実は20代からたるんでいる?〈FANCL AND MIRAI〉からファーストエイジングケア「アンドミライ」が生まれた理由。
2020.05.24

第17回 Hanako Beauty「あのコスメが生まれた理由」 実は20代からたるんでいる?〈FANCL AND MIRAI〉からファーストエイジングケア「アンドミライ」が生まれた理由。

Hanako本誌連載「Hanako Beauty Skin Care あのコスメが生まれた理由」を掲載。今回は〈FANCL AND MIRAI〉から「アンドミライ」が生まれた理由をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

実は20代からたるんでいる!?先回りのケアで老化を防ぐ。

〈FANCL AND MIRAI〉
肌自体の保水力をサポートするセラミドをたっぷり配合。右「ザ ローション」200ml 3,800円。WビタミンBを配合し、化粧水のあとこれ一本で、寝不足やブルーライトによる肌ダメージをケアする。左「スキン アップ ジェ ルクリームEX」90g 4,300円(ファンケル 0120-35-2222)

雑誌やSNS、動画配信などで美容に関する情報をたくさん得られる現在。にもかかわらず、昔に比べて今の若い女性は、肌がゆるみがちだという事実が発覚した!「ファンケルで20代女性の肌について調査をしたところ、20年前の同じ年代の女性と比較して、肌の弾力が衰えていることがわかったんです。特にその衰えは、ここ10年間が顕著。その背景には、おそらくスマートフォンやSNSの普及があると考えられます」(ファンケル商品企画・原田真希さん)

スマートフォンやSNSが肌に与える影響は、さまざま。「例えば、画面から出るブルーライトです。ブルーライトはUVAやUVBより肌の奥に届いて、弾力を支える真皮にダメージを与えます。また、肌細胞にある水の通り道を減らすともいわれています。そのほか、表情筋への影響。スマートフォンを見ている間しゃべらず、表情を動かさないと、表情筋が衰えてしまいます。このような影響から肌は弾力を失い、やがてはたるみやシワができてしまうのです」

そんな現代肌事情に対抗すべく開発されたのが、ファーストエイジングケア世代に向けたブランド「アンドミライ」。ラインナップは、リキッドクレンジング、クレイ洗顔料、ローション、マルチジェルクリーム、UVカットの計5品。全アイテムに熊本県黒川温泉や桜発酵タージ成分EX、ハトムギエキス、ヒアルロン酸などからなるキー成分天然巡り水を配合している。

「早くからエイジングが始まる肌には、老廃物が溜まりがち。天然めぐり水は、角層内で水分のめうりにアプローチし、滞りのないクリアな肌へと導きます。またローションには、新技術によりセラミドを大量に配合。なめらかなテクスチャーで角層に浸透して、たっぷりの潤いで満たします。ジェルクリームは、乳液、美容液、パック、クリーム、メイク下地の機能を持つスグレモノ。ブルーライトをカットし、睡眠不足で疲れた肌をケアする美容成分も入っています。夜遅くまでネットで動画を観ていても、翌朝にはふっくら、メイクノリのよい肌に整いますよ」

そのほかオイルフリーでベタつきのないリキッドクレンジング、毛穴までスッキリクリアに洗えるクレイ洗顔フォームなどがそろう。「どのアイテムも個性的で機能的。ライン使いはもちろん、どれかひとつを今のスキンケアに組み込むだけでもです。たるみもシワも、気づいてから挽回するのは至難の業。早めのケアで、5年後10年後も弾力肌をキープしましょう。

肌ダメージの要因から全方位にプロテクト。

〈FANCL AND MIRAI〉

日中のケアには、アンドミライプロテクトUVEX(SPF50+・PA++++ 60g 2,500円)をプラスして。真珠エキスやシルクエキスなどをブレンドした“白の伝承成分”が、肌をケア。紫外線はもちろん、ブルーライトや大気汚染物質など肌ダメージの要因から全方位にプロテクト。

〈FANCL AND MIRAI〉

20代女性の、肌弾力性の変化を示したグラフ。10年間で弾力性が低下していることがわかる。

Brand Profile/〈FANCL AND MIRAI〉

現代ならではの生活習慣や、環境によるダメージに着目し、新たな美容ケアを提案するブランド。2018年に無添加化粧品のファンケルから誕生し、直営店やネット通販を中心に展開。グローバルなミレニアル世代をダーゲットに「今&ミライまで」明るく上向きな生き方を応援する。

(Hanako1184号掲載/photo:MEGUMI styling:Momoko Miyata text:Yumiko Kazama)

今月のスペシャル

食べて応援!全国おいしい「お取り寄せ」特集食べて応援!全国おいしい「お取り寄せ」特集
TOPに戻る