して、暖かいところで潰す。
【POINT】鍋に戻して、暖かいところで潰す。
【POINT】しっかり、容赦なく!
【POINT】しっかり、容赦なく!
【POINT】ヒビが入ってるくらいでOK。
【POINT】ざるに移して湯切りをしたら…。
【POINT】鍋に戻して、暖かいところで潰す。
【POINT】しっかり、容赦なく!

【4】じゃがいもにヒビが入り、やわらかくなったら湯を切り、再び鍋にもどしてフォークで潰す。暖かいところで潰すと余分な水分がとぶので、より芋芋しいスープに。また、しっかり潰しておくと、スープにするときに混ざりやすい。

ポタージュベースがあると…。

【POINT】具材をよけて入れると、じゃがいもが溶けやすい。
【POINT】具材をよけて入れると、じゃがいもが溶けやすい。
【POINT】引き続きフォークが混ぜやすいかな。
【POINT】引き続きフォークが混ぜやすいかな。
【POINT】牛乳投入!
【POINT】牛乳投入!
【POINT】譲れないチェダーチーズ。
【POINT】譲れないチェダーチーズ。
【POINT】少しづつ溶かして。
【POINT】少しづつ溶かして。
【POINT】具材をよけて入れると、じゃがいもが溶けやすい。
【POINT】引き続きフォークが混ぜやすいかな。
【POINT】牛乳投入!
【POINT】譲れないチェダーチーズ。
【POINT】少しづつ溶かして。

【5】3のフライパンに潰した芋を加えて混ぜ合わせる。これがポタージュのベースに。たくさん作ったので、この時点でタッパーなどに保存しておくとよき(牛乳を入れる前の方が保存が効くため)。牛乳、チェダーチーズを入れてよく混ぜる。より濃厚な味、深さや風味を出すために、チェダーチーズは欠かせない。相性◎!味を見て、塩・胡椒で味を整えて。

ちょっとここで、見栄え用の具を。

【POINT】2分割にして。
【POINT】2分割にして。
【POINT】断面からしっかり焼けば…。
【POINT】断面からしっかり焼けば…。
【POINT】黄金色のしいたけに!
【POINT】黄金色のしいたけに!
【POINT】2分割にして。
【POINT】断面からしっかり焼けば…。
【POINT】黄金色のしいたけに!

【6】今日のポタージュをもっとおいしく、見栄えをよくするために、仕上げにのせるしいたけを準備。軸を取って2分割にしたら、フライパンにサラダ油を引き、断面がこんがりするまで両面焼く。

温まる準備、整いました!

【POINT】ぽってりが好きならこれくらい。
【POINT】ぽってりが好きならこれくらい。
【POINT】お皿にのせたら…。
【POINT】お皿にのせたら…。
【POINT】彩りを飾って。
【POINT】彩りを飾って。
【POINT】胡椒は挽き立てに限る。
【POINT】胡椒は挽き立てに限る。
【POINT】オリーブオイルもお忘れなく。
【POINT】オリーブオイルもお忘れなく。
【POINT】ぽってりが好きならこれくらい。
【POINT】お皿にのせたら…。
【POINT】彩りを飾って。
【POINT】胡椒は挽き立てに限る。
【POINT】オリーブオイルもお忘れなく。

【7】皿にスープを盛り付けたら、しいたけ、イタリアンパセリ、胡椒、オリーブオイルをトッピング。もしあればパンも一緒に。 ※スープの濃度は、牛乳でお好みに調整を!

細川さん19

休日の朝ごはんは、時間を気にせずにまったりと。まるで、北アルプスの少女の気分!クララは立てたようだけど、私は立てずにこのままゴロゴロして1日を過ごす。

ストックしてある幸せ。明日のおかわりも楽しみだ。

A面、B面女子とは…?

料理ライフを楽しむキラキラA面女子(SIDE-A)がいる一方、「料理はしたいけど楽ちんなのがいい!」のが本音。そんなB面女子(SIDE-B)の願望を叶える簡単レシピを紹介する本連載。Hanako誌面の連載「SIDE-B COOKING」と連動中!Hanako.tokyoのWEB連載、instagramと合わせてパラレル女子のA&B面をチェックして!

細川 芙美
細川 芙美 / フードデザイナー

「ロケ弁ブランドをはじめ、レシピ提供やメニューのプロデュースも手がける。著書『#ひとりじめ飯』(光文社)が発売中。Instagram:@humihosokawa

細川 芙美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る